« 3月23日日曜日の予約は終了しました | トップページ | 広島から舌小帯短縮症による滑舌の相談を受けました »

他医院での舌小帯切除

今朝、日曜日ですが県外の大学病院で舌小帯切除を受けた方から相談を受けました。

切除しても痺れ感と滑舌があまりよくなっていないとのこと。

これは執刀した口腔外科が舌小帯切除経験があまりないこと。

切るだけしかできないことが原因です。

どうして滑舌が悪くなっているのか原因を診ていない為です。

確かに舌小帯が短いと滑舌が悪いです。

そのため福澤朗さんの「滑舌棒」が有効ですが、それだけでは原因解決にはなりません。

それ以外に口呼吸のため陰圧で口蓋が高くなります。

舌先が口蓋に付かないと上手く発音できないのです。

そのため口を閉じて話をする人が多くなっています。(口を開けて発音すると上手く発音できないから)

すると歯列も細長くなり上顎前歯が出っ歯になります。

舌を口腔内に置いておく「舌位」が大事です。

これは構音障害にも関係あります。

舌小帯切除は切るところは探せば全国にありますが、切れば治るものではないので安易に近所を探さず、ウチにご連絡ください。

遠いですが、24年間舌小帯切除を行っていますから。

« 3月23日日曜日の予約は終了しました | トップページ | 広島から舌小帯短縮症による滑舌の相談を受けました »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ