« 舌小帯切除6月1日無事終了 | トップページ | 上唇小帯を切るのは左右の中切歯が正中離開している時だけ »

広島から生後5か月の赤ちゃんの舌小帯の相談を受けました

広島から久しぶりに舌小帯の相談を受けました。

「広島 舌小帯」で検索すると4位です。

大体は舌小帯切除をレーザー切除、同時に舌小帯の下の頤(オトガイ)舌筋まで切除してしまい、舌の挙上を余計に悪くされる術式。

同時に上唇小帯切除と一緒に鼻中隔下制筋を切除する医療過誤までやられています。

これをすると顔の変形が伴います。

上唇小帯は上顎中切歯の正中離開の際(6歳前後)だけに切除するものです。

絶対に頤舌筋と鼻中隔下制筋は切ってはいけません。

後悔されても、レーザーで切っているために元に戻す再手術は不可能です。

« 舌小帯切除6月1日無事終了 | トップページ | 上唇小帯を切るのは左右の中切歯が正中離開している時だけ »

健康」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ