« 歯科検診で舌小帯付着異常と指摘された場合 | トップページ | 6月29日日曜日舌小帯切除の予約は終了 »

歯科検診で上唇小帯異常という勧告書をもらった場合

1歳半、3歳、幼稚園、保育園、小学校の歯科検診で「上唇小帯異常」と指摘された時は乳歯の前歯が生え代わり、永久歯の前歯が完全に生えた6歳ぐらいの時に切除すればいいです。

その際に中切歯と中切歯の間に入り込んだ上唇小帯は除去しなければなりません。

ですからレーザーではダメです。

唇を閉じるように訓練して鼻呼吸になれば矯正もしないで前歯はくっつきます。

偶に耳鼻咽喉科で舌小帯と一緒に上唇小帯と鼻中隔下制筋を切るお医者さんがいますが、絶対にやらないでください。

上唇小帯は前歯がスキッ歯になるだけなので鼻中隔下制筋を切除して「あひる顔、呼吸がしやすくなる」ということは絶対にありません。

鼻中隔下制筋を切除すると「顔の変形」が起きます。

これは再手術不可能です。

« 歯科検診で舌小帯付着異常と指摘された場合 | トップページ | 6月29日日曜日舌小帯切除の予約は終了 »

健康」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ