« 幼児の睡眠時無呼吸症治療に舌小帯切除 | トップページ | 韓国では英語の「L」の発音が幼稚園でできないと歯医者で舌小帯切除をします »

英語の「L」の発音ができないのと同様日本語の構音障害も関係している

英語の「L」の発音ができないのは「舌小帯短縮症」が主な原因です。

それと口呼吸によって上顎の口蓋が深くなって舌先が付けないため「L」が発音できません。

「L」を発音しようとすると舌先が口蓋に付かないため「R」の発音になります。

これが「日本語英語」です。

構音障害は「か」→「た」、「さ」→「しゃ・た」、「ら」→「だ」と発音してしまうもので幼稚園、小学校では放課後「ことばの教室」で発音練習させられるものです。

原因は「舌小帯短縮症」で英語の「L」の発音を言えないのと同じです。

舌の筋肉を鍛えても治りません。

「舌小帯」が短いためです。

« 幼児の睡眠時無呼吸症治療に舌小帯切除 | トップページ | 韓国では英語の「L」の発音が幼稚園でできないと歯医者で舌小帯切除をします »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ