« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

今年の保険協議会

今年も学校医をしている小学校から保険協議会のお誘いを受けました。

当然出席です。

今年は小児科、眼科、内科の先生が欠席で、耳鼻咽喉科の先生が出席されていました。

この先生のところに以前耳の中がコロコロしている耳垢を取ってもらいに受診していました。

アレルギーや花粉症や扁桃腺で話がダブルと思いました。

先に私に話が振られてきましたので、舌小帯と口呼吸とアレルギーの話をマシンガンのように話し始めました。

そこで花粉症の話を耳鼻咽喉科の先生に持っていかれました。

先生はアレルギーはハウスダストやダニが原因という話。

花粉症は将来スギ花粉エキスを舌の下に入れて溶かす方式になるということ、花粉症の季節の前に薬を飲まなければならないような話をされていました。

舌小帯は医師会では切る必要が無い事も話されました。

そしてここから私の持論を話し始め時間一杯話しました。

今度の保健室だよりが楽しみですね。

コブクロの発声時頚部ジストニア2

コブクロの発声時頚部ジストニアは全然詳しくないのですが、歌っている時に舌がまき舌になっている発音です。

浜崎あゆみさん、桑田圭佑さんも舌小帯が短いと思います。

必ず不定愁訴がもれなくついてきています。

舌小帯が短いと寝ている時に舌が気道を塞ぎ、睡眠時無呼吸症になります。

また舌が舌小帯が短いために動けず、巨大になってしまっています。

それが寝ている時に首や脳を圧迫するためにこういう症状がでているとおもいます。

是非拝見させてもらえるといいなあ。

コブクロの発声時頚部ジストニア

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000324-oric-ent

筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動や肢位、姿勢の異常が生じる状態をいうそうです。

ゴルフのパッティングの時のイップスと同じらしい。

でも今回のは舌小帯(ぜつしょうたい)短縮症によるものかもしれません。

一度拝見したいです。

舌小帯&上唇小帯&萌出遅延終了

舌小帯と上唇小帯と萌出遅延(中学生になっても永久歯が生えてこない)の手術を終了しました。

歯が生えてこないお子さんが最近多いです。

それに伴って6歳臼歯や12歳臼歯が斜めに生えて手前の歯に食い込んでいるケースもあります。

おかしいなと思ったらご相談ください。

次回は9月25日日曜日午前中です。

鷹岡まつり

Dsc02434v 今年の鷹岡まつりはウチの下の空き地がミニストップになってしまったため、お神輿の休憩所にウチの駐車場を使ってもらいました。

休憩所なのでビールやジュースぐらいは出さないとと思い、人数を聞いてビックリ。

100人。

えーっ、そんないるんだ。

ウチに来る時間は5時47分と聞いたので1時間ぐらい前の5時に早めの夕食をとって、準備万端でいると「ドコドコ」と太鼓の音がしてきました。

「鬼太鼓(おんでこざ)の太鼓の音じゃあないの?」と妻に言って表に出るとそこにはお神輿の先頭が見えました。

えらいこっちゃっ。

急いで氷に浸けておいたビールとジュースを出すんですが、間に合いません。

それでもギリギリ間に合いました。

みんな礼儀正しく、ごみ一つ落ちていません。

来年はもうちょっと料理も出そう。

豪雨

昨日は富士市で262mmとスゴイ大雨。

今夜はまたスゴイ豪雨。

富士市は長時間の大雨は降らないはずなのに。

潤井川は河川の氾濫というのは今までありません。

うまく調整されています。

でも東の中里は昔は沼だったせいか冠水したようです。

今年は天気もおかしい。

詐欺商法

全然マスコミで話題になりませんが、今年になって何回か次男に非通知で電話がかかってきます。

同級生を装って、若い女性だったり、男性だったりです。

次男がいないと告げると電話を切ったり、妻が出た時に「いつの同級生の方?」と聞くと、「静岡の」と答え、「同級生なら携帯知らないの?」と聞くとすぐ切ってしまっていました。

それが今夜も非通知で電話がかかってきて、次男に私がなりきって聞くと、男性の声で「ちょっとお待ちください。」と保留になってすぐ女性の声で「大阪しかない宝石のお店のへリックスと言います。」と話してきたので「興味が無いので切ります。」と私が言って電話を切りました。

結局、宝石を買わせる詐欺のようです。

女の子を餌にして買わせるんだろうね。

小沢一郎今しかない

今度の民主党の代表戦がラストチャンスかな。

前原さんだって外国人献金問題をかかえているのに外務大臣を辞めただけ、菅さんも同じ。

だったら党員資格停止なんていうのもなんのその。

出馬しなきゃあ。

何度小沢さんは冷や飯食わされているの?

今度も代表戦の時だけで、後はまた隅に追いやられるのは分かりそうなもの。

小沢さん本人が出なくちゃダメ。

舌小帯の問い合わせ

久しぶりに関西から舌小帯の問い合わせのお電話がありました。

高校生の子供さんのようです。

今月は無理なので来月予約をとっていただきました。

変な矯正専門医

小学校6年から矯正専門医にかかっているのに4年間矯正治療を全然してくれない中学生のお子さんがいらっしゃいました。

乳歯がまだ残っていますが、レントゲンで永久歯は確認しました。

なぜ?

なんかなぞなぞみたくて不思議でした。

とにかく急いで治療しなくちゃあ!

韓流ドラマ「ドリームハイ」最終回

韓流ドラマの「ドリームハイ」が最終回でした。

これは12話サムドンが耳が聞こえなくなり、ショーケースで歌うのだが、半音低くなっている。

それをヘミが客席から合図して半音上げさせてリズムを取り何とか凌ぐ。

サムドンがヘミのことを「農薬みたいな女」と言っているところが面白い。

韓国のドラマは結構面白いですね。

この前の「カムバックマドンナ」も良かったですね。

タイ生命保険のCM

facebookで紹介されていたコマーシャル。

結構泣かせます。

75円台

とうとう75円台に突入。

株もFXに関係ない私でもどうなるのか不安です。

60円台になるという噂も聞きます。

日本の対アメリカ貿易黒字は懐かしい話です。

そろそろ日本は鎖国して自給自足の生活に戻るのが一番かも。

世界中の高齢化も原因らしいが、日本の年金制度のように若い人に働いてもらって年金を年寄りが貰う制度は所詮無理な話。

国民から集めた金で株や国債買っても仕方ありません。

全員が儲かるわけでないから。

じゃあどうするのか?

昔の三世帯、四世帯の大所帯に戻る事。

これが危機を救う近道。

アメリカからきた核家族化が悪い。

DINKSもアメリカから来ましたね。

アメリカ社会のマネは止めましょう。

輸入ビジネス

輸入ビジネスの塾の無料モニター募集があった。

昔、個人輸入をしたことがあったので興味はありました。

どんな人が選ばれるのか興味があったので、他の方の自己PRを読んでみました。

様々な人がアピールしていました。

そして選ばれた方のPRを読みました。

あまり基準が分かりませんが文章力かもしれません。

でも儲かる話は人には教えない。

最後はこれですね。

原発マネー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110819-00000010-mai-soci

原発マネーが2兆円を超えている。

原発のある自治体は福島のことがあるのでこのお金は使ってはダメと言う事。

このお金も使って、原発事故があってまた補償金も貰うのはどんなもんでしょうか?

浜岡原発も地元の人が中部電力に5号機、6号機を作ってくれと直訴に行ったということも聞きます。

ちょっと変です。

お盆休み

先月、整形外科の穴吹先生が「先にバネ指手術する?」と聞かれ、二つ返事で「お願いします。」といいました。

「木曜日に西島病院の先生が来るので予約してって。」と言われ、勝手に穴吹整形で手術してくれるものと思い込み、お盆休み前の11日に予約しました。

当日覚悟をきめて人生初の手術。

うん、待てよ。

手術同意書なんて書いていないし、その先生にも一度も診てもらっていない。

こんなんで手術するわけないな。

案の定、その日は診察で終わりで15日月曜日に西島病院で手術が決まりました。

ということで16日はお盆休み明けで私の方は診療。

午前中は包帯を巻いての診療。

お昼前に西島病院で包帯を取り、絆創膏に。

左手中指を見ると結構腫れている。

結局、お休みは取れず仕舞い。

どっかで休み取りたい。

バネ指手術

Dsc02433d

昨年からバネ指になってしまった左手中指。

カクッ、カクッしていました。

中指の根元が痛くてたまりませんでした。

曲げると痛くて、握力が測定できません。

右手は尺骨神経麻痺、腰は脊柱管狭窄症。

全身ダメです。

12月22日に脊柱管狭窄症の手術をする事にしましたので、右手の尺骨神経麻痺の手術も9月か10月に行う予定です。

これで良くなれば来年からはバリバリできますね。

ちびまるこちゃんのおヨネばあさん

藤木君がハマジと待ち合わせをして2時間経って、雨も降り帰ろうかどうしようか迷っている時に、通りかかったおヨネばあさんが藤木君に友達を信じて待つような事を言ったかな?

そこへひでじいの見舞いに行っていたハマジが来て藤木は泣きながらハマジと肩を組んで帰る。

今、こういうお節介おばさんがいません。

さくらももこの時代はいたんですね。

この時代に携帯があれば藤木はこんな思いをしなかったと思いますが、友達の事を考えるには携帯が無くてよかったかもしれません。

脊柱管狭窄症手術

穴吹整形外科に今日行って来ましたが、保存療法(薬)であまり効果がないことを穴吹先生に告げると、「じゃあ、手術しますか?」と言われました。

えーーっ、本当に?

手術は12月22日木曜日。

手術は20分くらい。

入院は1週間。

確かにこのままより手術をしてもらった方がいいんですが、年末診療できないじゃん。

うーーーん、ちょっと考えよう。

金の高騰

歯科の保険の銀歯は金・銀・パラジウム合金です。

前回はレアメタルのパラジウムでした。

それが今回は金。

おかげで歯科用金属もどんどん値上がっていきます。

保険の点数はすぐには反映されませんから歯医者は大変です。

意味の無いマネーゲームそろそろ止めませんか?

昔の鎖国みたくしてはどうでしょう?

こんにゃくゼリー窒息2

消費者庁の発表では何処の製品なのかは発表しませんでした。

こんにゃくゼリーの大きさばかり論点になっていますが、実は口蓋と舌の問題を無視されています。

老人の誤飲事件も実は口蓋と舌の問題なんです。

それを解決しない限り、こんにゃくゼリーの大きさ云々では事件の解決になりません。

ラーメンをすすれないのと同じ原理です。

こんにゃくゼリー窒息

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000108-jij-soci

口呼吸をしている人にこんにゃくゼリーを食べさせるのは自殺行為です。

なぜ口呼吸していると窒息死するかと言いますと、口呼吸で口蓋が陰圧深くなり、本来舌が誤飲しないように口蓋との間にブロックしているんですが、舌小帯も短いために隙間が開いているので喉の奥にすっぽり入ってしまい窒息します。

こういう方は当然ラーメンもすすれません。

では何故口呼吸に成るかと言いますと、ゆびしゃぶり、おしゃぶりを出っ歯になるからという理由で止めさせてしまったことが原因です。

ゆびしゃぶり、おしゃぶりをしていれば自然に鼻呼吸になったんです。

それを歯科医師会が止めさせてしまったことが原因です。

しっかりゆびしゃぶり、おしゃぶりをさせれば防げたのに残念です。

盆休み

今週の土曜日からお盆休みを3日取ります。

木曜日にバネ指の手術を受けるのでお休みになります。

その代わりに金曜日に診療します。

バネ指は左の中指なので診療に差し支えないかな?

どういう手術か見当がつかないので大変かも。

右手のバネ指は年末に予定しています。

細野豪志時事講演会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110807-00000019-jij-pol

三島で午後2時から行われる細野豪志の時事講演会を聞くために新幹線で行ったんですが、会場が人で一杯で帰ってきてしまいました。

というか、持物検査や飛行機の搭乗はあるまいし、金属探知機まで用意して人を割いているので、会場案内がゼロに等しい。

会場案内はお互いに話し込んでいるし、「2階に行って下さい。」と言われたので2階に行けばこれまた一杯。

帰り際に座っていない座席を見ると紙と鉛筆らしきものが乗っていました。

そんなとこに置いていれば空いているんだかどうなのか分かりやしない。

坐骨神経痛なので立ち見はできないのでさっさと帰ってきました。

facebookのイベントで申し込んだんですが、イベントをfacebookに載せた人はいないし、散々でした。

もう2度と行きません。

蕎麦と日本酒の会

お蕎麦を食べによく行くんですが、メニューによく日本酒があります。

運転手なので残念ながら飲めません。

何故、お蕎麦屋さんにはビールではなく日本酒?

酒を軽く飲んで、締めに蕎麦を食べてさっと帰るというのが、江戸っ子の粋だったようです。

酒のツマミは、焼き海苔・板わさ・焼き味噌などのあまり時間の掛からない物だったようです。

日本酒は高砂、富士錦、菊姫の生酒でとてもフルーティであまり日本酒を飲まない私でもくいくい飲めました。

最後に蕎麦が出てきましたが、本当に美味しかったです。

日本酒も蕎麦も両方美味しかったですが、参加者の方々が主催者の酒屋さんの常連客で、昔の話も聞けてよかったです。

次回も参加予定です。

松田直樹選手

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000083-mai-socc

川口能活選手が横浜Fマリノス時代、新横浜国際競技場に応援に行った帰りに川口選手のお父さん車に帰りに乗せていってもらうとき、駐車場であれが松田選手の黒のベンツGクラスを教えていただきました。

当時は羨ましいなあと思っていました。

ご冥福をお祈りします。

しかしあれからチーム数が増えてしまい、経済的に大変なチームができてしまいました。

なでしこのそうですね。

新潟のようにバスケットも同じ全ての競技をできる環境作りが必要かと思います。

サッカーもクラブチームと小中学校のチームと分けないで全部クラブチームでできるようにしてもらいたいですね。

少子化でただでさえ人数が少ないから。

二代目

世の中二代目、三代目の社長や医者も多い。

親は会社を継いで欲しいと思っている人もいるようですが、子供は何も考えていない場合が多い。

15年前は患者さんも1日100人を超え、最新機器もバンバン購入し、従業員も10人、国内旅行や海外旅行も毎年行ける様な状態でした。

その時にこの歯科医院を3人の子供の内の誰かに継いでもらいたいなんてことは一回も思いませんでした。

理由はこういう治療は私しかできないので例え自分の子供でも不可能。

今ではあり得ない厳しい環境で診療してきたからです。

苦労しなければ二代目、三代目は上手くいきません。

歯医者では上手くいきせんが、全国の二代目には頑張って欲しいです。

お医者さんのお子さんの舌小帯

私のはとこは小児科の医師を神奈川県でやっていますが、舌小帯の切除の見学に来ないかと誘ったところ、小児科学会で舌小帯歯切る必要がないと私に連絡してきました。

ホントに可愛げがありません。

今回はお医者さんのお子さんの舌小帯の切除を依頼されました。

学会では切る必要が無いと言われていますが、構音障害では仕方ありません。

もっとスムーズに切れる日が来れるんでしょうか?

地震警報

地デジのためなのかもしれませんが、すでに揺れているのにテレビでは地震警報の音が鳴り始めました。

よく言われる1.96秒のずれですね。

デジタルからアナログに変換する過程でのずれです。

なんか地デジにする意味ってあったんでしょうか?

警報が鳴ってももう地震が始まっていたのでは意味がありません。

総務省考えてくれー。

誤嚥性肺炎防止

誤嚥性肺炎は先日亡くなった原田芳雄さんの病名です。

この原因はいろいろありますが、私は口蓋が口呼吸で深くなってしまったためのものと考えております。

こんにゃくゼリーもこれが原因で誤飲してしまったためと考えます。

舌小帯が短いために口蓋との間に隙間が生じて、そこから飲み込んでしまうわけです。

舌小帯も正常なら飲み込み時に舌がブロックします。

しかし隙間が空いていれば誤飲してしまいます。

それを改善するのに入れ歯のようなものもありますが、それでは無理です。

それ以外には口蓋を低くするしかありませんが反っている口蓋骨を下げる事はできません。

それで考え付いたのが圧迫骨折で使われるバルーン法です。

口蓋骨と粘膜の間にバルーンで膨らませて隙間を作り、その中にハイドロキシアパタイトを注入する方法。

これができれば誤嚥性肺炎もすくなくなると思います。

インプラント失敗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000502-san-soci

もう一昨年になるんですね。

こういう事件の予防策、ガイドラインなんてものはインプラント学会であったかどうかわかりませんが、大なり小なり事故はあったと思います。

それだけ危険な手術だと私は考えます。

そもそもインプラントが歯の代わりになるし、儲かるということで始まりました。

いくらチタンだからといっても異物なので免疫反応があります。

そろそろ禁止した方がいいのでは?

ろくに歯も削れない歯医者が増えているのにインプラントができるなんて信じられない。

自分は関係ないと思っている歯医者が多いです。

こういう事故の対処方法も知らない歯医者が多い事。

だって口腔外科は名ばかりで実際は歯も抜いた事が無い歯医者が多いから。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ