« 赤ちゃんの夜泣き | トップページ | 夜泣きによる虐待 »

どんどん焼き

Dsc02690

「どんどんやきゃあ14日、サルのけつはまっかっか。」

昔は小正月の14日に正月の正月のお飾りや神札(おふだ)やだるまを田んぼに集めて燃やし、焼いた団子を食べると病気をしない・虫歯にならないといわれていました。

また、燃やした書初(かきぞめ)の紙が高く舞い上がると習字が上手になり勉強もできるようになるなどともいわれていました。

その他にも、1年中の身体健康・無病息災・家内安全・五穀豊穣などを祈願しているそうです。

「正月飾り」を燃やすという行為から、神様を空に送る、つまり「正月の神様」が空に帰っていくということのようです。

でも最近はお年寄りの家が増え、正月飾りもしないお宅も増えたので燃やすのは少しになり、火事の心配もあるので公会堂のグランドに穴を小さく堀り、その中でどんどん焼きをします。

昔は団子はアルミ箔を巻かなかったので焦げて、刺した棒から落ちる事がありましたが、今ではありません。

以前は、門松の竹をどんどんや焼きに出しても燃してくれたんですが、ウチの門松の竹は太いので前々区長さんは燃さないでご自分のお墓の花立てに使ってくれていました。

しかし、今は燃せないのでノコギリで小さく切って紐で結んで燃えるゴミに出さなければならので夕方実行しました。

1年ぶりで、結構腰に負担がきて痛くなりましたが、何とか今年も無事終了。

これが終わるとやっと新年が明けた気がします。

さあ、頑張りましょう。

« 赤ちゃんの夜泣き | トップページ | 夜泣きによる虐待 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ