« Google検索「富士市 歯医者」で3週間1位でした | トップページ | 助産師からの耳鼻咽喉科への舌小帯切除の紹介止めてください! »

歯科のコンサルタント

こうすれば1千万円売り上げが上がるというコンサルタントが多い。

実際にできた歯医者がいればワーキングプアとは言われるはずがありません。

昨日のDMではリッツ・カールトンのような「えこひいき」で患者さんの流出を防ぐというコンサルタントのものもありました。

以前、歯科コンサルタントの経営塾で塾生のご夫婦がリッツ・カールトンに泊まったけれど何もサプライズは無かったと話しているのを思い出しました。

講師の歯医者の先生はリッツ・カールトンの支社長と仲がよかったから待遇が違ったんじゃあないかとそのご夫婦の奥さんが話されていました。

今になってそれが「えこひいき」ということが初めて分かった気がします。

コンサルタントの話に戻りますが、地下2階の歯医者が繁盛するわけはこの「えこひいき」によるものだそうです。

しかし、歯医者も開業形式も従業員も違います。

それを真似してできるものではありません。

よく患者さんを自分の家族のように思って治療すればいいというコンサルタントもいます。

でもこれも違います。

自費のいいものを勧めれば患者さんも分かってくれるという人もいます。

これは歯医者の都合です。

現役の先生もいますが、70代の歯医者を真似る事です。

ここに答えがあります。

昔は信頼関係があったから自費でも何でも歯医者の言う通り患者さんは払ってくれました。

携帯メール世代の歯医者にはできないことです。

ちなみに私は昨日の「第2東名ウォーキング」の話を写真をプリントアウトして、自宅の写っている方には差し上げました。

こんな歯医者です。

« Google検索「富士市 歯医者」で3週間1位でした | トップページ | 助産師からの耳鼻咽喉科への舌小帯切除の紹介止めてください! »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ