« 東京マラソンのコース下見 | トップページ | 20年前に聞きたかった »

摂食障害改善

昨年、舌小帯切除を行ったお子さんが少しは食べるようになったとお母さんが喜んでいらっしゃいました。

舌小帯が短いと食べ物の塊を作ることができず、また舌の根元についている咽頭蓋のふたができないために飲み込むことができません。

それが舌小帯切除によって舌がスプーン状になり、食塊を喉頭に運ぶことができるようになります。

咽頭蓋もふたができるので食道に食塊が入っていきます。

それと息を止めながら食塊を飲み込むのでゆっくり食べていてはいけませんと指導しておきました。

もっと太ってくれるといいのになあ。

« 東京マラソンのコース下見 | トップページ | 20年前に聞きたかった »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ