« 韓国では英語の「L」の発音が幼稚園でできないと歯医者で舌小帯切除をします | トップページ | 菊地亜美さんのように滑舌が悪い放送関係の方の舌小帯切除とトレーニングで治療している方がいます! »

給食を食べるのが遅い原因は産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時に舌小帯切除しなくなったから

昔、助産師さんが産婆さんと呼ばれていた時代、産婆さんは赤ちゃんを取り上げた時に泣いている赤ちゃんの舌小帯を診て、「おっぱいの吸い付きが悪いかな。」と判断したらハサミで舌小帯を無麻酔で切っていました。

それが禁止されて、世の中授乳障害、構音障害、滑舌が悪い、アレルギー、アトピー、睡眠時無呼吸症、ソフトクリームが舐められない、給食を食べるのが遅い子供が急増しました。

私の小学校時代は兄弟が多かったので遅いとおかずは何も無くなってしまいます。

昼休みは陣地取りに行くためみんな早食いでした。

中には、2~3人給食を食べるのが遅い子がいて、最後には先生に口に押し込まれていました。

今では全員が食べ終わらないと教室を出てはいけないようです。

4月から幼稚園、小学校、中学校で給食が始まります。

もし給食を食べるのが遅いようでしたら、まず「舌小帯短縮症」を疑ってください。

すぐに井出歯科医院にご相談ください。

akikuni@tokai.or.jp まで舌を上に挙げた状態の写真を添付してください。

« 韓国では英語の「L」の発音が幼稚園でできないと歯医者で舌小帯切除をします | トップページ | 菊地亜美さんのように滑舌が悪い放送関係の方の舌小帯切除とトレーニングで治療している方がいます! »

「歯科」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ