« 歯科医院のグループ化 | トップページ | 中嶋茂夫さんウチに »

中田翔はメニエル症候群

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000034-dal-base

症状からするとメニエル症候群でしょうね。

歯の治療をしたりすると噛みあわせが変わってしまい、顎関節に炎症を起こします。

顎関節に近い三半規管に影響すると思われます。

私も大学時代に近所の歯科大学の先輩のところで2日間で16本アマルガムを詰められてしまい、夏休み明けに右耳付近に痛みが出てきて耳鼻科に直行。

外耳炎ではないということでした。

それから暫くして、学食であんかけ焼きそばを食べていたら急に口を閉じる事が出来なくなりました。

その後もマクドナルドの時間が経ったポテトを食べると口を閉じる事ができなくなりました。

どうもあんかけや焼きそばやポテトのしなったのみたくグニャとした食感のものを食べる時にこういう現象が起こることがわかりました。

それから授業で「顎関節症」講義で三大特徴「痛み、開口障害、クリック音」で自分の症状と一致しました。

その後実習で同級生にアマルガムをやり直ししたりしましたが顎関節症の症状はでませんでした。

そして開業して5年ぐらいして、突然朝めまいと吐き気が来て寝てもダメ、吐いても吐くものがないという症状に襲われました。

しかし、午後になると症状は消えました。

そしてまた忘れかけた5年後に同じ症状に襲われ、脳研でMRIも撮りましたが異常なし。

「メニエル症候群」と自分で判断して自分の歯型をとり、マウスピースを上顎だけ作りました。

するとウソ見たくその後症状がでません。

« 歯科医院のグループ化 | トップページ | 中嶋茂夫さんウチに »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ