« facebook復帰 | トップページ | おしゃぶり »

ゆびしゃぶり(母子口腔保健指導の手引き:静岡県歯科医師会監修)

Img022

『1~2歳頃までのゆびしゃぶりは生理的な行為と考えられ、おしゃべりや遊びが活発になると、自然にゆびしゃぶりも減ってきます。

ゆびしゃぶりの歯並びや噛み合わせの影響は、奥歯の生えそろう3歳頃から現われ、4歳~5歳まで続くと出っ歯(上顎前突)や開咬、交叉咬合などの不正がみられるようになります。

しゃぶる指や時間、強さによっても歯並びへの影響は異なりますが、4歳までにゆびしゃぶりをやめれば改善する可能性があります。

ゆびしゃぶりをやめさせるためには、子供がゆびしゃぶりをやめれない状況(発達状況や生活環境の面で)を子供の身になって考え、対応を選んでいく必要があります。

無理にやめさせようとして、うるさく指摘したり叱ったりすると、ますます癖がひどくなったり、爪かみやチックなどといった更に根強い癖に移行することもあります。

まずは、子供が頑張っている事を認め、たくさん褒めたり、甘えさせてあげる事で、自然にゆびしゃぶりの頻度は減っていくことでしょう。

母親ばかりでなく、父親や祖父母など周囲の人たちの協力が望まれます。

その上で、ゆびしゃぶりが歯並びに悪い影響をもたらすことを子供の分かる言葉で理解させ、自分で止めようという気持ちを持たせてあげる事も大切です。

この部分については保育園、幼稚園やかかりつけ歯科医院で子供に伝える事が望ましいと思われます。』

公式にこういう文章があるので今更「ゆびしゃぶりは鼻呼吸にいいです」なんて言っても誰も信用しません。

ですがこのために「アレルギー・アトピー・誤飲・ラーメンを啜れない」という事が起きているのでマスコミに取り上げてもらう必要があります。

このイラストはウチの受付さんにお願いして書いてもらったものです。

« facebook復帰 | トップページ | おしゃぶり »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ