« 歯医者のチラシ5 | トップページ | 舌小帯切除(中国)の場合 »

舌小帯切除(韓国)の場合

舌小帯切除は韓国は積極的です。

お受験もそうなんですが、英語の発音特に“L”と“R”の発音に気を使っています。

そういう映画もあります。

http://cinemakorea.org/mosianata/index2.html

神秘的な英語の国

1999年の冬、ソウルにある名門英語幼稚園でクリスマス会が開かれている。

6歳のジョンウは両親の期待にこたえ、英語の発表会で上手に歌っている。

だが、ジョンウの母親は少しがっかりしたようだ。

息子の発音が他のネイティブの子どもほど完璧ではなかったからだ。

それから3年後、ジョンウは小児歯科の手術台の上に横たわっていた。

痛みは避けられないが、RとLの発音が上手になるよう手術が行われた。

母親が期待したようにジョンウの未来は輝かしく、素晴らしいものになるのだろうか?

« 歯医者のチラシ5 | トップページ | 舌小帯切除(中国)の場合 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ