« 広島のことばの教室から来られたお子さん頑張っています | トップページ | ことばの教室で舌小帯切除を勧めない理由 »

ことばの教室に入られているお子さんの舌小帯切除

井出歯科医院では、ことばの教室に通われていたり、これから判定を待たれているお子さんの舌小帯切除を行っています。

ただ舌小帯切除してもすぐには構音障害は治りません。

準備ができたと思ってください。

井出歯科医院では「滑舌割り箸」を使った福澤アナウンサーの「ブラジル人呪文」を話すトレーニングをしていただいております。

それと上下の歯を噛んだ状態で舌を上の前歯の裏に付けて息を吐きながら「スーーーーッ、サッ」というボイストレーニングも行っていただいております。

ことばの教室では中々良くならない方是非ご相談ください。

また、構音障害の場合噛み合わせが下顎後退位になって下の前歯は上の前歯で被われて見えない場合があります。

この場合発達障害の可能性もありますので、歯科矯正が必要になります。

ことばの教室に通われているお子さんのお母さんはひとりで悩んでいる方が多いので宜しかったらメールでも電話でもいいですからご相談ください。

(実は先月メール相談があったんですが、気が付かなくて申し訳ありませんでした。)

« 広島のことばの教室から来られたお子さん頑張っています | トップページ | ことばの教室で舌小帯切除を勧めない理由 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ