« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

放射能汚染

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000009-kana-l14

放射能汚染は全国に広がっているという事かもしれません。

昨日は群馬県の川魚から高濃度のセシウムが検出された事で、利根川水系の飲料水にも含まれているということかもしれません。

所詮、除染なんていうのは水で流しただけでセシウム自体は無くなっていません。

瓦礫と一緒に焼却すれば空気中に拡散するだけです。

たとえ、フィルターでセシウムが取れてもその焼却灰は高濃度なので埋め立てる場所がありません。

セシウムの基準値は人が決めたことで真の値ではありません。

中学生が環境省の官僚に質問したように、「100%大丈夫なら大丈夫と言ってください。だめなら瓦礫焼却はやらないこと。」これに尽きる。

薬害エイズと同じく、後で厚生労働省が謝っても死んだ人は帰ってきません。

舌小帯切除は保険でできます

4月1日からの保険改正でも「舌小帯切除」は歯科では保険でできます。

安心してください。

窓口では富士市では赤ちゃんから中学生まで500円です。

3割負担でも2,000円ぐらいです。

耳鼻咽喉科や小児科では保険外の自費です。

歯科でもレーザーで切りますと保険外の自費です。

自費ですと10万円~15万円のようです。

集団指導

4月1日から保険点数改正の説明会が三島で午後6時半からありました。

第1部は厚生労働省の保険課の笹井技官からの改正の説明でした。

いつものように私には大した改正はありませんでした。

でも病院の口腔外科ではインプラントが保険診療できるようになりました。

インプラントを自費で行っているところでは大打撃でしょうね。

嫌われていた笹井技官が転勤になるようで、歯科医師会の保険部の先生も「嫌な奴だったけれどありがとう。」と訳の分からない挨拶がありました。

私は運が良かったのか拘わらなかったので全然分かりませんでした。

第2部は歯科医師会の保険部の説明。

途中退席。

会場が三島で新幹線で行っていたので早々と帰宅しました。

ココログ8年目突入

2005年3月28日に初めての記事を書き始めました。

あれから7年経っちゃいました。

3月1日に父が亡くなり、2日の通夜の日に経営塾の詳細が届き、金華堂の2階で読んでいました。

読書感想文やその他の宿題があり、結構大変だなあと思っていました。

それでも1年はやり遂げましたが、だんだん自己啓発セミナーみたくなったので辞めてしまいました。

よき思い出ですね。

瓦礫の広域処理院内集会

「瓦礫の広域処理院内集会」政府交渉②の中で中学生が質問に立ち、「瓦礫を広域で処理するにあたって、僕達の命100%、100%守る自信ありますか?それの回答をお願いします。できないのであればもう『大丈夫、大丈夫』というのは止めてください。大丈夫じゃあないんだったらそれだけでいいんです。ただ大丈夫と言って将来僕の子供が苦しんでいく僕が苦しむのが嫌なんです。」

環境省の回答は、「100%安全ですと今答えても将来の事ですから分からない事もあります。ただその中で目の前に廃棄物があります。いろんな方の意見もあります。私どもは精一杯やって行きたいと思っています。」でした。

そう大人たちが勝手に決めていることで子供達の事は全然考えていません。

これから何年かしたら直接被害に遭うのは子供たちです。

ごみ焼却場も5月になれば被災地で25基稼動するんですから広域処理する必要がありません。

阪神淡路大震災の時に3年で瓦礫処理したそうで、政府はそれを基準にしているようです。

政府は消費税引き上げの事ばかりやっていて復興には全然タッチしていないので、瓦礫を片付ける事で矛先を変えている気がします。

瓦礫を焼却するのではなく、まずは被災された方を町ごと引き受けることが必要だと思います。

例えば酪農農家であれば朝霧高原、農家の方であれば高齢で後継者のいない農地、漁師であれば船をというようなことを各自治体ではできないんでしょうか?

夜泣き

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000118-mai-soci

夜泣きの原因は体調不良、不快である、おなかが減った、オムツを替えて欲しい、眠いもそうかな。

今の紙オムツは吸水性がいいからそんなに不快ではないと思います。

お腹が減ったは舌小帯が短いと飲み込むことができないので、舌小帯切除する以外には方法はありません。

眠いはうまくバイオリズムが赤ちゃんはできないので変な時に寝て、夜寝れなくなります。

一番の原因は授乳障害かな。

舌小帯切除は歯科は保険でできます

小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科で舌小帯切除をされると保険外なので自費扱いになります。

またレーザーはやはり保険外なので自費になります。

都内では10万円かかるそうです。

歯科は「舌小帯異常」という病名で「小帯切離移動術」という処置名で保険診療ができます。

ただし、歯科でもレーザーを使うと自費になります。

費用は富士市の場合は赤ちゃんから中学生まで窓口で500円です。

大人では窓口で2,000円でできます。

レーザーは傷口を広げるだけなので余計癒着して舌が動けなくなります。

きちんと縫わないとダメです。

舌小帯切除無事終了

今日の舌小帯切除は授乳障害の赤ちゃんもいましたが無事終了しました。

また、最近は永久歯が生えてこない子供さんが多く、上顎第二大臼歯の向きを変えました。

それと上顎犬歯が高校生になっても生えてこなかったので、歯肉を切開して周りの歯槽骨を取ってやっと見えるようになりました。

それと上顎前歯の隙っ歯は上唇小帯が原因なので切除しました。

いろんなケースがあります。

次回は4月22日日曜日午前中です。

新幹線0系

新幹線の0系が吉原の公園に置かれています。

中も入れるようですが、ちょっとはずかしい。

子供の声が聞こえるので今度は朝早く行ってみます。

残念ながらもうずっと置かれているので塗装があっちこっち剥げています。

もう一度綺麗にな状態で見たいですね。Dsc02769

八十八夜

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=jdxKANsR6OU

NSP(ニュー・サディスティック・ピンク)の「八十八夜」です。

今年も新茶を飲みたいなあ。

やぶ北茶ピンチ!

富士市の震災瓦礫焼却を引き受けるように市議会も検討しているようです。

国の隠蔽にこれまで何度も騙されてきたのにまた同じことをやるようです。

環境省は現地での瓦礫処理は放射能を含んでいるため3年は検討するといっているのに、変な話。

これで富士市のやぶ北茶にセシウムが検出されたら、市長と市議が損害賠償に応じて欲しいです。

税金を使わず。

そういう責任を取ることをしないから福島の原発事故の責任所在も曖昧になっているんだと思います。

そう誰も責任を取っていません。

矯正治療のこだわり

ウチの場合は舌小帯切除を行う理由は4つ。

一つ目は、舌が下の前歯を裏側から押すために反対の噛み合せになっている場合。

二つ目は、舌が押すためにガチャガチャになっている場合です

三つ目は、摂食障害になっている場合で舌が喉の奥の方に動かなければ食べ物を飲み込むことができません。

四つ目は矯正後の後戻りです。

初めて来られたお母さんにこういうことを説明します。

これができないようでしたら矯正治療はお断りしています。

「遅くなってもいいから舌小帯を切らないでお願いします。」というお電話をいただきましたが、当然お断りしました。

もし舌小帯をそれから切ってもいいですと言われてきてもお断りします。

すいませんが、治療は信頼関係で行っていますから申し訳ありませんがダメです。

高原山の春

Dsc02733

勘助坂の途中から撮った富士山です。

Dsc02740

新東名高速道路は4月14日開通予定です。

もうすぐ新東名インターチェンジです。

Dsc02745

右が愛鷹山です。

Dsc02748

王子製紙の水力発電所の取水口です。

Dsc02751_2

高原山から見た我が家です。

真ん中の白い2階建ての鉄筋コンクリートの家です。

分かりますか?






平安時代の歯周病

Img007


病草子(平安時代)
  「息の臭い女」
  美人の女房が息が臭く、男や同輩の女房から避けられる。

Img009

病草子(平安時代)
  「歯のゆらぐ男」
ある男、歯が揺らぎ痛みはないが難儀する。

舌小帯広島講演

深夜に広島のfacebook友達が美味しそうなカキフライの写真を載せていまして、思わず“いいね!”をクリックしてしまいました。

急にカキフライが食べたくなったので、以前広島でセミナーを主催していただいた方に「セミナーを是非やって欲しい」とお願いしたところ、「井出さん、舌小帯のセミナーをやってみてはどうですか?」と言われ、すっかりその気になっちゃいました。

着ていく背広ってあったかなあとか、鞄はどうしようとか、いろいろ考え、無かったら御殿場アウトレットに行って揃えなくちゃあ。

なんて思っていたら、そこからビールが進んで気がついたら寝ていました。

本当にセミナーできたらいいなあ。

瓦礫の焼却は絶対にダメ!

http://www.youtube.com/watch?v=bSZzhBXLuLk&feature=player_detailpage

最初は瓦礫が復興の妨げになっていると聞き、何で全国の自治体が瓦礫を焼却してあげないんだろうと思っていました。

でも島田の試験焼却をテレビで見ていて、放射能が低いのを反対派にわざわざ見せているのがどうも不自然でした。

基準値以下でも放射能は放射能と思っていました。

に除染した土砂も処分できないわけですから。それでこのビデオを初めてみました。

ごいショックでした。

みなさんは昨年中にこのビデオを見ているかもしれませんが、もし見ていない方がいらっしゃたらシェアお願いします。

摂食

Img078

Img079Img080Img081










最高の人生の終わり方

http://www.tbs.co.jp/saikou-no-jinsei/report/

TBSのドラマ「最高の人生の終わり方」の富士山をバックに井原健人(反町隆史)が亡くなるシーンは岩本山みたいですね。

最近はドラマで富士市のロケが多いようです。

富士市のロケを誘致する会のツアーもあるようです。

参加してみたいけど土曜日の午前中なので無理です。

舌小帯札幌から問い合わせ

「子供の舌癒着症を放置すると自閉症になるんですか?」という問い合わせを札幌の方からいただきました。

これは舌癒着症のセミナーをされている耳鼻咽喉科のグループの方がセミナーで話されていることです。

そもそも舌が癒着しているというのですが、舌小帯が短く舌の先端まで行っている場合が多く、舌全体ではありません。

それをオトガイ舌筋を1/3切るらしいのですが、下顎骨に付着している部分を切らなければただのオトガイ舌筋の断裂です。

そしてレーザーで切るようですが、切った傷をきちんと縫わないために癒着してしまい、硬くなって余計舌が動かなくなります。

一緒に上唇小帯もレーザーで切るようですが、痼になってしまいます。

話は戻りますが、舌小帯を切らないと自閉症になることはありません。

寧ろ、逆で自閉症、ダウン症のお子さんだけでなく、どのお子さんも舌小帯が短いんです。

だから心配はないのですが、お母さんとお話させていただいているとお母さん自身が舌小帯が短い話し方だったのでそれをお聞きしたところ、子供時代はよだれもひどかったようです。

遺伝しているためお子さんも舌小帯は短いかもしれない旨をお伝えしておきました。

富士ニュースの反響2

昨日、お昼休みに叔母から電話がありました。

「褒めてやろうと思って。」ということでした。

日曜日の夜に従兄弟が「明邦が新聞に載っているよ!」というので叔母がみたそうです。

最初はなんか悪いことでもして載ったと思ったそうです。

それが舌小帯なんだらかんだらという内容。

とにかく内容はわからないけどえらいじゃんということだったらしい。

それで昼休みに電話してきたようです。

ウチにはよくわからない親戚がいます。

富士ニュースの反響

富士ニュースを読んで電話されてきた方は結局1人でした。

1歳9ヶ月のお子さんのお母さんで、発音を心配されていました。

私的には「舌小帯」というのがあるということを知って欲しかっただけですのでこのぐらいでよかったです。

矯正の方の後戻り防止のためが主なので、それ以外の方がいらっしゃると大変なことになるので一安心。

次は富士宮の方に知って欲しいので岳南朝日新聞社にお願いするつもりです。

その次は静岡新聞、SBSかな。

孤独死を防ぐには

孤独死が最近多くなっています。

理由は子供が親の面倒を見なかったり、兄弟、親戚の付き合いがなくなったり、近所付き合いもなくなっています。

元々、人間は一人では生きられません。

NHKでもやっていましたが、チンパンジーと違い子供が小さく生まれ、周りの助けがなければ生きていけない動物らしいです。

それが今では隣は誰住む人ぞで本当に知りません。

個人情報保護法案ができてもっと加速しています。

挨拶くらいしましょう。

やっぱ3世帯住まなくちゃあ!

舌小帯が富士ニュースに掲載

富士ニュースさんで舌小帯を紹介してもらいました。

これがゴールではなく、全国紙に載るように頑張ります。

そしてこれで悩んでいる人が一人でもいなくなることを祈ります。




出版実現セミナー

Dsc02728_2


明日、私の記事が富士ニュースに紹介されるので小冊子ぐらい用意しなくちゃと思い、「出版実現セミナー」に参加してきました。

本を出版するということは結構大変で、ちゃんと企画書を書かなければなりません。

私の場合、私の本を買ってくれる人は舌小帯が短くて悩んでいる人なのですが、中々それが分からない人が多いわけです。

ではどうすればいいかといいますと、「アトピー、アレルギー、睡眠時無呼吸症が治る」というキーワードなら売れそうと講師の先生にアドバイスいただきました。

実は、それをお聞きする前に、「ラーメンが啜れないひと」向きに企画書を書いたんですが、先生に、「ラーメンのすすれない人がその本を買いたいと思いますか?」と質問され、無理ということが分かりました。

それで、「舌ピアスを使った睡眠時無呼吸症の新しい治療」で企画書を先生に送ってみるつもりです。

企画書が通ったら本を書いてみます。

舌小帯の新聞取材

1月に名刺交換させていただいた富士ニュースの記者の方の取材をお昼休みに受けました。

舌小帯を結構熱く語らせていただいたのですが、記者さんが記事にするとどうなるのか楽しみです。

ただ日曜日掲載予定ですが、日曜日は大震災から1年経つので、その特集が組まれる可能性があります。

でも期待しています。

HP作成

ウチにはHPがしっかりしたものがありません。

なんか永遠のテーマみたい。

それで今日の午後お休みして東京に教わりに行きました。

新幹線は事故のため30分遅れて到着も30分遅れ。

JIMAの担当の方は親切で30分延長して詳しく教えてくださいました。

週末頑張ります。

スーパーマーケット閉店

昔から鷹岡地区にあったスーパーマーケットPが20日ぐらいで閉店するようです。

その噂を母から聞き、土曜日に母を連れて買い物に行ったところ、貼紙ははないし、いつもどおりの店内。

母に「本当に止めちゃうのかな?」と聞くと叔母がそういう風に言っていたそうです。

患者さんに聞いてみたところ、知らなかった方が多く、ひとりの方は知っていました。

もう日にちがないので、閉店セールとかないんでしょうかね?

これで鷹岡地区の方は買い物は厚原に行くしかありません。

歩いて結構ありますから大変ですね。

診察券

Img075mm

診察券が無くなってしまったため急遽お昼休みに作製しました。

くまのプーさんはウィラードソンさんに描いていただいたものです。

ディズニー関係は問題ないという話。

もう少し時間があったらもう一度丁寧に作ってみたいですね。

萌出遅延

舌小帯切除&上唇小帯切除を日曜日の午後初めてやったので疲れが取れません。

いつもは第4日曜日の午前中なんですが、今回は「新東名高速道路ラストチャンスウォーキング」に参加したため1週間ずれてしまいました。

というわけで今月25日日曜日にもう一度舌小帯&上唇小帯切除&萌出遅延手術を行います。

萌出遅延は8歳になっても6歳臼歯が生えてこないというものです。

今回は2人います。

とっても大変です。

舌小帯切除&上唇小帯切除無事終了

先週、「新東名高速道路ラストチャンスウォーキングツアー」に参加したため、今日に延期させていただきました。

水谷先生が午前中診療があったので、今回は午後の診療となりました。

舌小帯は静岡県中部から来られたお子さんで“よだれ”“お雑煮が食べられない”“錠剤が呑めない”症状でした。

上唇小帯は“正中離開”という隙っ歯でしたので、小帯切除後に前歯と前歯の間に入った小帯を撤去しました。

ここまでやらないと前歯は寄ってきません。

今月は3月25日にもう一度行います。

すごいぞ官僚!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000086-san-soci

この日本は全てお釈迦様の掌のようですね。

全ての事が官僚が支配している。

でもそこから脱却できない仕組みにしている。

このAIJのお金もきっと税金で補填されるんだろうね。

最近の矯正希望の方

最近来られる矯正の説明を聞きに来られるお母さんは、どうも他の歯医者と比較してくるので私もあまり熱心には勧めません。

はっきり言って来て欲しくないからです。

こういうお母さんは矯正装置を作ったら治ると思っている。

そうではなくて床矯正のように入れ歯タイプのものは子供さんがしなければ治らないんです。

そしてそれを親がチェックしないとダメなんです。

子供任せにしていてはダメです。

やらないで治らないとクレームをつけてくるのが分かっているから来てほしくありません。

仕舞いにはセカンドオピニオンなんて言いかねないです。

比較で来られるのは今度からお断りします。

それと説明をろくに聞いていないお母さんもお断りです。

夜間のライトはハイビームで

昨日の運転免許証の更新の時のDVDで夜間は対向車が眩しいが、ハイビームで運転することと説明していました。

確かに偶にハイビームで夜間運転している対向車がいます。

でもそういう時はパッシングしてハイビームになっていると知らせていました。

本当らしいです。

父の命日

今日は父の命日。

もう7年経ちます。

5年間膀胱癌の手術後の定期検査に毎月行っていたのに再発しているの見過ごした医者に対して怒りはあったが、仕方がなかった。

朝方息を引き取り、病室に入り父の体をふれるとまだ温かい。

認知症があったので中々病院に入院できず、それまで頻尿で昼夜を問わず5分毎にトイレに行っていて苦しかったと思う。

入院して2日目には意識がなかったので苦しまなかったのが幸いです。

情けないのですが、月日だけ経っていてまだ私は目標達成していません。

運転免許証の更新

運転免許証がゴールドになって2回目の更新です。

5年ぶりです。

前回は結構富士警察署は混んでいて、更新手続きに1時間ぐらいかかったので、今日は12時半に到着しました。

富士警察署に入る前にやはり私同様更新らしき人をひとり追い抜き、それでも整理番号が4番でした。

午後1時まで待ち、更新の書類をさっさと書き、戸惑っているお年寄りの方を追い抜き、視力検査は3番目になりました。

そしていつものようにビデオを観ていたら3番目に呼ばれ、更新料金と交通安全の寄付をして写真撮影。

できあがった写真をみていつものように変な顔。

まあ仕方ありません。

これでまた5年後です。

もう58歳です。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ