« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

静岡県営プール

Dsc02941

脊柱間狭窄症の手術を昨年の暮れにやったんですが、股関節の痛みが取れないのでお昼過ぎに静岡県営プールに行ってきました。

直ぐ下に市営温水プールがあるんですが、かなり古くなっています。

県営プールは綺麗だし、ジャグジーもあるし、歩くレーンがあるのでとってもいいです。

歩くレーンは泳いではダメとか、3人で横に歩くのもダメ、後ろ歩きもダメと結構工夫されています。

よく歩くレーンは話しながらだらだら歩いている女性が多いので追い越せません。

実は自慢するわけではありませんが、私はプールで歩くのはかなり早いんです。

そのため何人も追い越すのでだらだら歩かれるのが苦手です。

それでも2人で話しながら歩いている女性がいましたが、ばんばん追い越していきました。

最初は股関節が痛かったんですが、少し緩和されてきました。

少し続けてみます。

歯医者のチラシ6

いつもの歯医者のチラシは昨年12月以来ですが、今朝入っていました。

今度は富士市のチェーン店の送迎をやるようです。

頑張って欲しいものです。

他の新規開業の歯医者のチラシは今月ありました。

内容を見ると、何か得意な治療があるのかと思ったらどうも全てオールマイティのようです。

得意な治療がないとあまり目立たないかな。

それに地元でないのならもっと地域の行事や老人会に顔を出さないと知ってもらえないと思います。

何かスポーツや趣味で地元の人とできるものを探して参加する以外ないかな。

チェーン店も地元に密着したやり方をしなければ小手先だけでは根付けません。

もっと地元に根をはらなくちゃあ。

子供の歯がおかしい

昨日の1歳半検診で正常な歯並びが少なくなっている気がします。

原因は分かりませんが、歯並びは舌の圧と唇の圧のバランスの悪さにあると感じます。

舌小帯を切らなくなったことやゆびしゃぶりを禁止したことがひとつの要因と考えられる。

もしそうなら大至急改善していかなければこれからもっとこういう歯並びが増えることになります。

先天的に歯の無い子供さんも多いのでこれも原因を調べる必要があります。

いくら堅いものを食べなくなったからと言って、歯が無くなることはありません。

乳歯はお母さんのお腹に中にいるときにできますから。

国はちゃんと調べていく必要があります。

1歳半検診

1歳半検診はいつもは午後1時20分~2時30分までかかります。

それが今日は予定人数42名、雨も降っていたので37名で2時10分には終了しました。

担当歯科衛生士から「これで終了です。」と言われ、「えっ!」と答えてしまいました。

7年ぐらい前は70名ぐらいいて、ぎりぎり入ってくる親子もいてすごかったのに。

少子化なんですね。

舌小帯は大体6割ぐらい短く、反対咬合、乳歯の歯並びが悪いお子さん、上唇小帯が短いお子さんがいました。

むし歯が1名。

乳歯の反対咬合はゆびしゃぶりとおしゃぶりを3歳までしっかりやれば治ると説明しておきました。

ただ乳歯の歯並びの悪いお子さんは床矯正するしかないかな。

なんか今のお子さんのお口の状態は厳しいですね。

ことばの教室

小学校に上がる子供を対象に、発音がうまく言えない子供さんのための訓練する教室があるそうです。

これはあまり知られていませんが、吃音の場合もおなじようです。

ただ「英国王のスピーチ」でもありましたが、舌小帯が短い場合が多いです。

映画の中でも“tongue tie”(舌小帯)とセリフがありました。

舌小帯切除と滑舌わりばしとタン・スプリントでバッチリ治ります。

キレる子対策

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000017-mai-soci

こういうことを話し合うこと自体無理でしょうね。

“躾(しつけ)”の問題のような気がします。

子育てをしらない新米お母さんが育児書やネットで調べてやっているんでは無理だと思います。

元々は子育てはおばあちゃんがお母さんに教えるもので、本やネットの内容はあまり信憑性がありません。

4年前ぐらいに流行った“久保田カヨ子さん”の話を定期的に聞くのも大事かもしれません。

ただ少しアレンジされている部分もありますね。

舌小帯切除手術無事終了

次回は5月27日日曜日の午前中です。

今回は1歳半のお子さんは麻酔が切れるまで舌を噛まないように私がガーゼで30分間押さえていました。

通常は泣き疲れて押さえている途中で寝てくれるんですが、このお子さんは舌小帯切除中も泣きませんで、ずっとガチガチ私の指を噛んでいました。

噛んでもすぐ離してくれるのでよかったです。

あとのお子さんはスムーズにやらせていただきました。

東名高速道路空いている

今日の午後、高校のクラス懇談会に妻を沼津まで東名高速道路で2往復し、愛鷹テニス場まで子供の迎えに行き、結局3往復しましたが、新東名高速道路開通のおかげで東名高速道路がかなり空いていました。

時間にして片道10分しかかからず、ビックリです。

以前は追い越し車線にずっと入っている車が多く、渋滞の原因でした。

それがみんななぜか走行車線を走っていました。

不思議な光景です。

バイオリズム

休診にした次の日は急患が多い。

バイオリズムで私の休む日と詰めたものが取れたり、歯が痛くなるのがどうも一致するようです。

休む日になんでそうなるのかとても不思議です。

それにこの時期は歯科検診が多く、昔は夏休み前にむし歯の勧告書を配ったんですが、今はすぐに配ります。

でも残念ながら勧告書の回収率は50%いかないと保健の先生に聞いたことがあります。

親に渡さないのか、親が無視するのか分かりません。

富士屋ホテル

Dsc02889a

昨日、4月18日で結婚してちょうど25周年の銀婚式でした。

25年前は開業して3年目だったためにまとまった休みを取って新婚旅行にいけなかったので、とりあえず箱根の富士屋ホテルに1泊しました。

それからゴールデンウイークにハワイに新婚旅行に行きました。

それで先月、富士屋ホテルのホームページに「日帰りプラン」というのを見つけ、予約してみました。

すると2週間前に富士屋ホテルから予約の確認の電話と今回の予約の目的を聞かれたので、25年前に新婚旅行で富士屋ホテルに1泊した話をして、ケーキを別に作って欲しいとリクエストしておきました。

それで今朝は子供をスクールバスの出る富士インターで降ろし、そのまま西富士道路に入り、新富士インターから新東名高速道路に入り、駿河湾沼津サービスエリアで休憩。

平日なので新東名高速道路は空いていて、サービスエリアもまだ時間が早いらしく、やっているお店も少なかったです。

結構美味しそうなお土産が多いので土曜日にでももう一度いってくるつもりです。

それから長泉インターで降りて、伊豆縦貫道路に入って三島まで出て、それから箱根に向かいました。

カーナビがうちの車にはついていないので道に迷ってしまいましたが、何とか箱根園に着き、水族館と駒ケ岳ロープウェイに乗りました。

それから富士屋ホテルに向かいました。

車をホテルの玄関に入れると、すぐにベルマンが「本日のご予定は?」と聞かれたので、「日帰りプランです。」と答えると駐車スペースに誘導してくれました。

助手席のドアを開けてくれたあとに、「お名前をお伺いしてよろしいですか?」と聞かれたので、「井出です。」と言うと、「はい、結婚25年銀婚式おめでとうございます。」とすぐ言われ、「ええっ。」と答えて2階のフロントに案内されました。

ちょっと驚きましたが、今のホテルは予約の確認でいろいろリサーチしてスタッフ全員でお客様の情報を共有しているんだと思いました。

ランチも大変美味しくいただきまして、ケーキをリクエストしていまして、デザートの前にウェイトレスさんが2人で持ってきてくださって、「井出様、ご結婚25周年おめでとうございます。」とろうそく2本に火を点けてけてきてくれました。

そして写真も撮ってくれて帰りまでにプリントアウトしてくれていました。

分かっているんですが、こういうサプライズはいくつになってもいいですね。

流石にケーキは食べれませんでしたのでテイクアウトにしてくれました。

午前中、箱根に向かう途中で妻の母から携帯に連絡があり、「前歯が取れた!」ということなのでランチのあと明治時代に建てられたアンティークなお部屋をサービスでグレードアップしていただいたのですが、ちょっと休んでからすぐに家に帰りました。

ホテルマンは若い子ばっかりでしたが、プロでした。

ためしてガッテン!舌を見て100%危ない病気を見抜く法

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120418.html

NHKのためしてガッテン!で舌を見て100%危ない病気を見抜く法を放映されました。

舌を診て病気を当てるは当たりませんでしたが、番組最後にやられていた「低位舌」が主でした。

舌が下がっているために歯の圧痕が付くもので、嚥下障害になるということ。

治すには、魔法の言葉「べろはたから」を毎日20回唱えれば治るようです。

しかし、根本的には舌小帯短縮症と口蓋が深くなっていることが問題です。

もっと掘り下げて欲しかったです。

未熟児と下顎の長さ

未熟児で生まれたお子さんは以外に下顎骨が長い。

今まで4人診てきたが下顎骨が長く叢生気味である。

そういう文献はないがもしかすると関係があるかもしれません。

糖尿病&高脂血症

12年間の糖尿病と高脂血症。

Img120_2

Img121

高脂血症の方は277になってきたので正常値が150以下なのでもうすぐ完治します。

絶好調の時は6,000を超えていましたからドロドロ血液なんてもんじゃあなくて、採血して置いておくと上澄液が血清ですが牛乳のように白い状態になっていました。

昔から1,000を超していました。

血糖値は最初はA1cが6ぐらいだったんですが、アマリールを飲んだり、インスリンを打ったりして余計にひどくなり、今はまだ8ですがちょっと安定しています。

これで体重があと10kg落ちれば完治しそうです。









新東名高速道路開通

Dsc02857a

Dsc02858a

最初が午後2時56分。

2枚目が午後3時2分ぐらい。

本当に新東名高速道路が開通しました。

なんか2枚並べるとウソみたい。

先頭はパトカーで残念ながら普通車ではありませんでした。

上り線も午後3時10分過ぎにやはりパトカーが先頭で富士宮トンネルを出てきました。

これから日本の交通事情が変わるかもしれません。




尾崎直道がマウスピースで失格

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00000596-san-golf

巨人の村田選手はベイスターズ時代にマウスピースをしてプレイしていました。

まさかゴルフはダメとは知りませんでした。

ただ食い縛ってスポーツをすればあまり力が出ないことは昔から有名で、打撃系のスポーツは歯が折れないようにように防御することがいいですね。

テニスラケット

Dsc02838a

テニスラケットも懐かしいのが出てきました。

左からウィルソンT2000でジミーコナーズモデルです。

ガットの張り方が特殊なので切れると張ってくれる人はいないと思います。

大学生の時に友人に借りてよくテニスをやったものです。

真ん中はドネーのボルグモデルです。

バックハンドが両手打ちだったのでグリップが長いです。

こちらはウッドで真ん中にひびが入っているため使えません。

右はシャネルのラケットで高くて使えません。

バドミントン再び

Dsc02826


ダイエットのために、来週からバドミントンに復帰する予定です。

まずは道具から。
一昨年はアークセイバーZ-スラッシュがスマッシュが初速350km出るということで購入したんですが、軽く女の子に拾われてガッカリ。
隣のコートでいい音をさせて打っている若い衆は体全体を使ってジャンピングスマッシュをしている。
うーーん、このトシではジャンピングスマッシュは腰をまた痛めて再起不能になるなぁ。
それで昔の仲間に聞いてみると、「井出さん、井出さんの時代はカーボンシャフトが主流で、今はチタンだよ。カーボンなら手首だけでよかったけどチタンは体全体のバネを使わなきゃダメ。」と言われました。
それで昔のcarbonex8を引っ張りだしてきました。
先程、ヨネックスのHPを見たら、「ヴォルトリックZ-フォース」というラケットが出てて、相手がレシーブする時にラケットに19kgフォースの力がかかるそうです。
魅力的です。
土曜日に横浜のウィンザーラケットで購入してきちゃうかもしれません。
ついでにシューズもパワークッション65FTも買ってくるかも。
テニスはバドミントンと同じぐらいの重さでないとぶんぶん振れないのでずっと軽量のラケットを10年以上使っています。
ナダルのバボラ、フェデラーのウィルソンを使いましたが300gあるので重くて使えませんでした。

タッチ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000005-mantan-ent

「タッチ」が月間サンデーで連載が始まるらしい。

くまのプーさん

Poohall

くまのプーさんオールスターです。

富士ニュースの記事の反響

富士ニュースに舌小帯の記事が載っての問い合わせは全部で5件。

その内、静岡県中西部の方はこのブログに載った記事を読まれたようです。

明後日の午前中に舌小帯の相談に見えられるようです。

詳細は分かりませんが、午前中ということで小さいお子さんみたいです。

受付にはそういうお電話の時は私に回してくれるように言っておいたんですが。

もう一度プレスリリースされるように努力してみます。

春掘り

http://www.youtube.com/watch?v=d--lG5l_gx0&feature=player_detailpage

ウチの地区は春掘りが終わると次の班長さんに代わるようになっています。

春掘りが終わると新しい1年が始まります。

以前は3月の終わりに春掘りでしたが、いつからかさくら祭りが先になり、4月の頭に春掘りになってしまいました。

ただ河川を止めておくのが最終日なので、雨が降って中止になると予備日がないので困るんですが、なぜか中止になったことがありません。

今年はまださくらが咲いていてなんか調子狂いますが、きょうから新年度です。

timelinemoviemaker

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.timelinemoviemaker.com%2Fdisplay%2F%3Ft%3D4f8187eb48ef00-17634002&h=qAQEmvIiSAQG9LvuMkVrhQU97Z2lvV1EsIcBqSN-WCZlNWQ

facebookのtimelinemoviemaker結構楽しいです。

ハードスケジュール

今日は午前11時半まで診療して、東名を飛ばして沼津まで行きそこから伊豆縦貫道路で長泉町で降りて、穴吹整形外科クリニックで術後の検診してもらいます。

結構クリニックは混んでいて、30分待ちでした。

開口一番「井出さん診療はちゃんとやれていますか?」と穴吹先生に聞かれ、「何とかやっています。」と答えました。

「まだ股関節と足の裏が痛いんですが?」と聞くと、「糖尿病ですね、体重を10kg落としましょう。そうすれば治りますよ。」

という事でダイエットしなくちゃあ。

その後昼を愛鷹パーキングで蕎麦を食べ、富士に戻り夕方から東京であるセミナーに参加するために新幹線に乗りました。

セミナーは午後9時前に終わり、懇親会に出ないでまた富士にとんぼ返り。

明日は春掘り。

趣味起業セミナー

01

明日は「ソフトクリームが舐めれない」の作者の戸田さん(旧姓西田さん)の趣味起業セミナーが東京であります。

久しぶりに東京に行き、聞いてこようと思っています。

いつもは新橋なのに明日は八丁堀です。

東京駅から歩いて行けると思います。

ホームページ

昔の歯医者さんは待合室で患者さんが待っていても話(診療)が終わらず、診療室は笑いでいっぱいでした。

患者さんのご本人のことだけでなく家族のこともよく話題になっていました。

中にはお嫁さんを紹介する歯医者もいました。(実は私)

昔は保険診療があまり無く、前歯はセラミック(せと)で7万円、奥歯は金歯で6万円でした。

歯医者さんが「来週せと入るぞ!」と患者さんに告げると「わかったよー」と帰っていきました。

歯医者さんとの間に信頼関係ができているので余分な説明は必要ありませんでした。

現在、患者さんとの信頼関係がどうしてなくなったかと申しますと、歯科は保険診療では儲からないので何としても自費診療をやってもらいたいからスタッフ全員で説得しているんです。

コミュニケーション不足はメール世代のせいだけではありません。

根っこの治療をすればまだ持つのに抜いてインプラントを勧めます。

前歯も保険診療でレジン前装冠があるのにセラミックを勧めたり、義歯も保険外の義歯を勧めたり、歯科口腔衛生指導というのが保険診療にあるので予防は必要ありません。

全て保険以外の自費を勧めるので患者さんが歯医者を信用しなくなっています。

患者さんとの信用を取り戻すのが“雑談”です。

こんな文章じゃあ患者さんは来ませんね。(笑)

赤ちゃんの舌小帯切除は歯科で保険でできる

昨日、歯科医師会から富士ニュースの記事について「舌小帯は耳鼻咽喉科じゃあないの?」と注意を受けましたが、同業者でも舌小帯が歯科の点数があるのを知らないので、もっと頑張ってマスコミに紹介してもらうようにします。

実は舌小帯で儲かる点数レベルではありません。

保険診療では5,600円ぐらいだからです。

でも舌小帯切除することで授乳障害、構音障害、滑舌がよくなったり、アレルギー、アトピー、睡眠時無呼吸症が改善できればいいかな。

医科では舌小帯切除は禁止しています。

昨年、産婦人科医と外科医のお子さんの舌小帯切除を行いましたが、その際にお二人とも手術を見学されていきました。

産婦人科医の先生は「親父の時代は切っていたけど私らは切るのを見たことも無い。」とおっしゃっていました。

もっと普及というより元に戻すという感じですね。

1歳半と3歳児検診で舌小帯チェック

1歳半と3歳児検診では上唇小帯のチェックは入りますが、舌小帯のチェックをするのは私と後1人の歯医者さんしかいません。

理由は上唇小帯があると正中離開といって隙っ歯に前歯がなるからです。

上唇小帯は3歳ぐらいまでに転んでぶつかって自然に切れてしまうことがあります。

でも上顎の口蓋まで入り込んでいる場合が多いので最終的に永久歯の前歯が生えてきた時に上唇小帯と入り込んだスジを一緒に切ります。

舌小帯は知っている歯医者が少なく、みなさんノーチェックです。

理由は舌小帯の切り方を知らないからです。

知らないだけの理由で放置されます。

残念ながら医科では舌小帯切除は禁止になっています。

でも歯科ではちゃんと保険点数があります。

調べてもらえば分かるのに。

ムチウチ

Dsc02778

日曜日は前日の大雨がウソのように快晴。

でも風が強い。

前日はfacebookの書き込みに腹を立てて何度も何度も書き直して徹夜してしまいました。

朝早く朝食を妻に作ってもらって、きれいに平らげたところで睡魔に襲われ気がつくと10時半。

急いで毎週恒例の車を2台洗い始め、続いて待合室と診療室の窓拭きを始めました。

窓拭き用にゴムがついているものが待合室のエアコンの外部ファンの後にあったと思い、頭を近づけたところ出窓に“ゴンッ”と当たり“痛いっ”。

すぐに頭にたんこぶができていました。

少しフラツキぎみでしたが結局雑巾で窓拭き終了。

今度は家に入り、診療室と待合室のエアコンのフィルターの掃除。

それを終えてもまだ頭がすっきりしません。

それで湿布を貼ってもらって横になりました。

夕飯には目が覚めましたが、食べてまたバタンキュー。

結局前日の徹夜もあって朝まで寝てしまいましたが、まだちょっとフラツキます。

赤ちゃんの舌小帯切除は井出歯科医院

先週の日曜日に舌小帯切除した生後3ヶ月の赤ちゃんが、丁度雨風が強い時に消毒に来院されました。

東名高速道路が大雨の影響か事故渋滞で大変だったようです。

赤ちゃんはすごくご機嫌で消毒してもニコニコ泣きません。

帰り際にお母さんから、「もっと早く井出先生にたどり着いていたらよかったです。

ネットで調べると東京の耳鼻科の先生関連の記事が多く、費用も高いし賛否両論でした。私みたく困っている人がいるので、もっと先生のところを普及させてください。」とお願いされました。

頑張ります。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ