« 待合室の雑誌 | トップページ | 富士市・富士宮市 矯正いつから始めるの? »

富士市 フッ素塗布

富士市の場合、フッ素塗布は1歳半検診で歯科検診が終わったお子さんから希望者のみ歯科衛生士がフッ素塗布しています。
そこでフッ素塗布を定期的に歯医者さんでやってもらうように指導されます。
フッ素は歯の表面のエナメル質のハイドロキシアパタイトをハイドロキシフルオロアパタイトに代えてむし歯の酸に強い構造にするそうです。(机上の理論です)
ただフッ素には毒性があり、濃度が難しいかな。
水道水に入れてむし歯予防している国もあります。
しかし、フッ素の濃度が高いと“班状歯”といって色も白くボソボソの歯になります。
この歯はむし歯になりにくいことからフッ素塗布が始まったわけです。
そしてフッ素はコーティング剤ではないので膜が出来ているわけではありません。
フッ素塗布はあまり信用せず、歯医者に定期的に検診に行ってください。
お茶にはフッ素が入っているので、昔の人のように食後はお茶を飲むようにすれば、フッ素塗布を歯医者でしなくても十分虫歯予防になります。
問い合わせ 井出歯科医院 0545-71-5725

« 待合室の雑誌 | トップページ | 富士市・富士宮市 矯正いつから始めるの? »

「歯科」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ