« 給食を食べるのが遅い・実際の小学校では? | トップページ | 英語の「L」の発音ができないのと同様日本語の構音障害も関係している »

幼児の睡眠時無呼吸症治療に舌小帯切除

お母さんのお話ですと、4歳のお子さんがいびきがすごくて偶に息が止まるそうです。

それでお口を拝見したところ、舌小帯短縮症Class2でした。

ご主人もいびきがひどくやはり息が止まるようです。

舌小帯短縮症は遺伝するため親子で治療を受けた方がいいです。

睡眠時無呼吸症は「居眠り運転」ばかりクローズアップされますが、実は亡くなる場合が多いです。

その際の死因は「心不全」、子供だと「乳幼児突然死症候群」です。

この「乳幼児突然死症候群」が舌癒着症が原因で揉めて、医科では舌小帯切除が禁止になりました。

歯科では舌小帯切除」は保険診療できます。

« 給食を食べるのが遅い・実際の小学校では? | トップページ | 英語の「L」の発音ができないのと同様日本語の構音障害も関係している »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ