最近のコメント

最近のトラックバック

« 口呼吸チェックシート(井出歯科医院) | トップページ | 口呼吸にした犯人は歯科医師会 »

口呼吸治療(北欧人の場合)

北欧の冬は外気が-20℃ぐらいになるために口呼吸をすれば口の中や気管が凍傷を起こしてしまいます。

そのため鼻呼吸ができないと困ります。

鼻呼吸は鼻腔で外気を暖め、湿気も与えるので凍傷になることはありません。

それに北欧の人の鼻は“鷲(わし)鼻”が多いのはこのためです。

また鼻の穴も細長く出来ています。

寒冷地用に鼻が進化したものです。

また鼻呼吸しやすいように赤ちゃんの時に“おしゃぶり”をしっかりさせているのも特徴です。

逆に東南アジアやアフリカでは高温なので“だんご鼻”で鼻の穴が大きく、熱い空気がすぐ抜ける構造になっています。

« 口呼吸チェックシート(井出歯科医院) | トップページ | 口呼吸にした犯人は歯科医師会 »

健康」カテゴリの記事

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ