« テニスプレーヤーの滑舌の悪さ | トップページ | 脊柱管狭窄症の手術決定 »

浅田真央さんの歯並び

明日からグランプリ・ファイナル・ロシア大会で、浅田真央さんの特集でちょっと気付いた事があります。

笑った時に奥歯まで見えていることです。

アメリカ人は口が大きいせいか奥歯まで見えます。

所謂、ハリウッドスマイルです。

浅田真央さんは顔がほっそりした卵型。

それで奥歯まで見えるということは、歯列がV字になっている可能性があります。

これはどうしてなるかと言いますと、口呼吸が原因です。

口呼吸になっていると、口輪筋という口の周りの筋肉が弱くなり、頬筋という頬の筋肉が奥歯全体を内側に押し込んでV字歯列弓にしてしまいます。

口呼吸で口蓋が深くなり、誤飲しやすくなり、アレルギーもでやすくなります。

早いうちに口呼吸と矯正の拡大床で拡げないとまずいかも。

あくまでこれは私がテレビの画面から観た想像ですが。

« テニスプレーヤーの滑舌の悪さ | トップページ | 脊柱管狭窄症の手術決定 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ