« 体罰問題 | トップページ | 広島県福山市で舌小帯説明会開催 »

世の中で一番怖いもの

動物の世界でも一番強い“オス”がボスとなって群れを統率していました。

人間でも昔の家では“おやじ”が一番怖かったです。

それがいつの時代からか「誰のおかげでご飯が食べれると思っているだ?」「食わしてやっている。」ということは最低と言われるようになり、今では「おやじの下着と一緒に洗いたくない。」や「おやじは臭い。」と子供に言われ、家での権力が失墜しました。

母親にしても娘や息子に「○○ちゃん」と呼ばせて友達みたいな関係にしてしまいました。

マスコミにも責任があります。

こどもが駄々をこねていても「おじちゃんに怒られるから」と別の人のせいにして自分では怒りません。

最近、怒りは良くない風潮にありますが、人間喜怒哀楽が無くなったら人間でなくなります。

褒めて育てるのもいいですが、それで済まされるものばかりではありません。

だからといって無意味な体罰がいいわけではありません。

理由のある体罰というか“躾”が必要ですね。

« 体罰問題 | トップページ | 広島県福山市で舌小帯説明会開催 »

「心と体」カテゴリの記事

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ