« 広島から舌小帯短縮症による滑舌の相談を受けました | トップページ | 頤舌筋(オトガイぜっきん)を切る理由は分かりません »

山梨県南アルプス市から舌小帯短縮症で赤ちゃんがいらっしゃいました

山梨県南アルプス市から舌小帯短縮症で赤ちゃんが土曜日にいらっしゃいました。

みなさん私のブログやHPを見てくださってからいらっしゃるので説明が楽です。

3月23日日曜日に予約されていきました。

赤ちゃんの場合、麻酔が切れてから母乳かミルクを飲んでいただくのですが、上手く飲めるようになる赤ちゃんとスポイトでやっと飲める赤ちゃんがいます。

でもご心配なく、そういう赤ちゃんでも大体1日前後でゴクゴク飲めるようになります。

吸啜反射が蘇れば上手く飲めます。

« 広島から舌小帯短縮症による滑舌の相談を受けました | トップページ | 頤舌筋(オトガイぜっきん)を切る理由は分かりません »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ