« 助産師さん舌癒着症の耳鼻咽喉科に絶対赤ちゃんを紹介しないでください | トップページ | 舌小帯切除&上唇小帯切除無事終了 »

韓国の舌小帯切除手術

日本は産婆さんの時代は産婆さんが舌小帯をハサミできるだけでした。

産婆さん(助産師)の舌小帯切除を禁止を医師会が禁止してから耳鼻咽喉科医による手術だけになりました。

その結果、本来の舌小帯切除だけなく、頤(オトガイ)舌筋も切るし、理由は分かりませんが上唇小帯切除、鼻中隔下制筋、アデノイドも切る始末。

口腔内は本来は口腔外科の領域です。

それを訳の分からない耳鼻咽喉科がオペをやっていいわけありません。

もし最初に耳鼻咽喉科に行かれている方は必ず、聞いてください。

「なぜ頤(オトガイ)舌筋2/3切るといいのか?舌を持ち上げる筋肉を切ったら挙がらないじゃあないですか?舌の問題なのに上唇小帯は関係ないでしょう?鼻中隔下制筋を切ると鼻の鼻翼が下がって顔が変形しますが、切る理由は何ですか?同意書はどういうこと?顔が変形したらその処置はどうするの?損害賠償に応じてくれますか?」

当然口腔外科医でないので切って縫合することはできません。

レーザーで真一文字に切ってはい終わり!

そんな手術あり得ません。

こういう医療過誤は許してはいけません。

本題の韓国の舌小帯切除は、舌に局所麻酔して、糸を通して舌を持ち上げ、メスで舌小帯切除してから縫合します。

実は日本も昔の口腔外科はこのやり方でした。

DVDで「もしあなたなら・・・」と言うオムニバスの映画のシーンで手術風景が写っています。

宗教の儀式では無いのでキッパリと断る勇気が必要です。

« 助産師さん舌癒着症の耳鼻咽喉科に絶対赤ちゃんを紹介しないでください | トップページ | 舌小帯切除&上唇小帯切除無事終了 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ