« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

舌小帯切除は何処でもいいわけではありません!

舌小帯切除はホームページにレーザー切除でやっているところは‟NG”です。

理由はレーザー切除では傷口が癒着するからです。

または小児科に相談してくださいと書いてあるところも‟NG”です。

授乳障害では麻酔が切れた頃に実際に母乳やミルクを赤ちゃんに飲んでもらって飲めることを確認します。

構音障害はオリジナルプログラムで発音練習します。

滑舌が悪い方もタンスプリントや他のトレーニングをお勧めします。

反対咬合もすぐに矯正を行います。

睡眠時無呼吸症もスリープレコーダーで呼吸が止まる回数をチェックします。

アトピーも1歳ぐらいまでなら舌小帯切除で治ります。

こういうフォローのできるところは井出歯科医院しかありません。

近場の歯科医院や耳鼻咽喉科でレーザー切除の癒着で悩まないで世界遺産「富士山」の麓の井出歯科医院にご相談ください。

舌小帯切除に北海道、仙台、金沢、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、山梨、長野、愛知、岐阜、大阪、奈良、兵庫、広島、福岡、鹿児島からいらっしゃっています

舌小帯切除に北海道、仙台、金沢、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、山梨、長野、愛知、岐阜、大阪、奈良、兵庫、広島、福岡、鹿児島からいらっしゃっています。

井出歯科医院は舌小帯切除を保険診療で24年行っている歯科医院です。

他で殆ど舌小帯切除は行われていない為、度々保険組合から保険の審査員に本当にやっているのか問い合わせがあり、「頻度が多いので気を付けるように」という電話を頂いたこともありました。

その時、私もちょっと切れて、「それではどう気を付けるんですか?」と逆に質問したところ、「とにかく気を付けろ!」と言われて電話を切られたこともあります。

それだけ珍しい治療だったわけです。

最初の頃は市立病院の耳鼻咽喉科で電気メスで切ってきた子供さんもいましたが、傷口が広がっただけで舌小帯は全然切れていませんでした。

今はレーザーで切る歯科医院、耳鼻咽喉科がいますが癒着を起こします。

また、長年の経験で舌小帯は切るだけではダメで、リハビリが必ず必要です。

そのノウハウがあるのは井出歯科医院だけです。

全国のみなさん遠いと思わず、確実に舌小帯切除されるのであれば世界遺産の富士山の麓の井出歯科医院にいらっしゃってください。

またお気軽に無料メール相談も行っております。

舌を上に挙げた写真を添付してくだされば診察します。

akikuni@tokai.or.jp

舌小帯切除にレーザーでは癒着が必ず起きます

舌小帯切除はレーザーを使用すると保険診療ができないとホームページに書かれている歯科医院がありますが、全くのウソです。

メスでもハサミでもレーザーでも保険診療はできます。

しかし、切除した後に必ず縫合しないと傷口が癒着を起こします。

昨年、耳鼻咽喉科で自費でレーザー切除されてきた方が再手術を希望されてウチに来ました。

舌小帯はしっかり残っていまして、いざ局所麻酔したところ小帯が癒着して硬いの何のって。

ハサミでやっと切って伸ばそうにも伸びません。

最大限伸ばして縫合しましたが、癒着は取れませんでした。

その方は後日、水谷歯科で再手術されましたが、完全には癒着は治りませんでした。

理由は耳鼻咽喉科で舌小帯だけでなくその下のオトガイ舌筋までレーザーで切除されて筋肉が癒着を起こしてしまったからです。

オトガイ舌筋は舌を上に持ち上げる筋肉なので絶対に切除してはいけないものです。

そこが癒着して硬くなれば舌が全然上に挙がらなくなります。

こういう舌小帯切除を行っているのは日本中で静岡県富士市の井出歯科医院と神奈川県横浜市の水谷歯科医院だけです。

北海道、仙台、金沢、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、山梨、長野、愛知、岐阜、大阪、奈良、兵庫、広島、福岡、鹿児島からも皆さんいらっしゃっていただいております。

安易に近所の歯科医院、耳鼻咽喉科、口腔外科で舌小帯切除は行わないでください。

舌小帯のはなしin静岡

先週、静岡から3歳のお子さんの舌小帯の相談に来られた方が、「近くの小児歯科・矯正歯科に相談したところ、『切る必要ないですよ。』と言われたんですが、心配で小児科にかかったところ、『切りたいのでしたらこども病院で全身麻酔でやっていますから紹介しましょうか?』と言われて余計怖くなってネットで探して井出歯科さんに来ました。」とおっしゃっていました。

富士市も舌小帯はあまり知られていませんが、最近静岡からの相談が増えていますので、舌小帯が授乳障害、矯正の後戻り、構音障害、アトピー・アレルギー、摂食障害、偏頭痛、睡眠時無呼吸症などに関係していることを皆さんにご紹介しようと思っています。

授乳障害で悩まれている方、小児科医、歯科医、お子さんがことばの教室の通われている方、ご主人のいびきが止まる睡眠時無呼吸症でお悩みの方、宜しかったら「舌小帯のはなし」を聞きにきてください。

3月に静岡グランシップを予定しております。

パンフレットができ次第またお知らせします。

滑舌の悪い人の原因

滑舌が悪い人の原因はまずは舌小帯短縮症です。

次に口呼吸のため口蓋が深くなっているので舌先が付かない。

舌小帯短縮症のため舌先が本来は上顎前歯の裏の歯肉にいなければならないのが、下顎前歯裏側歯肉にいるため呂律が回らず、滑舌が悪くなります。

また矯正をした後に後戻り防止のために歯の裏側にワイヤーで固定されている場合も舌がいつも気になって触っているために呂律が回りません。

滑舌割り箸は口に咥えて割り箸の裏側で「ブラジル人ミラクルビラ配り」を3度発音してから話すと滑舌が良くなる理由です。

いずれにしても滑舌は舌が上顎前歯裏側の歯肉に付いていれば大丈夫です。

次回の舌小帯切除は2月23日日曜日です

来月は東京マラソン参加予定でしたが、腰痛と足底腱膜炎が完治しない為リタイヤします。

それで通常通り舌小帯切除を行います。

既に4人舌小帯切除予定の方がいますので、ご予約はお早めにお願いします。

千葉県から舌小帯切除依頼

結婚されて千葉県に嫁がれた方の赤ちゃんの舌小帯短縮症の相談を受けました。

実家が富士市で正月で里帰りしていたのですが、千葉県の小児科で相談したところ、そんなに気にするものではないと門前払い。

実際拝見すると、舌はハート型になります。

実は小児科、耳鼻咽喉科では舌小帯切除は禁止されているからです。

いい加減な歯科医院のHPには舌小帯短縮症は小児科に相談してくださいとありますが、小児科では絶対切除しません。

遠いですが、静岡県富士市の井出歯科医院か横浜の水谷歯科にご相談ください。

術後癒着するレーザー切除は行っていません。

全て保険診療です。

福岡から富士市に舌小帯切除にいらっしゃいました

福岡→フジドリームエアラインで富士山静岡空港→JR静岡駅→新富士駅まで来られて、タクシーで井出歯科医院までいらっしゃいました。

少し遅れていらっしゃいましたが、タンスプリントの型取り、舌小帯切除を無事行われていきました。

長旅ご苦労様でした。

ネットで探すと舌小帯切除をするところもありますが、大体はレーザー切除で癒着してしまいます。

また切りっぱなしでその後のトレーニング法を皆さん知りません。

これができるのは井出歯科医院だけです。

山梨県甲府市から舌小帯の診察にいらっしゃいます

1月26日日曜日、医療法人社団 井出歯科医院では舌小帯短縮症の舌小帯切除を行います。

今回、山梨県甲府市から3か月の赤ちゃんが授乳障害で診察にいらっしゃいます。

もし、拝見して舌小帯が短ければ切除をお勧めします。

舌小帯切除はコッヘルで舌先を掴み、局所麻酔してハサミで舌小帯切除を行い、2本縫合します。

糸は溶ける糸を使用しますので1週間後と1か月後に拝見します。

舌小帯切除後、30分ぐらいで母乳かミルクを飲んでいただきます。

上手くいけばゴクゴク上手く飲むことができます。

飲みにくい場合はスポイトで搾乳した母乳かミルクを飲ませます。

舌小帯が短くない場合は切除せずにおしゃぶりの使用を勧めます。

鼻呼吸になれば結構飲めるからです。

福岡から舌小帯(舌の裏のスジ)切除依頼

舌小帯(舌の裏のスジ)が短いため、構音障害になっている大人の方からお問い合わせをいただきました。

舌小帯切除で検索するとレーザーで切除する歯科医院が多いですが、実は傷跡が癒着してコブ状になる後遺症が多発しています。

通常は舌小帯切除はハサミで切除して縫合しないと傷口が癒着して余計に運動制限されるようになります。

それを知らない歯科医や耳鼻咽喉科医が多いです。

外科手術や顔面の手術もきちんと縫合しないと癒着していけないわけです。

また、舌小帯切除するだけでは構音障害は治りません。

それなりの発音練習をしなければなりません。

食育の間違い

世間でよく食育と言う言葉が使われていますが、舌小帯が短いために嚥下障害が急増しています。

口呼吸が多いために口を閉じて噛むことができず、「ピチャピチャ」と音を出しています。

これは口で息をしながら噛んでいるからです。

舌小帯が短いと食隗を喉の奥に持っていくことができず、舌の奥にある気管を蓋をする「喉頭蓋」が息をするため半開き状態になっています。

そしていつもぺたんこになっている食道を鼻からくる空気を遮断して気圧を挙げて食道の口が開くのですが圧不足で半開きになります。

そのため誤飲しやすい状態になっているため、えずきます。

そのため食隗が液状になるまで噛み続けます。

そうしているうちに満腹中枢が噛む回数でお腹一杯になり小食になります。

傍から見るとたくさん噛んでいるのでたくさん食べているように見えます。

痩せの大食いはここからきているかもしれません。

構音障害は治る!

昨年からいらっしゃっているお子さんでことばの教室に通われているお子さんですが、「サ」を「タ」と発音されています。

舌小帯切除してから「ラ・ラ・ラ・ラ・サ」を4度続けて発音するとちゃんと「サ」と発音できます。

このように簡単に構音障害は治ります。

構音障害は舌小帯切除がキーポイントです。

お笑いタレントのよだれ

昨日のテレビ番組でお笑いタレントが話しながらよだれを垂らしていました。

理由は口呼吸のために口輪筋菌が緩み口がポカーン状態。

更に下顎が後ろにいっている鳥貌のため舌が後ろにいっているためと滑舌が悪いことから舌小帯短縮症になっています。

そのため、摂食障害になっているので唾液を飲み込むことが普段からできなくなっています。

せっかくのOGビーフのTボーンステーキも2口ぐらいでお腹一杯で残す始末。

本当に摂食障害です。

そのため体型もかなりの痩せ型です。

明けましておめでとうございます

1月26日の舌小帯切除は予約が一杯になりました。

2月は今年も東京マラソンが抽選で当たってしまいましたので舌小帯切除はありません。

次回は3月23日日曜日午前中になります。

宜しくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ