« バドミントンの話 | トップページ | ブリーズライト »

舌小帯とオリンピック

「アスリートの舌小帯と口呼吸と歯並び」
一昨年、名古屋の方でマラソンを趣味でやられている方が舌小帯(

舌の裏のスジ)切除を希望されてきました。
この方は研究熱心で舌小帯(ぜつしょうたい)切除だけでなく、パ

タカラによる口呼吸治療も積極的にやられてタイムが大分縮んだそ

うで喜んでいらっしゃいました。
北京オリンピックの時は、八重歯のアスリートが4本の第一小臼歯

を抜いて歯にワイヤーを巻いて矯正をしましたが、口腔を小さくし

てしまったために酸素摂取量が少なくなってしまいタイムが伸びな

くなってしまいました。
それプラス、口呼吸で舌小帯が短かったのでコンディションの調整

が難しかったと思います。
いつもオリンピックの時にアスリート達は舌小帯と口呼吸と歯並び

を気をつければいいのにと思っています。

« バドミントンの話 | トップページ | ブリーズライト »

「歯科」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ