« 構音障害は舌小帯だけでなく歯並びも影響あります! | トップページ | 将来歯科医院が無くなる »

構音障害の方は下顎が後ろに後退している

構音障害のお子さんの特徴で気が付いたことがあります。

みんな舌を前に出すことができません。

ただ単に舌小帯が短いだけでなく、舌が付いている下顎が後退しているようです。

そのため横顔が鳥貌(バードフェイス)になっています。

下顎が後退していて舌小帯が短いとどうも構音障害になるようです。

そのため舌小帯切除と矯正治療が必要です。

« 構音障害は舌小帯だけでなく歯並びも影響あります! | トップページ | 将来歯科医院が無くなる »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ