« 女子柔道で監督が暴力行為 | トップページ | 広島県福山市で舌小帯の話をしてきました! »

キオークマン(構音障害治療)

構音障害(か行・さ行・た行・ら行がうまく発音できない)場合は“音痴”になっている場合が多いのでこの“キオークマン”で練習すればバッチリ!

本人は「さ・し・す・せ・そ」と発音していても骨伝導で「しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ」となっているのが分からない場合があります。

舌小帯切除したからと言ってすぐに障害が治るものではありません。

タンスプリントと風船ガムも練習してみてください。

滑舌棒もいいのですが、これも試してみてください。

« 女子柔道で監督が暴力行為 | トップページ | 広島県福山市で舌小帯の話をしてきました! »

「歯科」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ