« 富士ニュースの反響2 | トップページ | 最高の人生の終わり方 »

舌小帯札幌から問い合わせ

「子供の舌癒着症を放置すると自閉症になるんですか?」という問い合わせを札幌の方からいただきました。

これは舌癒着症のセミナーをされている耳鼻咽喉科のグループの方がセミナーで話されていることです。

そもそも舌が癒着しているというのですが、舌小帯が短く舌の先端まで行っている場合が多く、舌全体ではありません。

それをオトガイ舌筋を1/3切るらしいのですが、下顎骨に付着している部分を切らなければただのオトガイ舌筋の断裂です。

そしてレーザーで切るようですが、切った傷をきちんと縫わないために癒着してしまい、硬くなって余計舌が動かなくなります。

一緒に上唇小帯もレーザーで切るようですが、痼になってしまいます。

話は戻りますが、舌小帯を切らないと自閉症になることはありません。

寧ろ、逆で自閉症、ダウン症のお子さんだけでなく、どのお子さんも舌小帯が短いんです。

だから心配はないのですが、お母さんとお話させていただいているとお母さん自身が舌小帯が短い話し方だったのでそれをお聞きしたところ、子供時代はよだれもひどかったようです。

遺伝しているためお子さんも舌小帯は短いかもしれない旨をお伝えしておきました。

« 富士ニュースの反響2 | トップページ | 最高の人生の終わり方 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ