« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

口呼吸にした犯人は歯科医師会

『1~2歳頃までのゆびしゃぶりは生理的な行為と考えられ、おしゃべりや遊びが活発になると、自然にゆびしゃぶりも減ってきます。

ゆびしゃぶりの歯並びや噛み合わせの影響は、奥歯の生えそろう3歳頃から現われ、4歳~5歳まで続くと出っ歯(上顎前突)や開咬、交叉咬合などの不正がみられるようになります。

しゃぶる指や時間、強さによっても歯並びへの影響は異なりますが、4歳までにゆびしゃぶりをやめれば改善する可能性があります。

ゆびしゃぶりをやめさせるためには、子供がゆびしゃぶりをやめれない状況(発達状況や生活環境の面で)を子供の身になって考え、対応を選んでいく必要があります。

無理にやめさせようとして、うるさく指摘したり叱ったりすると、ますます癖がひどくなったり、爪かみやチックなどといった更に根強い癖に移行することもあります。

まずは、子供が頑張っている事を認め、たくさん褒めたり、甘えさせてあげる事で、自然にゆびしゃぶりの頻度は減っていくことでしょう。

母親ばかりでなく、父親や祖父母など周囲の人たちの協力が望まれます。

その上で、ゆびしゃぶりが歯並びに悪い影響をもたらすことを子供の分かる言葉で理解させ、自分で止めようという気持ちを持たせてあげる事も大切です。

この部分については保育園、幼稚園やかかりつけ歯科医院で子供に伝える事が望ましいと思われます。』

公式にこういう文章があるので今更「ゆびしゃぶりは鼻呼吸にいいです」なんて言っても誰も信用しません。

ですがこのために「アレルギー・アトピー・誤飲・ラーメンを啜れない」という事が起きているのでマスコミに取り上げてもらう必要があります。

小学校4年生で寝入りばなにゆびしゃぶりをしているお子さん2人が、出っ歯の相談で2人いらっしゃいました。
2人とも確かに出っ歯でV字歯列になっていました。
治療はパタカラと床矯正で、床矯正の下に指が入らないようにワイヤーで蓋をしてしまいます。
これだけで大体治ってしまいます。

 

 

img023.jpg

『最近の子育ての環境の変化に伴って、おしゃぶりの使用率が高まっているようです。

泣いている赤ちゃんにおしゃぶりをくわえさせるとピタッと泣き止むという魔法のアイテムかもしれませんが、つい便利だと常用しているとなかなか止められなくなります。

まだ言葉で自分の気持ちをうまく表現できないうちは、ゆびしゃぶりやおしゃぶりで不安や不快な気持ち鎮めることの意義は大きいでしょう。

しかし言葉をたくさんしゃべるようになる1歳6か月から2歳頃、常に口の中におしゃぶりがあると、せっかく話をしようとしてもしてもそれを妨げてしまいます。

またおしゃぶりが汚れていると非常に不衛生です。

おしゃぶりが鼻呼吸を促進するという考えがありますが、医学的根拠は認められていません。

更に乳歯の奥がかみ合ってくる2歳を過ぎても長時間おしゃぶりをしていると、かみあわせへの影響がでやすくなります。

3~4歳までならおしゃぶりを止めればかみ合わせは改善する可能性はありますが、できれば1歳6か月を過ぎたら徐々に使う頻度を減らし、2歳のお誕生日までには止める事をお勧めします。』

鼻呼吸を促進するということは欧米では証明されています。

日本にはおしゃぶりよりゆびしゃぶりの文化があるので普及しにくいかもしれません。

ただこの時期にしっかりおしゃぶり、ゆびしゃぶりで鼻呼吸を確立しなければ口呼吸になってしまいます。

そして口蓋が深くなってしまいます。

一度深くなった口蓋は元には戻りません。

口呼吸治療(北欧人の場合)

北欧の冬は外気が-20℃ぐらいになるために口呼吸をすれば口の中や気管が凍傷を起こしてしまいます。

そのため鼻呼吸ができないと困ります。

鼻呼吸は鼻腔で外気を暖め、湿気も与えるので凍傷になることはありません。

それに北欧の人の鼻は“鷲(わし)鼻”が多いのはこのためです。

また鼻の穴も細長く出来ています。

寒冷地用に鼻が進化したものです。

また鼻呼吸しやすいように赤ちゃんの時に“おしゃぶり”をしっかりさせているのも特徴です。

逆に東南アジアやアフリカでは高温なので“だんご鼻”で鼻の穴が大きく、熱い空気がすぐ抜ける構造になっています。

口呼吸チェックシート(井出歯科医院)

□ いつもポカーンと口を開いている。
□ 朝起きた時に喉がイガイガしている。
□ 上顎の歯列がV 字歯列になっている。
□ 奥歯が上下反対咬合になっている。
... □ 笑った時にスーパースマイル(奥歯まで12本の歯が見える)
□ 食べ物を飲み込むのが上手くできないので食べるのが遅い。
□ いびきをかく。
□ ぶくぶくができない。
□ 下唇が「たらこ唇」で弛んでいる。
□ 出っ歯で上唇を閉じられない。
□ 下顎の前歯が唇側に倒れている。
□ 口や唇が乾く。
□ 口笛が吹けない。
□ 口蓋(上顎)が深い。
□ 朝起きて体温を測ると35.8℃以下
□ 寝ている時に金縛りに時々合う
睡眠時無呼吸症の症状とは別です。

口呼吸チェックシートの間違い

Img144a

口呼吸チェックシートの間違い

口呼吸の記事

Img144

産経新聞の12月11日の新聞記事は書かれたお医者さんの持論ではなく、あちこちから寄せ集めの記事でした。

私の口呼吸治療方法の「ブリーズライトとネルネル」も恐らく私のブログから引用されたものではないかと思われます。

あまりにもひどすぎる!

こどもの低体温症

ウチの長男が小学校の時は真冬でもランニングシャツと短パンでした。

足なんか白く粉がふいていました。

当時のこどもは体温が36.7℃ぐらいで微熱に近かったです。

「こどもはかぜのこ」と言われて薄着でも大丈夫でした。

それが父兄から「真冬にそんな格好させるのは○○○」

それがその後口呼吸が増えて、口を開いて寝るために唾液が気化して気化熱で体温を奪われてしまい、大体35.8℃ぐらいになっています。

これは犬が口を開いて「ハアハア」して唾液を気化している体温調整と同じです。

インフルエンザが蔓延するこの時期に体温が35.8℃だと余計にウィルス感染しやすくなります。

口呼吸を鼻呼吸にするのが近道なんですが、中々変われません。

お勧めは、「ブリーズライト」と「ネルネル」です。

これで今年のインフルエンザ予防はバッチリです。

手洗い、うがいなんて予防効果はありません。

ましてやインフルエンザ予防接種は半年前に流行りそうな遺伝子で作ったものなので、確率的には当たりません。

睡眠時無呼吸症はどういう人に起きやすいのか?

睡眠時無呼吸症は大きく分けて2パターンあります。

ひとつは小顎症(鳥貌)、下顎の小さい所謂“ロリコン顔”のひとです。

下顎が後退しているので舌の根元も後ろにいっているので、仰向けに寝たときに舌根部が下がって気道を塞ぎます。

舌は筋肉の塊で、あまり動かさないのでいると根元がどんどん大きくなり巨大舌になり、脳を圧迫して片頭痛の原因にもなります。

二度目の総理もこの傾向があり、“ら行”の構音障害ですね。

今度も睡眠時無呼吸症と片頭痛で辞めなければいいのですが・・・

もうひとつは、太っている方です。

太っている人は早食いで丸呑みのために満腹中枢がいつまで経ってもお腹一杯になりません。

舌小帯が短いために起こり、口呼吸になっています。

太っているために気道付近に脂肪が付き細くなっていて舌をやはり動かさないので巨大舌になっていて気道を塞ぎます。

睡眠時無呼吸症の治療は鼻から空気を送り込んで沈下した舌を持ち上げるCPAPと反対咬合だと舌が沈下しないという理屈で歯医者が作るスリープスプリントがあります。

どちらも対処療法で根本的には治りません。

あとひとつは外科的に下顎を歯が付いたまま骨ごと前に移動する方法がありますが、費用も高いし、骨に付かない場合があるのでリスクがあります。

舌が問題なんだから、舌が沈下しないようにすることを考えた方がいいですね。

ちなみに舌ピアス療法を考案中です。(上顎に磁石付きマウスピースをいれて舌ピアスをくっつける方法)

口笛が吹けない!

4年前に学校医をやっている小学校の保健の先生に協力してもらって、小学校5年生6年生に「口笛がふけるかどうか?」アンケートを取らさせていただきました。

その結果、4割の子供さんが「口笛が吹けません」でした。

理由は、口笛を吹いたことが無いし、吹く必要が無かったのもあります。

私の子供のころは、「夕日のガンマン、クワイ河マーチ、ルパン三世のエンディング、上を向いて歩こうなど」吹いていました。

それ以外に口呼吸で口輪筋が弱まって唇をすぼめることができないこともあります。

昔はみんなやっていたものが忘れ去られていきます。

鉛筆をナイフで削るように、またひとつ無くなっていきます。

昼休みグラウンドに誰もいない!

ペインクリニックの帰りに富士宮市で一番生徒数の多い小中学校の前を12時40分ぐらいに通ったんですが、グラウンドに人っ子一人いません。

(今日は学校お休み?)

実は4時間目が終わるのも遅くなっているのと、給食を食べるのが遅い子供さんに合わせているようです。

私らの子供の時には生徒数も多かったので、早く給食を食べて陣地をとらないとソフトボールや金庫取りやキックベースボールができませんでした。

保育園や幼稚園では日常茶飯事にされていた“おにごっこ”。

実はこれが子供の体を鍛えていたんです。

急に止まり、方向転換、ダッシュと。

“おにごっこ”をやらなくなってしまうと体が固くなり、保育園、幼稚園の時に自分の足の指をなめられていたのに小学校に入った途端、前屈もままなら無いようになってしまっています。

朝はサーキット、休み時間には外に出て遊ぶ時間も無い、昼休みは給食を食べるのが遅い、帰りはサッカー、野球、スイミング、体操、ピアノ、塾へ。

遊ぶ時がないんです。

だから給食だけは早く食べさせて外で思いっきり遊ばせてあげたいですね。

ちなみに給食を食べるのが遅いのは舌小帯短縮症が原因です。

舌小帯切除してすぐに滑舌はよくなりません

ことばは3歳で完成されるといわれています。

そのためにそれ以降に舌小帯切除しても切った瞬間から滑舌が良くなるものではありません。

舌小帯が短くても何とか普通に話している方もいます。

本来は機能的に舌が口蓋に触れて発音するものですが、それ以外に“音痴”と同じ現象が起きているかもしれません。

「さ・し・す・せ・そ」が「しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ」と聞こえているのかもしれません。

だから発音も「しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ」になっているんだと思います。

滑舌(構音障害)は舌小帯切除と音痴の治療が必要かもしれません。

給食を食べるのが遅いのでなく、呑み込む事ができない!

世間では、「ゆっくり味わって、よく噛んで食べましょう!」と言われていますが、間違いです。

野生動物の中で餌を食べている時に油断しているためにもっと強い動物に襲われます。

だから動物が餌を食べるのは早いんです。

昔は兄弟も多かったのでマゴマゴしていたら自分の食べるものが無くなってしまいました。

今は、個人個人にわけられているのでそんな心配をする必要がありません。

これも理由のひとつですが、もっと深刻なのは、昔は産婆さんが赤ちゃんを取り上げたときに全員「舌小帯(下の裏のスジ)」をハサミで切っていました。

それが医師会で切る必要がないとされてから食べるのが遅くなり、アレルギー、アトピーも増え、構音障害(か行・さ行・た行・ら行が上手く言えない)の子供が増えました。

当然舌の裏のスジが短いので食塊を喉の奥に持っていくことが出来ません。

そのため液状になるまで噛んでいるため、満腹中枢がお腹が一杯になったと勘違いして残してしまいます。

そのため昼休み時間一杯使うために昼休みに遊ぶことも出来ません。

ゆっくり食べれば給食を残さないといういい加減な報告を鵜呑みにしているためにそれが当たり前になっています。

朝ごはんもゆっくり食べると朝サーキットに遅れてしまうので、カレーなどの汁物をかけて流し込むか、寝坊して時間が無ければ食べないで登校します。

普段から食べるのが遅いと気が付いたら、舌の裏側のスジを見て下さい。

昔のならわし(風習)

★初めが大事!★

もし赤ちゃんの時に昔からやられていたことさえちゃんとやっていれば、むし歯・歯周病・歯並び・アトピー・アレルギー・花粉症・滑舌(かつぜつ)が悪い・給食を食べるのが遅い・摂食障害・睡眠時無呼吸症などにならないことをご存知でしょうか?

Image421a.jpg  img098a.jpg  img024ab.jpg

   舌小帯        ☆ゆびしゃぶり     ☆むし歯の母子感染

  (舌の裏のスジ)     (おしゃぶり)     (離乳食の口移し)

昔、舌小帯(舌の裏のスジ)は産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時におっぱいの吸い付きが悪そうだなと判断した時にハサミで切っていました。一部の産婦人科でも行われていましたが、このことは世間ではあまり知られていません。

歯医者がゆびしゃぶり・おしゃぶりは歯並びが悪くなるから止めさせてしまいました。そのために口呼吸が多くなりました。その結果、昔は大勢いた"あおっぱな"がいなくなりました。"あおっぱな"鼻呼吸の場合にウィルスや細菌はまずフィルターの役目をする鼻毛に引っかかり、次に鼻の粘膜に付着すると、白血球が殺して膿を作ります。この膿が"あおっぱな"の正体です。

昔から"赤ちゃんの箸は別々にする"と言われるようにむし歯の細菌は母子感染で移ります。哺乳瓶でミルクをあげる時には昔は手の甲に垂らして温度を確認したんですが、今では直接飲んで確認されるお母さんが多いです。また離乳食でお母さんが噛んであげたものを赤ちゃんにあげるとやはりむし歯は移ります。

ホームページリニューアル中

ホームページをリニューアルしています。

中旬ぐらいには何とかなると思います。

私の場合はホームページがいつも中途半端で終わっていましたので、今回はより完璧に仕上げていきます。

それと「舌小帯」の小冊子もできれば作成していく予定です。

こちらも同時進行しています。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ