« 舌小帯の本 | トップページ | 「サ」を「タ」と発音する方へ »

舌小帯切除をレーザーで切除していけない!

舌小帯切除をレーザーで切る歯医者や耳鼻咽喉科医がいますが、絶対にやってはいけません。

それはハサミで舌小帯切除して縫合する方法でも舌下部の舌下小丘は顎下腺と耳下腺の出てくるところなのでここを縫ってしまうと唾液腺の出口が無くなりガマ腫になってしまいます。

それを防止するためにその付近は縫いません。

しかし、傷口は開いているため治ると白い結合組織で被われません。

それ程広範囲でないため癒着は起きませんが、これがレーザーで切除すると傷口を広げてしまうため広範囲な癒着になりコリコリした状態になります。

舌癒着症で切除されている場合、オトガイ舌筋も切るため筋肉の癒着も起こり、余計舌の可動範囲が狭くなります。

同時に上唇小帯切除をレーザーで切除すると同じく癒着して顔を洗った時にコリコリしたものを触ることになります。

癒着がひどい場合は再手術できません。

この場合は癒着した舌小帯を全部摘出して人工皮膚を貼らないと治りません。

バンドエイドのコマーシャルでも傷口を保護して瘡蓋を作らないと言っているように、開放創はダメです。

みなさんは子供の時に転んで膝小僧を怪我したことありませんか?

その傷跡は綺麗じゃあありませんね。

それと同じです。

« 舌小帯の本 | トップページ | 「サ」を「タ」と発音する方へ »

「歯科」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ