« 大連立止めた方がいい! | トップページ | 歯科レントゲンの被爆線量 »

浜岡原発の配管をした患者さんの話

ウチの患者さんで浜岡原発の配管をやられた方の話を診療中聞くことができました。

今回の事故では配管がみんな外れているので、溶接する部分を覆って格納容器と同じ高圧にして水があっても溶接できるものでするそうです。

こういう溶接技術のある人をたくさん集めて被爆線量を考慮して交代制でやらなければなりません。

ただ高濃度の放射線の水があるためそこまでいかないんだそうです。

復旧はいつになるのか分からないそうです。

« 大連立止めた方がいい! | トップページ | 歯科レントゲンの被爆線量 »

「ニュース」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ