« 龍角散のCMでも“口呼吸” | トップページ | 舌小帯切除無事終了 »

インフルエンザ予防の話

http://kireikirei.lion.co.jp/barrier/about/

インフルエンザ予防にみなさんは“予防接種”“手洗い、うがい、マスク”と思われていますが、実は“マスク”以外効きません。

予防接種のワクチンは流行る半年前に遺伝子操作で予想して組み合わせます。

本来はワクチンは流行っているインフルエンザウィルスから作るのですが、製造するまで半年かかります。

以前流行ったメキシコのブタインフルエンザはゴールデンウィーク後に蔓延して、季節性インフルエンザの製造を中止してブタインフルエンザウィルスのワクチン製造を行いました。

それでその年の11月後半にブタインフルエンザウィルスのワクチンができて妊婦さんや高齢者から優先して接種されました。

だから予防接種しても型が違えば罹ります。

インフルエンザウィルスに感染した人が咳をしたり、クシャミをして飛沫になって感染するためマスクは必需品です。

手洗いは飛沫で飛んだものを手が触れて手掴みで食べると移るという話ですが、手にも“ばい菌バリア”があるので大丈夫です。

うがいも唾液の中に“ばい菌バリア”があるんですが、消毒液でうがいばかりしていると“ばい菌バリア”がなくなってしまいまい、ウィルス感染しやすくなります。

結局、“口呼吸”が一番悪く、“鼻呼吸”だと鼻毛や鼻の粘膜で白血球がウィルスを殺してくれるし、湿気もあり、温度も少し高いのでウィルス感染しません。

« 龍角散のCMでも“口呼吸” | トップページ | 舌小帯切除無事終了 »

健康」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ