« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

菊地亜美さんの滑舌が悪くなった原因は舌小帯短縮症だけではない

滑舌が悪い人は実は8割ぐらいいます。

昔は産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時にへその緒と一緒に舌小帯をハサミで無麻酔で切っていたのが禁止になったためです。

それとある医師が赤ちゃんの乳幼児突然死症候群の原因を舌癒着症と唱えたために医師会と対立し舌小帯切除を禁止し、小児科では切らなくなったし、切り方も知らない医師が増えました。

そのため赤ちゃんの授乳障害、構音障害、アトピー、アレルギー、睡眠時無呼吸症が世間では増えました。

ラーメンが啜れなかったり、ソフトクリームを舐められない、嚥下障害、食べるのが遅くなり、朝ごはんを食べない子供や給食時間内に食べられない子供が増えました。

肥満や痩せも舌小帯が原因です。

それと同時に赤ちゃんの時に「おしゃぶり」を歯科医師会が禁止したため口呼吸が増え、ポカーン口や寝ている時に口を開いて寝ているための低体温症が増加しました。

そのため口笛を吹けない子供も増加。

口呼吸のため陰圧で口蓋がどんどん深くなり、舌が届かなくなったことも構音障害の原因です。

滑舌が悪いのは舌が下顎前歯の裏側に付いて発音するためです。

構音障害と滑舌が悪いのは少し違います。

井出歯科医院では生後1か月未満の赤ちゃんの舌小帯短縮症のお問い合わせが増えています。

舌小帯は生後3か月ぐらいで切るのがベストです。

睡眠時無呼吸症は舌小帯短縮症が原因です。

滑舌が悪い人は睡眠時無呼吸症の可能性は大きいです。

井出歯科医院では睡眠時無呼吸症の治療として舌小帯切除とタンスプリントとパタカラで治療しております。

将来は舌にピアスをして上顎マウスピースに磁石でくっつけて舌の沈下を防ぐ睡眠時無呼吸症治療法を研究中です。

CPAPなしの睡眠時無呼吸症の治療もできるようになります。

菊地亜美さんの舌小帯再切除はやってももう無駄!

菊地亜美さんが舌小帯切除をもう一度考えているようですが、レーザーで切る限り治りません。

舌小帯切除後に「「(術後の)1週間くらいは舌の真ん中が空洞でドーナツみたいになって、2週間目くらいに治った。まだ完治していなくて舌が出せないんです」と書かれています。

これは何を意味するかと言いますと、レーザー切除で傷口を縫っていないということ。

それと穴が開いていたということから舌小帯の下のオトガイ舌筋まで切ってしまって筋肉の断裂を意味します。

頤(オトガイ)舌筋は舌を上に挙げるための筋肉なのでこれを切ってしまうと舌が動きません。

一部の耳鼻咽喉科で切っているようですが、何の根拠もありません。

通常は舌小帯はハサミかメスで切った後に縫合します。

レーザーでは切りっぱなしのためそこに瘡蓋ができて癒着してしまうのです。

癒着は瘤(こぶ)みたく硬いので舌の運動制限が起こります。

それでは菊地亜美さんの場合は癒着した部位を多めに削除して人工皮膚で被わなければなりません。

しかし、断裂したオトガイ舌筋は切断面が癒着しているため再生はできません。

舌小帯切除の場合は絶対にレーザーではダメです。

形成外科のように顔の傷は絶対にレーザーではやりません。

滑舌を良くするには舌小帯切除だけでは治りません。

舌を置く位置の問題だからです。

舌小帯切除後は井出歯科医院オリジナル「タン・スプリント」と滑舌割り箸とパタカラで口輪筋を鍛えなければなりません。

舌小帯切除だけで治るの生後間もない赤ちゃんだけです。

ですから赤ちゃんの時に舌小帯が短いくないかよく観察してください。

井出歯科医院では生後3か月の赤ちゃんの舌小帯切除を行っています。

赤ちゃんの時に気をつけてあげればアレルギーアトピーにもなりません。

大阪・長野の今月生まれた赤ちゃんの舌小帯相談を受けました

大阪と長野の今月生まれた赤ちゃんの舌小帯短縮症の相談を受けました。

みなさん授乳障害や小帯の構音障害が気になるご両親が増えてきました。

当然、小児科に相談しても「様子を見ましょう」「5歳で構音障害になったら切りましょう」なんて間抜けな答えしか返ってこないようです。

切りましょうって誰が切るんでしょう?

菊地亜美さんの舌小帯切除はマスコミが取り上げるんですが、普通に困っているお子さんのことは取り上げないマスコミも考えてほしいです。

菊地亜美さんの舌小帯再切除は余計にひどくなる!

舌小帯切除後1か月経っても痛みが取れない理由は、舌小帯以外のものを切除してしまったからです。

安易にレーザーで切除すると切除面に瘡蓋ができて結合組織で被われる「癒着」が起きます。

この「癒着」は結合組織なので硬く、余計に可動範囲が狭くなります。

この「癒着」した舌小帯を切ってもまた「再癒着」してしまい余計太くなります。

この場合は「癒着」した舌小帯を撤去して縫合しないと無理です。

もうひとつの原因は舌小帯の下のオトガイ舌筋をレーザーで切ってしまった場合です。

この筋肉を切ってしまうと舌は上に挙げることができなくなります。

韓国で行われている舌小帯切除を観たい方は、「もしもあなたなら 6つのエピソード」

http://cinemakorea.org/mosianata/index2.html

神秘的な英語の国をご覧ください。

菊地亜美さんの舌小帯切除後1か月も痛いのは恐らくレーザーで頤舌筋も切除されている

菊地亜美さんの舌小帯切除は恐らくレーザー切除で、1か月も経っているのに痛みがあるのは舌小帯の下のオトガイ舌筋まで切除されている可能性があります。

通常、舌小帯は局所麻酔でハサミで切除して縫合します。

それをレーザーで切除すると傷口が広がるだけで傷口が癒着してコブみたくなります。

そのため余計に舌の運動制限がかかり、吊れて痛みます。

滑舌を良くするには舌小帯切除しても良くなりません。

ずっとその発音で何年もしているからです。

舌小帯切除した後に滑舌割り箸とタン・スプリントが必要です。

その他に舌圧測定器で40以上の数値が出なければ無理です。

次回舌小帯切除は4月27日日曜日午前中です

3月23日の舌小帯切除は無事終了しました。

赤ちゃんが2人いらっしゃってので大変でした。

永久歯が中々生えてこないお子さんもいらっしゃって開窓術を行いました。

金沢からのお子さんもいらっしゃったので今日は疲れました。

次回は4月27日日曜日午前中です。

もう3人ご予約が入っていますので、ご希望の方はお早めにお願いします。

菊地亜美さんの舌小帯切除は大人ではなく赤ちゃんの時がベスト

舌小帯切除は大人でやるものでなく、赤ちゃんの時が一番です。

理由はことばは3歳で確立してしまうためそれ以前がよく、生後6か月で乳歯が生えてくるために舌に麻酔するので麻酔が切れるまで30分かかります。

その間に乳歯で麻酔が効いている舌を噛んでしまう場合があります。

そのため乳歯が生えていない生後6か月前がベストです。

授乳障害もあるし、舌の先の舌小帯はお母さんなら簡単に見つけることができます。

3歳くらいで構音障害に大体のお子さんはなります。

幼稚園、小学校でことばの教室に入ることになります。

是非、舌小帯切除は赤ちゃんの時にお願いします。

菊地亜美さんが手術した舌小帯短縮症の分類

滑舌が悪い場合はClass2のタイプが多いです。

Tonguetie06

菊地亜美さんの舌小帯切除後のトレーニングは滑舌割り箸が有効

1か月も舌小帯切除後の痛みは本来は続きません。

恐らく、レーザー切除で癒着しているのが原因かと思われます。

一度癒着すると再手術は大変です。

舌小帯切除後のトレーニングは滑舌棒(福澤アナウンサー考案)が有効なんですが、売っていません。

それでウチでは割り箸で代用しています。

これは滑舌は舌小帯が短く、舌が下顎前歯の裏側歯肉に付いて話をしているためと口呼吸によって口蓋が深くなっている両方が原因です。

ですからまず割り箸を咥えて舌を割り箸の裏側に持っていき、それで(ブラジル人ミラクルビラ配り」と3回発声して割り箸をはずしてもう一度「ブラジル人ミラクルビラ配り」と発声すれば滑舌が改善されるというものです。(福澤アナウンサー考案)

滑舌の悪い人は下唇が「タラコ唇」になっていて、鼻炎で出っ歯気味が多いです。

それに嚥下障害になっているため食べるのが遅いです。

これは殆どの人がなっているので他人事ではありません。

菊地亜美滑舌を良くするために舌小帯切除

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140320-00000005-dal-ent

滑舌が悪いという理由は、舌小帯が短く、舌を下顎の前歯の裏側に置いて話すためです。

それと口呼吸で口蓋に深くなっていて舌先が上顎に触れない為です。

単に舌小帯切除しても改善できません。

昨年も元AKB48の増田有華さんも滑舌をよくするために舌小帯切除されたようですが、切っただけでは滑舌は良くなりません。

トレーニングが必要です。

幼稚園、小学校の子供さんは構音障害(カ行、サ行、タ行、ラ行)が上手く発音できないために放課後ことばの教室に残って訓練されています。

安易に切るだけでは改善できません。

頤舌筋(オトガイぜっきん)を切る理由は分かりません

私のところに頤舌筋(オトガイぜっきん)を切った方がいいのかどうか質問がありましたが、私は切っていませんのでお答えできません。

ウチでは舌小帯切除のみなので頤舌筋を切られている先生に直接お聞きになってください。

頤舌筋は舌の挙上に重要な筋肉です。

また頤舌筋は薄い筋肉で厚さ2mmぐらいなのでそれを表層1/3切るというのは至難の業です。

それもレーザーで切るようです。

また、メールや電話で相談される方は最低限お名前だけはお伝えください。

山梨県南アルプス市から舌小帯短縮症で赤ちゃんがいらっしゃいました

山梨県南アルプス市から舌小帯短縮症で赤ちゃんが土曜日にいらっしゃいました。

みなさん私のブログやHPを見てくださってからいらっしゃるので説明が楽です。

3月23日日曜日に予約されていきました。

赤ちゃんの場合、麻酔が切れてから母乳かミルクを飲んでいただくのですが、上手く飲めるようになる赤ちゃんとスポイトでやっと飲める赤ちゃんがいます。

でもご心配なく、そういう赤ちゃんでも大体1日前後でゴクゴク飲めるようになります。

吸啜反射が蘇れば上手く飲めます。

広島から舌小帯短縮症による滑舌の相談を受けました

広島から舌小帯短縮症からくる滑舌の悪い方からメール相談を受けました。

みなさん勘違いしていますが、舌小帯切除しただけでは滑舌は良くなりません。

滑舌が悪いのは、舌がいつも下顎前歯裏側歯肉に付いているためそこから話し始めるので呂律が回りません。

本来、舌先は普段口蓋に付いているものなのです。

しかし長年の口呼吸で口蓋が高くなって、余計につかなくなっています。

それで口を開けないで噛みしめたまま話すので滑舌が悪くなります。

ですので舌小帯切除しただけでは治りません。

舌小帯切除後に「滑舌棒」「タン・スプリント」「パタカラ」「床矯正」が必要になります。

滑舌を良くするというのは簡単ではありません。

他医院での舌小帯切除

今朝、日曜日ですが県外の大学病院で舌小帯切除を受けた方から相談を受けました。

切除しても痺れ感と滑舌があまりよくなっていないとのこと。

これは執刀した口腔外科が舌小帯切除経験があまりないこと。

切るだけしかできないことが原因です。

どうして滑舌が悪くなっているのか原因を診ていない為です。

確かに舌小帯が短いと滑舌が悪いです。

そのため福澤朗さんの「滑舌棒」が有効ですが、それだけでは原因解決にはなりません。

それ以外に口呼吸のため陰圧で口蓋が高くなります。

舌先が口蓋に付かないと上手く発音できないのです。

そのため口を閉じて話をする人が多くなっています。(口を開けて発音すると上手く発音できないから)

すると歯列も細長くなり上顎前歯が出っ歯になります。

舌を口腔内に置いておく「舌位」が大事です。

これは構音障害にも関係あります。

舌小帯切除は切るところは探せば全国にありますが、切れば治るものではないので安易に近所を探さず、ウチにご連絡ください。

遠いですが、24年間舌小帯切除を行っていますから。

3月23日日曜日の予約は終了しました

3月23日日曜日の舌小帯&上唇小帯切除の予約は終了しました。

次回は4月27日日曜日午前中です。

横浜の水谷歯科医院は赤ちゃんの授乳障害は随時受け付けていますが、反対咬合、構音障害、滑舌、アトピー、アレルギー、睡眠時無呼吸症の原因の舌小帯切除は行えますが、その後のトレーニング・治療・矯正は行っておりません。

赤ちゃんの授乳障害以外でお悩みの方はお手数ですが、静岡県富士市の井出歯科医院にお問い合わせください。

舌小帯は切ったから治るものではありません

舌小帯切除を希望される方で勘違いされている方がいらっしゃいます。

まずは舌小帯切除は切除したからすぐ治るものではありません。

授乳障害、嚥下障害、構音障害、滑舌をよくする、食べるのが遅い、アトピー、アレルギー、睡眠時無呼吸症などです。

切除した後に舌のトレーニング、矯正が必要になります。

舌小帯が短い状態で何年もそれなりの舌の使い方をされて来ているため、切ってすぐには良くなるはずはありません。

2か月の赤ちゃんは舌小帯切除後すぐ母乳やミルクが飲める場合もあります。

しかし、大体は2日ぐらい後が多いです。

舌小帯切除の術式も私と水谷先生の2人しかハサミで切除後の縫合はやっていません。

他の先生はレーザー切除が多く、傷口が癒着してしまいます。

授乳障害の赤ちゃんは横浜の水谷先生が全て行いますので水谷先生で大丈夫です。

私のところには第4日曜日午前中しかいらっしゃいませんので静岡県富士市に近い方はウチにいらっしゃってください。

ですので日本中でウチと水谷歯科しか行っておりません。

もう一つは水谷先生は口腔外科医なので舌小帯切除はできますが、後のフォロー即ちトレーニングや矯正ができません。

最初に述べたように舌小帯切除は切っただけでは色んな症状は治りません。

舌圧測定器、スリープレコーダー、滑舌割り箸の使い方、フーセンガム、矯正など揃えているのはウチだけですのでご検討ください。

子供の睡眠時無呼吸症も存在します

睡眠時無呼吸症は誰でもなっていて、だれも検査していないから気づいていないだけです。

舌小帯が短くて、口呼吸で口蓋が高くなっていれば睡眠時無呼吸症です。

子供も例外でなく、前回の小児学会雑誌では否定されていますが、誰も検証していません。

昨年メキシコから帰られたお子さんが舌小帯短縮症で双子の兄弟を亡くした中学生が来院されました。

親御さんは残ったこの子も睡眠時無呼吸症で亡くなると困るので舌小帯切除を依頼されましたが、舌小帯切除の当日怖くなったのかドタキャンされました。

毎年、赤ちゃんも乳幼児突発死症候群で亡くなっているので詳しく検死することが大事です。

バスの運転手の検死も外傷性出血性ショックで亡くなったようですが、舌は沈下していたのか発表されていません。

舌癒着症が禁止になった小児科学会雑誌

舌小帯短縮症に対する手術的治療に関する現状調査とその結果

日本小児科学会倫理委員会舌小帯短縮症手術調査委員会
仁志田博司,中村  肇,泉  達郎

 母乳栄養促進などの目的から,新生児および乳児の舌小帯に小切開を加えることは,日本のみならず諸外国においても古くから習慣的に行われてきたが,その医学的意味がないことが示されており,現在はほとんど行われなくなった1)~4).このような病棟や外来で助産婦や医師によって行われていたレベルの舌小帯の切開とは異なり,一部の医師によって,先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位矯正術の名称で舌小帯に対する本格的な手術が行われている5).高度な舌小帯の短縮が上気道の変異をもたらし,呼吸障害を引き起こすと言う考えの基に,先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位症の診断名がつけられ,舌低部を切開し頤舌筋を切断する手術である.その手術の目的は,吸啜障害の矯正のみならず,呼吸障害やそれに伴う低酸素血症を改善して乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生を予防するというものである.
 1994年ノルウエーで行われたSIDS国際学会において,舌小帯を積極的に手術しているグループが,「日本においてSIDSの発生頻度が低いのは,SIDSのハイリスク群である先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位症の乳児を我々が手術して治しているからである.」という主旨の発表を行い6),同学会に出席していた本邦のSIDS研究者を驚かせた.
 さらに,助産婦などから子育て中の母親に「舌小帯を切らないと突然死になる.」というコメントが述べられるにおよんで,専門家の間の意見の不一致が子どもを持つ親の育児不安を引き起こしていることが明らかとなった.
 この問題を重くみた日本小児科学会は,舌小帯短縮症手術調査委員会を設け,その現状に関する調査を行った.本論文はその調査結果を報告し解説を加えるとともに,乳幼児の医療および保育に携わる専門分野の各位に,この問題の理解を広めることを目的とした.

調査方法および対象

 平成11年8月から10月にかけ,舌小帯に関する臨床経験および舌小帯手術の適応等に関する質問用紙を郵送し,回収された回答およびコメントを検討した.
 対象は小児科医93名(日本小児科学会役員24名,日本小児科医会役員69名)および日本小児耳鼻咽喉科学会会員100名である.
 回答率は,小児科医において87/93(93%)であり,小児耳鼻咽喉科医において74/100(74%)であった.

小児耳鼻咽喉科医を対象とした調査結果

 1)手術例(過去1年間):19医師(26%)により67例が行われていた.(1例:7医師,2例:2医師,3例:4医師,5例:1医師,6 例:1医師,7例:2医師,9例:1医師,10例:1医師)
 『舌小帯を手術する医師は1/4に過ぎず,その症例の半数は4名の医師によるものであり,小児耳鼻咽喉科専門医師でも舌小帯の手術は稀であった.』
 2)手術適応(複数回答)
 哺乳力不良などの授乳に関する問題:7医師
 チアノーゼなどの呼吸に関する問題:1医師
 撥音などの言葉に関する問題:13医師
 発達や行動に関する問題:1医師
 その他(切歯による):1医師
 『その手術の適応の過半数は言葉に関する問題であり,その他の適応のほとんどは医学的な理由より家族の訴えによるものであった.特に呼吸および発達/行動に関する問題による手術適応は各1例のみと例外的であった.』
 3)手術の範囲(複数回答)
 舌小帯のみ:13医師
 舌小帯および筋層まで:2医師
 『筋層まで含む舌小帯手術はすべて構語障害に対するものであり,子ども病院などの専門施設で行われていた.授乳などの問題に対する手術は外来で舌小帯を切る処置のレベルであった.』
 4)手術年齢
 6カ月未満:2例
 6~12カ月:12例
 1~2歳:16例
 2歳以上:37例
 『乳児期特に6カ月未満の手術は2例のみと例外的であった.』
 5)麻酔(複数回答)
 局所麻酔:7医師
 全身麻酔:6医師
 他は無回答または無麻酔
 『舌小帯のみを切る手術のほとんどは無麻酔で行われているようであるが,筋層におよぶ手術ではなんらかの麻酔が行われ,その半数に全身麻酔が行われていた.』

小児科医師を対象とした調査結果

 1)舌小帯のことで親に相談をうけたことがありますか.
 ときどきある:12/87(14%)
 たまにある:46/87(53%)
 ない:29/87(33%)
 『頻度はあまり高くないが,小児科医の2/3が舌小帯に関して親からなんらかの相談を受けていた.』
 2)舌小帯を切った方が良いと思われる児を経験しますか.
 ある:8名の医師(13例)
 『ほとんどの小児科医が母親が舌小帯の異常を訴えても,舌小帯を切る必要のある児を経験していない.経験している医師も極少数例においてのみである.』
 3)舌小帯短縮(癒着)によると思われる臨床的な問題の経験がありますか.
 ある:5名の医師(10例)
   哺乳力の問題:1年間に─1例
   構語障害:1年間に─9例
   呼吸障害:1年間に─0例
   発達行動などの問題:1年間に─0例
 『実際に臨床的な問題を呈する児の経験はさらに稀であり,そのほとんどは構語障害である.舌小帯短縮による呼吸障害例は皆無であった.』
 4)舌小帯を切ったこと,または他医で切ったことによるトラブルを経験したことがありますか.
 ある:2名の医師において治療を要する出血の経験
 『事例は稀であるが,手術的侵襲による問題が経験されている.』
 5)舌小帯を外来等で切ることがあるか.
 全員無し.
(12名の小児科医が20年近く前には舌小帯を切った経験がある.)
 『かつて行われていた小手術としての舌小帯切開は行われなくなっている.』

考  案

 初乳をあらちち(粗乳/荒乳)と称して古い悪くなった乳として,飲ませず捨てる習慣や,こけしの様に巻きおむつをする育児法が赤ちゃんに害あって益無しと改められたのはごく近代になってからである.母乳促進のために舌小帯に小切開を加える処置についても,今村4)が舌小帯の短縮度は年齢にともなって変化するという調査結果を示しているのに加え,根津2)や飯塚ら7)が前方視的調査を行い,舌小帯切開が母乳栄養や吸啜運動を促進する効果は認められないとその必要性を否定している.今回の調査でも,かつて舌小帯に小切開を行っていた小児科医のほとんがすでにそのような処置を行っていないことが示されている.母乳栄養に役立つとの思いから乳児の舌小帯を切ることは,そのような類いの学問的根拠のない習慣であったことがようやく広く理解されるようになり一件落着の感がある.
 本調査で問題にされているのは,そのような外来や新生児室で行われてきた処置のレベルである舌小帯切開を越えた,麻酔下で切開を加え縫合するという手術についてである.現在本邦において,舌小帯の高度な短縮と理解される舌癒着症が上気道の偏位をもたらし呼吸障害や低酸素血症をもたらし,それに伴い発育発達の異常や突然死の危険を高めるという考えから,先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位症の診断の基にその矯正手術が一部の医師グループによって積極的に行われている.しかし,大多数の現役の小児科医および小児専門の耳鼻咽喉科医にとっては耳なれない疾患であるところから,その手術適応と医学的根拠について明らかにする目的で調査がなされた.
 今回の調査は第一線で中心的な活動を行っている小児科医および耳鼻咽喉科医を対象に行われた.小児科医の2/3は親から舌小帯に関する相談を受けていたが,臨床的に問題となった事例の経験は5名の医師による10例のみで,そのほとんどは構語障害であり,舌小帯による呼吸障害の経験は皆無であった.
 小児耳鼻咽喉科医を対象とした調査でも過去1年間に舌小帯の手術を行ったのは1/4に過ぎず,さらに5例以上の手術経験は6名の医師のみであり,小児専門の耳鼻咽喉科でも稀な手術であることが明らかであった.また筋層にまで及ぶ本格的な舌小帯手術のほとんどは構語障害に対するものであり,チアノーゼなどの呼吸器症状を適応としたのは1医師のみであった.
 オーストラリアの小児外科医Wright8)は18年間に舌小帯短縮(tongue-tie)を主訴として受診した287例のうちいわゆる舌硬直症(ankyloglossia)は2例に過ぎなかったと述べている.この疾患に興味を持つ専門家の18年間の経験でも手術の適応となる事例は極めて稀であったことは,今回の調査および筆者ら多くの小児科医および小児耳鼻咽喉科医の経験と一致するものであった.
 これらの結果を踏まえれば,手術を必要とする舌小帯そのものが稀なものであるばかりでなく,呼吸器障害を適応として行う手術はさらに例外的であると判断される.向井他5)が6カ月間に45例の乳児に外科的手術を行った報告との差は余りにも大きすぎるところから,単なる医学的適応の違いを越えた医療に対するphilosophyにまで論点が及ばなければ解決できないと考えられる.
 さらに,筋層に及ぶ舌小帯の手術においては全例なんらかの麻酔が行われ,その半数は全身麻酔であった.また,2例ではあるが治療を要する出血が経験されている.さらに今回の調査対象外の事例であるが,1996年に大阪で生後49日目の乳児が舌小帯切断術で死亡しており,特に乳幼児に行う場合はあるリスクを伴う手技であることは明らかである.
 一方,乳幼児突然死症候群(SIDS)と上気道の異常に関しては,すでに歴史的なTonkinn9)の仮説を始め多くの研究論文があるが,舌小帯の異常との関係に於いては著者らの知るところでは向井他5)6)のもののみである.さらに近年SIDSの基本的な病態が睡眠時無呼吸からの覚醒反応の遅延であることが明らかにされつつあり,これまで報告されてきた上気道の異常による突然死は例外的な別の疾患と考えられている10).
 それゆえ,限られた数の医師のグループがSIDSのハイリスク群とされる舌小帯癒着症の乳児を治療したことが本邦のSIDSの発生頻度を低くしているという向井他の発表6)は,舌小帯の手術がSIDSを予防するという学問的データは示されない限り,到底受け入れ難い意見とみなされる.

結  語

 今回の調査および文献的な考察から,乳幼児の突然死を予防するという目的で舌小帯に手術的侵襲を加えることの正当性を認めることはできなかった.本調査の結果を踏まえ,小児の医療に携わる小児科および耳鼻咽喉科さらには口腔外科や小児外科の専門家により,舌小帯短縮症の手術の適応やその効果等に関し真摯な議論がなされ,受け身である乳幼児を不当な麻酔や手術という侵襲から守るための措置を考えるとともに,子育て中の母親に適切な情報を提供してその無用な不安を軽減をする努力をなすべきである.

引用文献

1) 仁志田博司.出生直後のマイナートラブルへの対応 舌小帯短縮症.周産期医学 1996;26:1217.
2) 根津八紘.舌小帯短縮症.周産期医学 1990;20:63.
3) 赤松 洋.本誌診療メモ,新生児・乳児のTongue tieの治療についての意見に答える―小児科医の立場から―小児耳鼻咽喉科誌 1989;10:74.
4) 今村栄一.舌小帯付着の切断を論考する.小児保健研究 1989;48:593.
5) 向井 将,向井千伽子,浅岡一之.先天性舌癒着・喉頭蓋・喉頭偏位症―新生児・乳児の呼吸不全―.耳鼻臨床 1990;83:7.
6) S Mukai, C Mukai, K Asaoka et al. Prevention of SIDS―correction of ankyloglossia with deviation of the epiglottis and larynx. Third SIDS International Conference, Stavanger, Norway 1994(ポスター発表).
7) 飯塚忠史,佐々木美津代,大石 興.舌小帯と母乳哺育―病院をベースにした前方視的検討―.小児保健研究 1999;58:665.
8) Wright Je. Tongue-tie:Review Article. J Pediatr Child Health 1995;31:276.
9) Tonkinn S. Sudden infant death syndrome;Hypothesis of causation. Pediatrics 55;650:1975.
10) 仁志田博司.乳幼児突然死症候群とその家族のために.東京書籍,東京,1994.

睡眠時無呼吸症の呼吸停止パターン

スリープレコーダで測定すると色んな呼吸停止パターンがあります。

常に呼吸が停止している人、夜中に集中する人、寝起きに集中する人みたく多くのパターンがあります。

どれがいいという訳ではありません。

一番悪いのは恐らく、停止回数が多く、停止時間が2分近くなる人かもしれません。

そのため人は防御反応でうつぶせ寝や横になって寝て舌の沈下を自然に回避している人が多いです。

睡眠時無呼吸症は誰でもなっています!

睡眠時無呼吸症はトラックの運転手やバスの運転手、三交代の工場の人、看護師、介護士みたく徹夜で仕事されている方がなると思われがちですが、実は誰でも睡眠時無呼吸症になっているんです。

理由は乳幼児突然死症候群の原因が舌小帯が短いためと言う学説を医師会が禁止したためです。

それと歯科医師会が指しゃぶり、おしゃぶりを禁止したため口呼吸が増え、口蓋が深くなって舌先が付かなくなったことが原因です。

睡眠時無呼吸症の治療で舌小帯切除すれば治るのでなく、そこから舌先を口蓋に付ける筋トレが必要です。

それには井出歯科医院オリジナル「タン・スプリント」が効果的です。

それと鼻呼吸にするパタカラも同時にトレーニングしなければ効果がありません。

睡眠時無呼吸症の死因は心不全

睡眠時無呼吸症はいつも居眠り運転の事故と思われていますが、実際は舌が喉の奥に沈下して気道を塞ぐ窒息死なんです。

睡眠時無呼吸症は睡眠時無呼吸症候群と本当は言い、原因不明とされているものです。

医師会は舌小帯短縮症は病気でないとしてしまった為に死亡原因にできません。

今回の事故も運転手の舌の状態を詳しく検死していないため、外傷性出血ショックになっていると思います。

また睡眠時無呼吸症をみなさんは他人事に思われていますが、殆どの方が睡眠時に呼吸が多かれ少なかれ止まっています。

スリープレコーダで簡易検査してみてください。

井出歯科医院ではレンタルでスリープレコーダをお貸ししています。

睡眠時無呼吸症の簡易検査パルスオキシメーターでは不十分

睡眠時無呼吸症の簡易検査のパルスオキシメーターは酸素と結合しているヘモグロビンと結合していないヘモグロビンの割合なので、何回、何分呼吸が止まっているのか分からないので全然参考になりません。

「スリープレコーダ」はセンサー内蔵シートの上に一晩装置を何もつけずに寝るだけで測定できる優れものです。

是非活用してください。

北陸自動車道小矢部川サービスエリア宮城交通の高速バス事故が運転手の睡眠時無呼吸症の疑い

http://www.xanthous.jp/2014/03/03/oyabegawa-sa-jiko/

北陸自動車道小矢部川サービスエリア宮城交通の高速バス事故が運転手の睡眠時無呼吸症の疑い。

宮城交通によれば運転手はパルスオキシメーターでC判定だった発表されています。

D判定は精密検査になります。

パルスオキシメーターは洗濯ばさみみたいなものを指に装着し、酸素とくっついたヘモグロビンは赤色で、赤い光のセンサーは通過してしまいます。

呼吸が止まれば酸素とヘモグロビンがくっつかないので黒くなり、赤い光の吸収が多くなります。

この比率を計算して出すのがこの簡易検査の特徴です。

ウチには「スリープレコーダー」がありますが、これは純粋に呼吸が止まった回数が正確に出ます。

今までの経験ですと止まる回数の差はありますが、殆どの方が「睡眠時無呼吸症」と言っていいでしょう。

他人事ではありません。

問題は睡眠時無呼吸症の治療が対処療法しかないことです。

睡眠時無呼吸症は舌小帯が短く、仰向けに寝た時に舌が沈下して気道を塞ぐ病気です。

根本療法は舌小帯切除と舌ピアスを同時に装着して、上顎に磁石入りマウスピースで舌の沈下を防止する方法しかありません。

CPAPやスリープスプリントでは無理です。

舌がヘビみたく2つに割れている

舌小帯短縮症で舌小帯がかなり短いと先割れしていて、通常は上に挙げた時にハート状になります。

また舌を前に突出するとヘビの舌みたく2つに割れているように見えます。

授乳障害でなく、この先割れした舌を親御さんが心配されて先週来院された赤ちゃんがいました。

授乳障害で困っているわけではないので、一通り舌小帯のことを説明させていただきました。

ウチでは何でもかんでも舌小帯切除しませんので、舌小帯切除について十分理解していただいてから切除します。

それで今回は今月の舌小帯切除を見学してからにしていただきます。

香川県から舌小帯のお問い合わせがありました

香川県から舌小帯切除のお問い合わせをいただきました。

舌小帯切除は一発勝負なんです。

レーザー切除されて癒着したら、再手術してもそれほど改善できません。

ですから舌小帯切除は慎重にしなければなりません。

小児科を受診されても舌小帯切除を医者は禁止されているため、「様子を見ましょう。」で終わりです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ