« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

部分入れ歯

部分入れ歯はこれ程面白いものはないです。

面白いというのは語弊ですが、結局最初の形に戻ります。

部分入れ歯はブリッジにできない部分に入れます。

人工の歯は3本~13本までを部分入れ歯、14本は総入れ歯になります。

部分入れ歯を保持即ち動かないようにするために残っている歯に求めます。

それにはワイヤーと鋳造(被せる歯と同じ方法)でクラスプ(鈎)を作ります。

ワイヤーは技工士が歯に沿わせて曲げますが所々歯とワイヤーに隙間が開きます。

鋳造はワックスで形を作ります。

鋳造鈎は歯にフィットしていますが、銀色が目立ちます。

両方とも前歯には不人気です。

1.それで考え出されたものは、列車の連結器みたいなもの。

アタッチメントと呼ばれるもので、鈎のかかる鈎歯を被せる歯にしてそこに連結器をつけ、部分入れ歯にクラスプをつけずに連結器をつけてジョイントさせます。

しかし連結部が折れてすぐに無くなりました。

2.Oリング

根っこに金属のポッチを付け、入れ歯にゴムリングを取り付けた義歯でしたが、ゴムリングが硫化して硬くなり、交換が大変なためダメになりました。

3.コーヌスクローネ

鈎を架ける歯を二重構造の内冠と外冠にして、まず内冠をセメントでつけて、外冠と入れ歯を一緒にして被せる歯ごと内冠の上に乗せて取り外しするものでした。

内冠のテーパー(傾斜角)が難しく、すぐ取れてしまったり、内冠が折れてしまってこれもダメになりました。

4.RPIクラスプ

レスト・隣接面板・Iバーでやりましたがこれもダメでした。

5.磁石を根っこに取り付ける。

残っている歯が1~4本あった場合に根っこの中に磁石を取り付け、入れ歯の方にも磁石を取り付ける義歯がでましたが、根っこが折れる事故が相次ぎこれもダメ。

6.ノンクラスプ(エステティック)

クラスプの代わりに弾力性のあるプラスチックで代用するんですが、長年使うとやはり変形してきて作り直さなければなりません。

結局、元のワイヤーかキャスト(鋳造)クラスプに戻ります。

鶏が先か卵が先か?

今から8年前に経営コンサルタントのセミナーで勧められいた予防にシフトしようと、院内改装したばかりの診療室の増築を考えていました。

それを歯科大学の後輩に相談したところ、「先輩、予防の患者さんがたくさん来て困ってからユニット(治療台)でも増築してもいいですが、見込みでやるのはヤバイですよ。」と言われ思い留まりました。

そこで開業して26年経った歯医者のアドバイスですが、代診をたくさん雇ってもひとりで診療しても可処分所得は殆ど変わりません

固定費のプレッシャーも無いので本当に気楽でいいですよ。

インプラントの事故原因

インプラントのトラブルが急増した背景にメーカーの甘い勧誘も原因のひとつです。

インプラント手術を行うには生理的食塩水を注水しながら行う専用ドリル、インプラント本体セットで200万円ぐらいするのかな?

それとできたらCT安くても1,000万円~2,000万円ぐらい。

すると7年リースで月25万前後になります。

毎月1本インプラントを打てば35万円なので十分ペイできます。

これで騙されてしまいます。

実際、毎月インプラントを打つ患者さんはいません。

歯科のメーカーはこれで売りつけます。

だからインプラント適応症例でないものまでインプラントを打ってしまいます。

これが事故の原因です。

春秋航空に学ぶ

春秋航空は佐賀空港に乗り入れしていますが、週2便です。

佐賀県としては週3便にしてもらいたいんですが、搭乗率が80%前後。

春秋航空は搭乗率90%でないと週3便乗り入れしないようです。

これは歯医者も同じ。

インプラントがダメだから予防やホワイトニングや入れ歯や矯正に力を入れるようにしようと思っても、ターゲットの患者さんがいないのに設備投資しても失敗します。

だからそういう治療をしたい患者さんが多くなってから、設備投資しないとマズイです。

これは私の歯科大学の後輩にも以前同じことを言われました。

53歳の誕生日

Dsc02724_4Dsc02725_3

2月26日は私の53歳の誕生日でした。

お昼休みにわざわざスタッフがケーキを買ってきてくれて、ロウソクに火をつけてスタンバッてくれていました。

照れくさかったですが、火を吹き消しました。

みんなありがとう。

新東名高速道路ラストチャンスウォークツアー

Dsc02718

418879_303469216382759_100001590480


新東名高速道路ラストチャンスウォークツアーに参加して、新富士インターチェンジから駿河湾沼津サービスエリアまで12km歩いてきました。

途中小雨もぱらつきましたが何とか天気が持ってくれました。

開通前に歩けたのはとてもラッキーでした。

今回は妻と義母と長男と三男の5人で参加しました。

もう2度と歩けないところですね。

英国王のスピーチ(日本語版)

http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

WOWOWで今日は「英国王のスピーチ」を日本語版でやっていまして、昨夜の英語版では海運大臣が「tongue tie」(舌小帯)というセリフで話していたのを日本語版では、「舌が短い」というセリフになっていました。

まだまだ舌小帯はメジャーではないですね。

英国王のスピーチ

http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

偶然、WOWOWの映画「英国王のスピーチ」を妻が観ていて、私も最後の方をちょっと観ていたら、「tongue tie」(舌小帯)というセリフが耳に入ってきました。

おおっ、真剣に観ていませんでしたがジョージ6世は人前であがってしまう「どもり」もあるんでしょうが、どうも舌小帯が短くて「滑舌」が悪いのかもしれません。

舌小帯が短いのは日本人だけではありません。

韓国では6歳ぐらいに英語の発音「L」と「R」の発音が言えないと舌小帯を切ります。

通常、「L」は「ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・・・・・」と発音すると舌先が上顎にリズミカルに付いています。

「消臭力」のミゲル君は舌先が下の前歯の裏側に付いたままの「R」の発音です。

アンテナを立てているとこういうのにも偶然当たります。

AIJ投資顧問

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00001207-yom-soci

10年前にも東京の酒造組合がファンドに預けた年金がパァになった事件があったと思います。

誰が考えたってこの不況に儲かるわけがないじゃあないですか。

224%なんてあり得ない。

預けたほうにも責任があります。

エステ

最近はエステでも歯のホワイトニングをやっているところが増えています。

逆に歯科で「プラセンタ」で胎盤から抽出した物質を注射やサプリメントや顔のマッサージに使っているようです。

また口の周りのシワをヒアルロン酸注射したりもしているようです。

口の周りはグレーゾーンで厚生労働省がしっかり分けていないのが原因です。

私がやっている舌小帯は歯科では保険適応でできますが、医科では保険点数がありません。

また歯科のレーザー切除は保険外ですし、傷口は癒着して硬くなり余計に舌を動かすことができなくなります。

ややこしいです。

食後すぐの歯磨きはNGむし歯予防の新常識?

http://www.nikkei.com/life/health/article/g=96958A96889DE1EAE5E3E6EBE4E2E3E2E2E0E0E2E3E085E3E1E2E2E3;p=9694E3E1E2EBE0E2E3E3E6E0E0EA

日経新聞の記事ですが、とても笑わせてくれます。

コーラが酸性で歯を溶かすんですって。

コーラは炭酸でPHはそんなに高くありません。

ビールも炭酸なので歯が溶ける?

写真を見れば分かるように歯の咬合面といって噛むところが減っています。

これは咬耗といって歯ぎしりで削れています。

現に歯の周りのエナメル質は溶けていません。

咬合面だけです。

もしコーラが原因なら前歯も溶けるはずです。

まだコーラで歯が溶けるなんて言っている教授ってある意味すごい。

こんな事はもう30年前から分かっていた事です。

コーラで無く歯ぎしりです。

矯正の問い合わせ

午前中、お子さんの床矯正のお値段の問い合わせの電話がありました。

代金を話させていただきましたが、最後にいつも言うのは、「矯正は値段ではないんです。いかにお子さんが床矯正を真面目につけるかどうかです。恐らく今通っている歯医者さんで矯正を勧められたかと思いますが、お子さんは床矯正の値段を聞いています。自分の親が安い値段の矯正を自分に入れるとおもうとどんな気持ちでしょうか?一生懸命治そうとは思わないと思います。」

今、歯医者は床矯正で稼ごうと躍起になっています。

型を取って、歯科技工士が作ればできます。

ある程度は治りますが、ワイヤーを巻かないとできない場合が多いです。

しかし、矯正の勉強をしてこないためにそれ以上のことはできません。

高額な治療費を請求し、治らなければ子供のせいにする。

そういう歯医者が増えています。

独立行政法人建築研究所

独立行政法人建築研究所が3億円で木造3階建ての校舎を立てて、それを燃やして燃焼実験見たいものをやっていました。

今時、木造の校舎3階建てなんて無いでしょ?

鉄筋コンクリートのはずです。

税金を無駄に使っていますね。

民主党の仕分けは本当にパフォーマンスだけでしたね。

井戸端会議

午前中、丁度近所のおばあさん達4人が待合室で一緒になり、30分位話し込んでいきました。

昔はこういう光景がよくありましたが今では殆どありません。

もっとお年寄りが気軽に会えるところがあればいいのにね。

4人のうちおひとりはひとり暮らしです。

息子さん家族は少し離れて棲んでいますが、心配じゃあないんでしょうか?

「絆」ですね。

孤独死

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120222-00016207-diamond-bus_all

親子3人の孤独死がかなり60歳代の方にショッキングになっているようです。

今の時代、子供が親と同居しないし、隣付き合いもないのでこういう結果になることは分かっていたはずです。

ましてや賃貸住宅の場合、亡くなってしまえば次に入る人がいないので家主にとっては大打撃です。

それでこういう保険が出たようですね。

ということはこういう孤独死は少なくないという事。

これからもっと増えていくんでしょうね。

親子の「絆」さえ忘れ去られています。

舌小帯(ぜつしょうたい)ってどうやって切るの?

「舌小帯(ぜつしょうたい)ってどうやって切るの?」

数年前に患者さんを装ってお昼休みにこういう電話がありました。

簡単に説明したところ、「実は市内の同業者なんですが、自分の患者さんが井出先生のところをインターネットで見つけて転医したいと言っているのでやり方を教えてください。」ということでした。

電話で説明しようがありませんでしたのでお断りしました。

その後そういう患者さんがいらっしゃらなかったのでその歯医者さんがやっちゃったと思います。

不幸な話です。

3平女子

平穏・平均年収・平凡な容姿。

結婚相手の条件に3平女子が増えているそうです。

今は結婚活動は就職活動なみに難しくなっているようです。

一番人気は公務員。

昔は医者、実業家なんかがトップだった気がします。

それに結婚活動にはコンピューター診断みたいなものが主流で、後は街コンだそうです。

それだけ今の若い人にはハードルが高くなっているようです。

原因は個人情報保護法案や核家族化でどこに誰が住んでいるのか分からなくなってしまっています。

昔のようにおせっかいおばさんが出てくれば解決するのに。

私も10年前に患者さんの娘さんを知り合いに紹介した事がありますが、ダメでしたっけ。

レントゲン検査

第 30 条の22 病院又は診療所の管理者は,放射線障害の発生するおそれのある場所について,診療を開始する前に1 回及び診療を開始した後にあっては1月を超えない期間ごとに1 回(第1 号に掲げる測定にあっては6 月を超えない期間ごとに1 回,第2 号に掲げる測定にあっては排水し,又は排気するつど(連続して排水し,又は廃棄する場合は,連続して)放射線の量及び放射性同位元素による汚染の状況を測定し,その結果に関する記録を5 年間保存しなければならない.

これが新たに義務付けられたので、これから保健所の立会い検査を受ける歯医者さんは検査装置を準備しておかなければならないかもしれません。

因みに富士宮医師会が購入したそうなのでレンタルできるという噂ですが、富士市歯科医師会に貸してくれるかは交渉次第でしょう。

保健所立ち入り検査

3年毎の保健所の立ち入り検査が午後ありました。

前回は感染予防チェックリストやスタッフミーティングが無かったところを指摘されましたので今回は準備万端でした。

それを掲示物が足りませんでした。

何回やっても緊張しますね。

保健所の方がとても親切な方でよかったです。

ぎっくり腰

朝、妻がバレンタインデーで私がもらったチョコレートをひとかけら食べたところ、むせて咳を連発したらぎっくり腰に見事なりました。

可笑しいやら痛いやらで本人は大変。

仕方ないので午前中は横になっていたんですが、運悪くパートのスタッフにお子さんの通っている小学校の担任の先生から「38.6℃の熱が出ているので迎えに来て欲しい。」という電話。

痛いのですが、妻にはお昼まで頑張ってもらいました。

午後は妻しかアシスタントがいないので午後5時までやり、私が通っているペインクリニックに連れて行って痛み止めを打ってもらう予定が、「足まで痛い。」なんて言うんで、神経ブロックに変更になってしまいました。

おかげで家に着いたのが午後7時半。

でも痛みが出てきたみたいですぐ寝てしまいました。

大変高いチョコでした。

腰痛&手の痛みに新技ついに劇的回復!

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120215.html

今夜のNHKのためしてガッテンはまさに私そのもの。

バネ指は昨年手術しましたが、原因は糖尿病。

納得しましたぁ!

右手中指の第一関節が曲がっているのはヘパーデン結節。

コレも納得。

腰痛はストレスが原因なんて信じていませんでしたが、

痛いという不安→安静→筋力低下、血行不良→脳の鎮痛低下に繋がるそうです。

治療は15分歩く事。

早速明日からためしてガッテン。

恋愛と結婚

http://www.tfm.co.jp/asemamire/

日曜日の午後11時からTOKYOFMで「鈴木敏夫ジブリ汗まみれ」という番組を偶然聞きましたというかいつもこの時間に車のガソリンを給油しにいっています。

この日は「夜這い」の文化の話をされていたり、戦時中は結婚はいつ死ぬか分からないので相手も知らかったとか、戦死した夫の弟と結婚したとかという話でした。

「恋愛」はトレンディドラマの見すぎで、離婚の原因のような事を言っていたように思います。

「結婚」は「恋愛」とは違い、お互いを補っていくような話だった気がします。

よく有名人の離婚の原因に「すれ違い」「価値観の違い」なんていうのがありますが、何十年も違う人生を歩んできたんだから違いがあるのは当たり前。

それを摺り合わせていくのが結婚なんだと思います。

私と妻は見合い結婚ですが、最近「似た者同士」に思えてきます。

この4月で結婚25年経ちますから。

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。

糖尿病の私にはマズイ日ですが、スタッフがチョコレートとアップルパイとチョコクッキーを焼いてきてくれました。

一部もとい殆ど食べちゃいました。

すぐ糖尿病の薬を飲まなくちゃあ。

これだから治らないのかもしれません。

空き家

ウチの周りは老人の街になっています。

家は建てたが子供達が大きくなってから一緒に住まなくなり、空き家が多いです。

リフォームをしても仕方ありませんし、一戸建て住宅もあまり人気がなく、固定資産税を払わなくていいアパート住まいが多くなっています。

結婚して子供が生まれれば部屋の多いアパートに移り、子供が高校卒業すればまた小さいアパートか市営住宅に入る。

逆に結婚しない人は親の家にそのまま住むようですが、家の修理なんてしません。

親もデイサービスや老人ホームに入れてしまいます。

自分の生まれ育った家はあまり愛着はないようです。

どこからか食い違ってきている世の中。

みんなもっと気付かないと。

チーム診療

先週のカンブリア宮殿で紹介された歯科医院のように最先端診療でマニュアル化された歯医者に治療してもらうのは果たして患者さんにはいいもんでしょうか?

昔、代診を私の歯科医院で雇った時に患者さんに、「なぜ私は井出先生に診てもらいたいのになぜその先生に診てもらわなければならないの?」と言われました。

信頼関係ができているので今更違う歯医者は嫌なんです。

病気やむし歯は最先端技術で治るのでなく、本当は「こころ」が必要です。

ビジネスと考えている限り先が見えているのかも。

ホイットニー・ヒューストン

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1329028029

ホイットニー・ヒューストンが亡くなった。

80'sのまた素晴らしいアーティストがいなくなった。

大ヒットしてもドラッグや派手な生活から抜けきらないのかもしれません。

もっとマネージメント会社がしっかりしていればよかったのに。

一昨年亡くなったマイケル・ジャクソンも同じ。

80'sのアーティスト頑張って!!!

果肉入りヨーグルト窒息死になる可能性

節分の時に豆を喉に詰まらせる事件が起きましたが、今度は果肉入りヨーグルトについているストローが太く、果肉も大きいいため窒息死になる可能性があります。

果肉が大きいとストローが太くても2個ぐらい重なると詰まります。

それを無理やり吸い込むと気管に誤飲してしまいます。

あまり話題になりませんがこの可能性があります。

ラーメンの啜れない人、錠剤を呑めない人は特に要注意です。

徳真会ってスゴイ!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

テレビ東京のカンブリア宮殿で全国で25軒の歯医者を経営している徳真会の松村先生が紹介されていました。

ここまでマニュアルがしっかりしているところは無いでしょう。

恐らく、歯科医師、スタッフにはかなり厳しいと思いますが、今の歯科医師にはこれぐらい厳しさがないと生き残れない感じがします。

でも患者さんとの信頼関係ができるかどうかは疑問です。

売り上げ重視にしていれば患者さんとは雑談はできない。

1分1秒無駄にできませんから。

研修時間が年間1,000時間といことは殆ど休みがないので問題にならないだろうか。

自主的にと松村先生がおっしゃっていたからクリアできるかも。

これだけスタッフが多くてもグループのマネジメント会社がやってくれるのは強み。

スタッフ全部は覚えられないかな?

当然年間80万人来る患者さんも覚えられないですね。

舌癒着症の問題点

舌癒着症は残念ながら日本医師会では認められていません。

事実、私の親戚に小児科医がいますが、「日本小児学会では舌小帯を切ることを禁止しています。」という返事をいただいた事があります。

そこまで拗れたのは、舌癒着症を唱える先生と日本医師会との間にトラブルがあったと聞きます。

それと助産院が新興宗教のように舌癒着症の手術を勧めるのも問題だと思います。

手術もレーザーでオトガイ舌筋1/3まで切るそうですが、見極めも難しいし、赤ちゃんは動きますから危険です。

そのためか以前舌癒着症の手術を受けて入院された方から相談を受けたり、レーザーで切って余計癒着して硬くなって舌が動かなくなったという方が私に相談されてきました。

そもそもオトガイ舌筋の真ん中で切ってもただの筋肉の断裂であって、舌の動きをよくするには筋肉が骨についている付着部を切らなければなりません。

レーザーで切ると傷口がパッカリと広がるだけで、本当の傷口の“癒着”になってしまい、余計舌が動かなくなります。

傷口の“癒着”を防止するには、しっかり縫わなければなりません。

私も昨年の暮れに脊柱管狭窄症の手術をしましたが、傷口はホッチキスでとめられていました。

ただし舌は根元に唾液が出る舌下小丘があるのでここを縫合するとガマ腫になってしまいます。

舌小帯も切りっぱなしではまた癒着してしまいます。

その後のリハビリが必要です。

もっと大事な事は舌癒着症ではなく「舌小帯異常」が正式病名です。

歯科では「舌小帯異常」病名で保険診療できます。

昔は富山県の桶谷さんという助産婦さんが舌小帯を赤ちゃんを取り上げた時にハサミで切っていたのが舌小帯切除の始まりでした。

近隣の方もアトピー、アレルギーも富山県の舌切り病院に行って切ってもらえば治るとされていました。

今の舌癒着症もこの当時のことをよく研究されればよかったのに残念です。

静岡県中部からの患者さん

静岡県中部からまた矯正患者さんがいらっしゃいました。

今回は妻の知り合い関係です。

2人とも反対咬合になっていました。

当然、口呼吸と舌小帯短縮症です。

2人とも赤ちゃんの時によだれはひどくなかったそうですが、叔父さんはよだれと滑舌が悪いそうです。

明日また静岡県中部から患者さんがみえます。

インフルエンザウィルスはどこから来るの?

インフルエンザウィルスが毎年型を変えて蔓延するが、誰もどこから来るのか分からないようです。

でも2009年の豚インフルエンザはメキシコのエドガー・ヘルナンデスくん5歳が最初の発症者らしいです。

なぜ日本のインフルエンザは最初の患者さんを特定できないんでしょうか?

一説だとインフルエンザウィルスは夏になると変異するという説もあるが怪しい。

それに2009年は4月頃までインフルエンザが蔓延していました。

鳥インフルエンザと同じく渡り鳥?

ワクチンを作るより先に発祥地を特定する事が予防の早道。

とくダネ!「インフルエンザ予防に口腔ケア」は間違い!

とくダネ!で「インフルエンザ予防に口腔ケア」は間違いです。

口の中は常在細菌といってバイ菌のバリアになっています。

それを除去してしまったらもっとインフルエンザウィルスが口の中に入ってきます。

そもそも細菌とウィルスを同じものと考えている事が間違いの元です。

インフルエンザウィルスは飛沫感染なのでマスクをしていれば防止できます。

対面で話すから飛沫感染するんです。

それさえ止めればインフルエンザに感染しません。

そもそもインフルエンザは口呼吸が原因で飛沫感染するわけですから日頃から鼻呼吸にするように家庭で気をつけなければなりません。

もっと言えば、インフルエンザウィルスはどこが発祥地か究明しなければならないです。

毎年型が違うインフルエンザウィルスがよくまあ出てきますよね。

増患セミナー

増患セミナーの案内がきました。

こういうものに速攻効果はあり得ません。

徐々に口コミで広がるしかないんです。

ネットで書き込みしても今は誰も信用しません。

じゃあどうするのか?

“儲かる話は人には教えない”

自分で発見するしかありません。

教えられてできるものではありません。

床のワックスがけ

Dsc02712

3年ぶりに診療室と待合室の床のワックスがけをしていただきました。

3年前はスタッフがいなくて毎日が大変な時期だったと思います。

でも今は人に恵まれて私もストレスがありません。

この業者さんは大変忙しく本当は昨年の暮れにお願いしたんですが、やっと今日になりました。

また来年の今頃お願いするかもしれません。

それまでコマ目にきれいに掃除をします。

テニススクール復帰

腰痛と手の痺れのためにお休みしていたテニススクールに復帰しました。

まだ股関節の痛みと太腿の重い感じと脹脛と足の裏のが攣っている状態で、テニスより歩いたほうがいいんですが、テニスをやってきました。

といっても4ヶ月ぶりでスクールの課題にはついていけません。

所々休みながらやってみました。

案の定、途中で右足が動かなくなり、手打ちになります。

コーチからアドバイスを受けますが、思うように打てません。

ダブルスのミニゲームでは立っているだけ。

他の方に迷惑をかけっぱなしです。

何とかスクールは最後までできましたが、あっちこっち痛みがでています。

徐々に慣らしていくしかなさそうです。

手の痺れ

一昨年から両手の痺れが気になり、昨年は左手の中指のバネ指の手術をしました。

しかし、左手中指の第二関節の腱鞘炎は治りません。

今も左手は強く握る事ができません。

右手は親指と人差し指の間の合谷(ごうこく)の痛みと腫れは中国整体のおかげで治りましたが、人差し指と中指の腱鞘炎と薬指と小指の肘部管症候群は治りません。

肘の手術も考えたんですが、もしかすると4度の追突事故の影響で脊柱管狭窄症に腰同様なっていると思い、今日首のMRIを撮ってもらいました。

結果は頚椎には異常なし。

結局、糖尿病の腱鞘炎じゃあないかという診断になりました。

血糖値をコントロールして体重を落とせば治るかもという事でした。

頑張ります。

節分の豆の誤飲

節分の豆を気管に詰まらせた子供さんのニュースをやっていました。

今の子供さんは殆ど摂食障害なので仕方ありません。

まずは咽頭に食べたものを舌で持っていくんですが、舌小帯が短いのでもっていけません。

舌は後にいくと舌の根元にある咽頭蓋が気管を蓋をして食道に噛んだものが入っていきます。

その際には口を閉じているし、軟口蓋を舌が押して鼻からの空気を遮断します。

こういう一連の動作ができないことを摂食障害といいます。

だから豆を錠剤と一緒の感覚で噛むのではなく、飲んでしまい気管に入るわけです。

こんにゃくゼリーと一緒です。

よだれ

最近は“よだれ”で来院されるお子さんが増えています。

“よだれ”は舌小帯が短いため嚥下する事ができないために口から出てしまう現象です。

赤ちゃんの時は当然、“授乳障害”になっています。

それに“構音障害”(カ行・サ行・タ行・ラ行)でうまく話せません。

こういうことも舌小帯短縮症が原因です。

早めにご相談ください。

新東名ウォーキング

Img072a

4月14日開通前の最後のウォーキング。

早速、申し込んじゃいました。

でも12kmは片道かも?

往復24kmはちょっとキツイかな?

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ