« どんどん焼き | トップページ | 家の解体 »

夜泣きによる虐待

先々週参加したセミナーの懇親会の席で、IT関係でバリバリやられていた女性の方が結婚して子供が生まれた時に「この子さえいなければ私はもっと仕事ができたはず!」と言われていたという話を聞きました。

そして今日、赤ちゃんが懐かないのを理由に頭を揺らして虐待していたお父さんが逮捕されました。

それ以外にもかなり虐待する親御さんが増えています。

その原因のひとつにもしかすると夜泣きがあるかもしれません。

赤ちゃんは話す事ができないわけですからお母さんにも泣く原因が分かりません。

夜泣きの原因とされる、お腹が空いた、オムツが気持ち悪い、汗をかいた、体がかゆい 、熱い・寒いというような不快な原因をなるべくとってあげても泣いている場合はおっぱいが上手く飲めない場合があります。

体重増加が少ない時は、お母さんのお乳が張って赤ちゃんが上手く飲んでくれない場合があり、上手く飲めない原因の一つに舌の裏側のスジが短い場合が多いです。

これを舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)といいます。

この舌のスジが短いとおっぱいの吸い付きが悪いです。

赤ちゃんが泣いている時に口の中を見てください。

舌先が下顎にくっついている場合は“舌小帯短縮症”です。

これを切ってあげるだけで夜泣きがなくなる場合があります。

« どんどん焼き | トップページ | 家の解体 »

「育児」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ