« 上唇小帯を切っただけで正中離開治る | トップページ | 近隣トラブル »

赤ちゃんの上唇小帯は切る必要ありません

一部の耳鼻咽喉科で舌小帯と一緒に上唇小帯までレーザーで切る手術をされていますが、レーザーでは傷口を広げてしまい、それこそ舌小帯癒着症にしてしまっています。

またその際に富士山の形に似た唇が上唇小帯があるために口呼吸の原因になるということで切除するようですが、理由になっていません。

赤ちゃんの場合は下顎が奥に入っているために上唇が尖がり、乳首を吸う為に唇を細くするのであって(ちょうどキスするのに唇を細くするのと一緒)富士山みたくするので口呼吸も何も関係ありません。

赤ちゃんは鼻呼吸と口呼吸の両方ができるのでおっぱいを飲みながら鼻呼吸できるんです。

だから赤ちゃんの時に上唇小帯は切ってしまうと乳首を吸うことができなくなります。

上唇小帯は幼児期に転んで切る事もあるし、永久歯の前歯の隙っ歯の原因になるので小学校1年生か2年生で切るほうがいいですね。

« 上唇小帯を切っただけで正中離開治る | トップページ | 近隣トラブル »

「歯科」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ