« 舌小帯の本の出版のため出版会社の社長さんにプレゼン | トップページ | 2か月の赤ちゃんの舌小帯切除術後2週間 »

睡眠時無呼吸症の原因は舌が沈下して気道を塞いで窒息する病気

日本では睡眠時無呼吸症の死因はありません。

この場合の病名は“心不全”です。

事件性が無い限り病理解剖はしません。

だから睡眠時無呼吸症が原因かどうか分かりません。

メキシコではどうも睡眠時無呼吸症が死因にあるそうです。

睡眠時無呼吸症は寝ている時にご主人のいびきが止まるとか、居眠り運転事故しかないため緊急性が無いように思われています。

実は、これは二次的なもので本来は死亡に直結しているものという認識がみなさん欠けています。

とにかく舌が仰向けに寝ている時に沈下する病気で、舌小帯が短く、口呼吸でなると思ってください。

決して、太っている人や、下顎の小さい人がなる病気ではありません。

« 舌小帯の本の出版のため出版会社の社長さんにプレゼン | トップページ | 2か月の赤ちゃんの舌小帯切除術後2週間 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ