« 恵方巻 | トップページ | 横浜の叔母逝く »

睡眠時無呼吸症の新しい治療

睡眠時無呼吸症の治療はCPAPか歯医者が作るスリープスプリントしかありませんでした。

私が4年前から行っている方法は、舌小帯を切除して舌先を上顎の前歯の裏側の歯肉に置く訓練装置とパタカラによる口呼吸治療でした。

今回はこれに人工口蓋を装着していびき治療に応用してみます。

口呼吸で口蓋が深くなっているためにいろんな症状が出ています。

残念ながら深くなった口蓋を浅くする手術はありません。

これができれば朗報ですね。

« 恵方巻 | トップページ | 横浜の叔母逝く »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ