« 睡眠時無呼吸症の簡易検査パルスオキシメーターでは不十分 | トップページ | 睡眠時無呼吸症は誰でもなっています! »

睡眠時無呼吸症の死因は心不全

睡眠時無呼吸症はいつも居眠り運転の事故と思われていますが、実際は舌が喉の奥に沈下して気道を塞ぐ窒息死なんです。

睡眠時無呼吸症は睡眠時無呼吸症候群と本当は言い、原因不明とされているものです。

医師会は舌小帯短縮症は病気でないとしてしまった為に死亡原因にできません。

今回の事故も運転手の舌の状態を詳しく検死していないため、外傷性出血ショックになっていると思います。

また睡眠時無呼吸症をみなさんは他人事に思われていますが、殆どの方が睡眠時に呼吸が多かれ少なかれ止まっています。

スリープレコーダで簡易検査してみてください。

井出歯科医院ではレンタルでスリープレコーダをお貸ししています。

« 睡眠時無呼吸症の簡易検査パルスオキシメーターでは不十分 | トップページ | 睡眠時無呼吸症は誰でもなっています! »

健康」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ