« コーチング歯医者から舌小帯センターへチェンジ | トップページ | 赤ちゃんが母乳・ミルクが上手く吸えない »

赤ちゃんのハート舌のお問い合わせ

生後6か月の赤ちゃんのハート舌のお問い合わせがありました。

ハート舌は舌小帯短縮症のために舌先がつれて凹む症状で、舌を挙げるとハート型になります。

この状態では授乳障害はあまりありませんが、離乳食で摂食障害になる可能性があります。

また将来構音障害(か行・さ行・た行・ら行が発音できない)になる可能性があります。

症状がでる前の赤ちゃんの時に舌小帯切除をお勧めします。

小児科、産婦人科では舌小帯切除は禁止されています。

一部の耳鼻咽喉科では行われていますが、保険外の自費です。

歯科は保険診療できますが、レーザー切除する歯医者が多く“癒着”が起きます。

ハサミで切除後縫合するのは井出歯科医院です。

« コーチング歯医者から舌小帯センターへチェンジ | トップページ | 赤ちゃんが母乳・ミルクが上手く吸えない »

「歯科」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ