« 誤飲 | トップページ | 舌小帯切除無事終了 »

反対咬合の原因

反対咬合(受け口)の原因

反対咬合は乳歯の段階で下顎がもう前に出ています。

原因は、舌小帯(舌の裏側のスジ)が短いために下顎の前歯を前に押してしまいます。

通常は下唇が元に戻すのですが、口呼吸のために下唇の力が無いので反対の噛みあわせになります。

「ゆびしゃぶり」と「おしゃぶり」をしっかり3歳までさせれば反対咬合になりません。

治療は、「チンキャップ」と「ムーシールド(マウスピース)」と「舌小帯切除」と「パタカラ」です。

原因になっている舌小帯切除と下唇のトレーニングをしないと後戻りします。

他の歯科医院で反対咬合を「床矯正」の上下で1年かかって治らなかった症例も、「チンキャップ」と「舌小帯(ぜつしょうたい)切除」でなんと3日で反対咬合が治ってしまいました。

1人は反対咬合、1人は上下前歯の歯並びの悪いお子さんが昨日いらっしゃいましたが、反対咬合のお子さんのお母さんは「舌小帯切除」は子供が可愛そうと思っているのでもう来ないと思います。

もし来られても、「舌小帯切除」はやらなくて矯正治療してくださいと言ってくると思いますが、ウチではお断りします。

もう1人のお子さんはお母さんが矯正専門医で10年矯正しているのにまだ治らないそうで、子供は早いうちに治させたいと考えていらっしゃるため二つ返事で矯正治療がスタートしました。

« 誤飲 | トップページ | 舌小帯切除無事終了 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ