« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

舌癒着症というものはありません

舌癒着症は本来の病名でなく、保険診療では「舌小帯異常」が正式病名です。

人間は生まれた時には完全体で生まれてくるわけではありません。

舌小帯も同じ。

短い舌小帯もあれば、正常な舌小帯もあります。

ヨーロッパでは割礼儀式と舌小帯切除を一緒にやるところもあると聞きます。

ただ、昔は人知れず産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時に「おぎゃあ、おぎゃあ」泣いているのを見て短ければハサミで切っていました。

そういう私も25年前に矯正セミナーで初めて知りました。

矯正治療後の後戻り防止で舌小帯切除をした方がいいと教わり今日まで教え通り舌小帯切除は行っています。

一方、舌癒着症は乳幼児突発性症候群の原因とか、赤ちゃん独特な様々な症状を舌癒着症として舌小帯とその下のオトガイ舌筋1/3層を切り、一緒に上唇小帯切除と鼻中隔下制筋切除という理由のわからない手術をされています。

小帯切除だけならレーザーでも保険診療なんだそうです。

その下の筋肉切除は本当に意味がわかりません。

上唇小帯はウチでも切りますが、小学校1年生ぐらいで上の永久歯の前歯が生えてきたときに上唇小帯が歯と歯の間に入り込んでいる時のみ切ります。

赤ちゃんでも大人の方でもそうですが、鼻中隔下制筋を切ると顔の変形が起こります。

一度レーザーで切ってしまうと筋肉断面が見つからないので再手術は不可能です。

形成外科で筋肉移植しかありません。

というわけで私が行っている舌小帯切除と舌癒着症の手術はまったく別物です。

名古屋・京都・大阪・広島で舌小帯説明会検討中

希望者がいらっしゃるようでしたら、名古屋・京都・大阪・広島で舌小帯説明会を行う予定です。

舌小帯切除は保険診療で子供で受給者証があれば500円、大人でも2,000円の窓口負担です。

レーザー、電気メスで行っても保険診療です。

同時に上唇小帯は切る必要はありません。(医療過誤です。)

akikuni@tokai.or.jp

メール無料相談も行っています。

今年最後の舌小帯&上唇小帯切除終了

今年は今日で最後でした。

舌小帯と上唇小帯は一緒には切っていません。

上唇小帯は矯正の一環でやっていて、隙っ歯のお子さんにやっています。

舌小帯も小帯のみでオトガイ舌筋は切りません。

舌癒着症とは違います。

舌小帯短縮症のはなし・富士ニュースに掲載

Img141

今朝の富士ニュースの掲載されました。

舌小帯切除だけで十分で、オトガイ舌筋は切る必要ありません。

Dsc02497

舌癒着症で同時に行われている上唇小帯切除は永久歯の上顎中切歯が生えてきた時に隙間が空いている時だけ切除します。

やはり上唇小帯と鼻中隔下制筋も切る必要ありません。

というか切ると顔の変形につながり、元に戻すことは出来なくなります。

筋肉の移植しかなくなります。

実は医療過誤です。

舌小帯切除は耳鼻咽喉科の保険点数にあります!

舌小帯切除は耳鼻咽喉科の保険点数に実際あります。

ただし、医師会が切る必要が無いと決めていますが、耳鼻咽喉科では保険診療でできるはずです。

上唇小帯も保険診療でできます。

舌小帯も上唇小帯もその下の筋肉を切ることは医学的に認められていませんのでそれは保険外です。

レーザーも保険外かもしれません。

もし舌小帯切除だけなら保険でお願いするのもいいかもしれません。

舌小帯短縮症の説明会

雨の中、豊橋の方と静岡市の方が見えられました。

小さいお子さんが一緒なので少ない人数でよかったです。

次回もまた企画中です。

富士ニュースに広告掲載

Img133

広告掲載してもらいました。

たくさん来るといいなあ。

母乳を飲むのが下手な赤ちゃん→舌癒着症ではありません

母乳を飲むのが下手で体重増加があまりない赤ちゃんのことを助産師に相談すると、「舌癒着症」だと診断されて耳鼻咽喉科を紹介され、手術しようと思っているお母さんちょっと待ってください。

舌の裏のスジが短いだけなのにオトガイ舌筋という舌を前に出す筋肉を切って大丈夫ですか?(舌の知覚麻痺、傷口が癒着して余計に動かなくなります)

一緒に上唇小帯と一緒に鼻中隔下制筋を切って大丈夫ですか?(鼻の下が下がって顔の変形がおきます。上唇を上に持ち上げることができなくなります。)

レーザーで切りっぱなしで縫合しないこの方法大丈夫ですか?(どんな手術も傷口が綺麗に治るように縫合します。レーザーでは傷口を広げるだけでカサブタを形成してしまい、結合組織の癒着がおきます)

大丈夫じゃあないんです。

舌小帯だけ切除、縫合すればいいんです。(保険適応です)

舌小帯短縮症セミナー告知広告

昨日、富士ニュースに広告掲載を土曜日にお願いしたんですが、医科歯科系は広告規制が厳しいので、保健所で審議されていて、回答は来週月曜日らしいです。

Img130

なぜ舌小帯(舌の裏のスジ)切除が世間に知られないのか?

なぜ舌小帯(舌の裏のスジ)が世間に広がらないのかと言いますと、「舌癒着症」という病名を助産師に付けられて高額な治療費で手術というか儀式紛いなことをやっているためです。

それを支援するグループがいるために新興宗教のようになってしまっています。(HPに特定の宗教と一切関係ないと書かれています)

舌小帯切除は歯科では保険診療で行われるもので大体5,000円ぐらいのものです。

それと手術がでたらめなこととアフターケアがないために他の医療機関に手術後入院するケースもあります。

最近ではオトガイ舌筋切除による舌の機能麻痺と知覚麻痺や、上唇小帯と一緒に鼻中隔下制筋を切って鼻の穴を大きくするそうで、顔が変形する被害者が続出しているようです。

またレーザーで切除するため切除面が癒着して結合組織で硬くなってしまっている方も多いです。

医療過誤に近いです。

クレームをつけると「舌癒着症を広めようとするお母さん方の運動を邪魔する気か」と逆に脅されるという噂も聞きます。

いいことばかりではないのです。

こういう儀式紛いのことをやっていれば医師会も認めるはずありません。

舌小帯の話

「もうすぐ出産される妊婦さんと3歳未満のお子さんをもつお母様へ」

・赤ちゃん、幼児の

虐待

(

ぎゃくたい

)


睡眠時

(

すいみんじ

)

無呼吸症

(

むこきゅうしょう

)

による

居眠

(

いねむ

)

り運転事故

・学校でのいじめ

・こんにゃくゼリーによる

窒息

(

ちっそく

)



などの事件が増えています。
実は、これらの原因は、
「舌小帯(ぜつしょうたい)にあるのをご存知でしたか?

舌小帯とは、舌の裏のスジのことです。

舌小帯(ぜつしょうたい)があると、舌の動きがスムーズにいかないため、何かと不便なことになります。

たとえば、赤ちゃんの頃は、母乳を上手く飲めないために体重が増えなかったり、夜泣きばかりします。

離乳食をあげても上手く飲み込めないので出してしまいます。

それでついつい手が出ます。

「よだれ」も唾液を飲み込めないため下あごが爛れてしまい、幼稚園で垂らしていると“いじめ”にあいます。

「さ・し・す・せ・そ」が「しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ」としか発音できないこともあります。
小学校にあがれば「ことばの教室」で治ると思われがちですが、機能的なものなのでこれらの症状は治りません。

また、いつも一緒にいるお母さんは理解できますが、お友達には分かってもらえないために“いじめ”にあったり、“逆ギレ”して怒りやすくなります。

発音は3歳までにきちんと対応するのが重要なのです。

お子さんの将来を考えて、あまり世間では教えていない「舌小帯」について私といっしょに学びませんか?

みなさまのご参加をお待ちしています。

◆参加費:無料
◆日時 2012年11月17日土曜日 14:00~15:30
◆場所 富士市交流プラザ第4会議室(定員30名)
◆住所:富士市富士町20番1号
◆講師 医療法人社団井出歯科医院 理事長 井出明邦

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ