« 広島から生後5か月の赤ちゃんの舌小帯の相談を受けました | トップページ | 舌小帯切除のベスト年齢は生後3か月 »

上唇小帯を切るのは左右の中切歯が正中離開している時だけ

上唇小帯を切る時期は上顎乳前歯が抜けて、左右の永久歯の中切歯の間に上唇小帯が入り込んで正中離開(スキッパ)になっている時だけです。

一部の医療機関では「呼吸がしやすくなる」とか、「アヒル口」になるように鼻中隔下制筋を切除します。

これは何も医学的根拠が無くて、宗教的な儀式のようになっていて、医療過誤です。

レーザーで切除されているためにミミズ腫れのように4cmぐらいの傷跡が癒着します。

鼻中隔下制筋を切られた後で、「顔が変形してしまったので何とかして欲しい。」という電話相談を頂くのですが、レーザーで切断された筋肉は切断面が焼けているため、再手術して繋げることはできません。

最近、この手術を受けた後に、「顔が変形してしまったのですが、何とかなりませんか?」という問い合わせが2件ありました。

残念ですが、形成外科でできるかどうか問い合わせてくださいと告げるのみです。

ですから上顎中切歯の正中離開の時だけ矯正で切除するのが上唇小帯切除です。

それ以外では絶対に行わないでください。

取り返しがつかなくなります。

« 広島から生後5か月の赤ちゃんの舌小帯の相談を受けました | トップページ | 舌小帯切除のベスト年齢は生後3か月 »

健康」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ