« タモリ倶楽部の八重歯 | トップページ | 歯医者のチラシ2 »

睡眠時無呼吸症の井出歯科オリジナル治療

睡眠時無呼吸症の治療は今まではCPAP(鼻から空気チューブを入れる)とスリープスプリントしかなく、外科的には顎を切断して前に移動する手術があります。

この3年間でウチでは舌小帯切除、タングスプリント、ネルネル、ブリーズライト、パタカラを併用した治療を行ってきました。

この術式は日本睡眠学会の外木先生にも方向性は間違っていないとお返事をいただきました。

そこで新しい試みで上顎の口蓋にマグネット付きインプラントを打ち、舌はマグネット付きピアスを装着すれば舌が落ちて気道を塞ぐ事がありません。

ただ問題は舌ピアスのことを全然私が知らないことです。

舌ピアス勉強します。

« タモリ倶楽部の八重歯 | トップページ | 歯医者のチラシ2 »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ