« 将来歯科医院が無くなる | トップページ | 福岡の発達障害 »

構音障害はどのお子さんもなっている

構音障害(か行・さ行・た行・ら行)がうまく発音できないお子さんはどこにでもいます。

それを親が気にしていない場合が多いです。

それが突然、「ことばの教室」に入れられてショックを受けられています。

もしくは、ちょっと聞きづらいなあで終わっています。

ことばは3歳で完成しますのでそれ以前に舌小帯切除をお勧めします。

それ以外に下顎後退位になっている場合は咬合挙上板で噛み合わせを前方に移動します。

この2つをすれば構音障害が無くなります。

下顎後退位の場合に上唇が出ています。

これも構音障害を見つける目安になります。

« 将来歯科医院が無くなる | トップページ | 福岡の発達障害 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ