« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

年中無休の歯医者

年中無休の歯医者は年末年始は休日加算をしてはいけません。

理由は保健所の診療日の登録をしているからです。

人件費がかなりかかるので不正請求の温床になります。

明日の初市を止めるスーパーがでているそうです。

理由は人件費の問題とそれ程売れないからです。

こういうところに罹らないように普段から予防をされた方がよろしいかと思います。

大掃除

毎年、診療が終わってから診療室と自宅の大掃除をしていますが、今年も計画がずれています。

29日で全部終わる予定が終わりませんでした。

坐骨神経痛と両手の腱鞘炎のためです。

それでもレセプトオンラインのための準備はできたから良しとします。

そのためのレセプトチェックは終わりました。

ゆっくり、ゆっくりやりましょう。

といっても後2日。

今年も終了しました

今日で今年の診療が終了しました。

舌小帯はまたメジャーにはなれませんでしたが、今年は県外からの患者さんが多かったです。

来年はもっと舌小帯をポピュラーなものにするように努力していきます。

ありがとうございました。

明日はラスト

明日で今年の診療は終わります。

今年はスタッフに恵まれてとってもいい一年でした。

偶然採用した受付が新しい歯科衛生士と中学のバレーボール部の先輩後輩だった事。

パタカラのパンフレットを2人で一生懸命に作ってくれた事がとてもよかった。

それに先輩スタッフがいなかったことで自分たちでやらなければならないという自覚がうまれたことがよかったです。

だから別にコーチングの必要も無くとても快適に診療できた1年でした。

コンサルタントがスタッフ教育や治療内容を説明するトリートメントコーディネーターなんていうのも必要ありませんでした。

今朝は受付が患者さんと正月休みの話で盛り上がっているのを聞くとこのスタッフを選んでよかったとつくづく思います。

今年の門松

Dsc00351aクリスマスが終わり、今年も門松を早々に組み立てました。

先週、竹は切り出して電動ノコギリで斜めにカットもしていただいたので、縄の飾り付けもやっていただき、組み立て開始。

ペール缶に入れる砂、松、梅、千両をジャンボエンチョーで購入してきました。

熊笹はいつものように朝霧高原まで行って採ってきました。

そのため組みたては夕方になりました。

今年の竹は結構太かったけど立派な門松になりました。

毎年思うんですが、 あっという間に門松を作る時期になります。

急患の電話

今日は朝から急患の方からの電話が引っ切り無しです。

みなさんもっと早く来ていただければ問題なかったのに。

仕事が忙しいからでしょうかね。

ただ後3日しか診療していませんから、応急処置しかできません。

型を取っても技工物は年明けになりますから新たに型は取りません。

今日も忙しいかな?

宝くじ

今朝は用事で東京に出ましたので帰りに銀座のチャンスセンターで宝くじを購入してきました。

1番売り場といっても2つあるんですが、1時間待ちでした。

もっと早く何故買えないのか分かりました。

みんな番号指定をしているためです。

私のように売り場のお姉さんに“バラ”か“連番”を告げて上から取って渡してくれれば早いのですが、みなさん希望の番号があるようです。

そんなことをしても変わらない様に思うのは私だけかな?

そう思いながら1番売り場に拘る私です。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

遅らばせながら、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 」を読みました。

最初は本の表紙の女子高生のイラストで手に取りませんでしたが、ベストセラーと聞き、本屋で購入してきました。

今年の始めにこの本を読んでいたら、自分の歯科医院もマネジメントできたかもしれませんが、今の路線で行く事を決めた後だったので残念。

でもこういうマネジメントを取り入れて活用していきたいですね。

最後は涙が出てきました。

もうちょっと

舌小帯の論文を清書しています。

水谷先生にアドバイスいただき、書き直しています。

また新たな舌小帯の弊害を発見しましたので付け加えています。

今年も後残り少ないですが、これだけは完成したいです。

門松

今年も門松の竹の切り出しの時期になりました。

今朝、富士宮市の青木の知り合いのお宅の竹を切らしてもらいに行って来ました。

1年ぶりに竹林に入るとどれも同じ太さに見えてしまいます。

まっすぐ伸びていて、節が均等なのを選んだところかなり太い竹をチョイスしていました。

いつもは竹林のすぐ外で竹を3つに切り分けて下のお宅に運ぶんですが、今回は切らないで持っていったため重たいのなんのって。

4本下ろしてもうヘロヘロ。

後は電動のこぎりで切断して、竹の先を斜めにカットしてもらいました。

続きはクリスマスが終わってからになります。

おかげで筋肉痛です。

舌の圧痕

9月から診えられている方で、舌に歯の圧痕がついていた方でしたが、舌小帯切除とタングスプリントとパタカラで大分薄くなりました。

元々、下の前歯全体が前に出てきたのが主訴でしたのでよかったです。

最初は滑舌もよくなかったんですが、大分良好です。

問題は装置を装着していない時に舌で前歯をまだ押しているために歯石が歯と歯の間に沈着していますのでこれが付かなくなったら終了です。

来月が楽しみです。

子供の面談

高校受験の三男の三者面談があり、妻が行って来ました。

学年主任の先生からはダメだしばかり。

褒められたことがなかったようです。

中学ではクラス順位がついていないのだから評価が難しいと思うんですが、どうなのかな?

長男や次男の時より3年やそこらで学校の相対的にレベルが上がっていると思えない。

そんなにすごい学校だっけ?

インフルエンザ・ノロウィルス・マイコプラズマ予防

インフルエンザとノロウィルスとマイコプラズマ(細菌)の予防に手洗いをまだ紹介しているテレビ局がいますが、いい加減にして欲しい。

こういうウィルスと細菌は飛沫感染で咳をした人が唾液を飛ばして、その中に入っているウィルスと細菌が他の人の口に入り、扁桃腺について感染します。

手に付いたウィルスや細菌を口に持っていって舐める人はいません。

ちょっと考えれば分かりそうなもんです。

こういうウィルスや細菌は飛沫感染なので口呼吸をしていれば一発でうつります。

「あおっぱな」は鼻呼吸のウィルス、細菌感染防止だったんです。

鼻呼吸になれば感染しません。

年金

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101214-00001259-yom-soci

厚生年金でもこんな事が起きています。

日本の年金、保険制度、介護保険は皆最初掛け金をかけていない人が貰っていることに問題があります。

現在年金を貰っている人の分を我々支払っている事が間違いの元。

こんな仕組みを作った厚生労働省の責任です。

年金は年金手帳はありますが、銀行の通帳のように毎月掛け金の記帳がないからこんなことになったんです。

そろそろ気づいて欲しい。

保険もかかった金額を患者さんが窓口で払い、それを厚生労働省に通知して7割を返せば問題ありません。

年金も誰のかけたお金か分からないし、何年分払うのか分からないのに生きている限り払うのでは無理な話。

年金や保険料で株や国債を購入するなんて無茶な話。

もう一度システムを再構築することが急務かな。

上唇小帯(じょうしんしょうたい)

舌小帯は舌の裏側のスジなら、上唇小帯は上唇と前歯の間に伸びているスジです。

上唇小帯は乳歯から永久歯に生え変わった時に前歯の間に太い上唇小帯があるときに切除すればいいです。

大体7歳ぐらいが適用年齢です。

赤ちゃんでは切る必要がありません。

この時に前歯の裏側まで伸びている上唇小帯はメスで四角く切り取って摘出しなければなりません。

その後止血を確認しなければなりません。

これは耳鼻咽喉科ではできない手術です。

摘出しなければ前歯の正中離開(すきっ歯)になってしまうからです。

クーポンの怖さ

フジテレビの日曜日の夜、Mr.サンデーでクーポンを特集していました。

確かにお店にお客が来ないより、50%オフでお客が来た方がいいと考えているお店が多いという事です。

果たしてそうでしょうか?

次に行く時は正規の値段ではどうでしょうか?

答えは行きません。

リピーターができません。

こういう安易なものは手を出さない方がいいかな。

歯医者でもホワイトニングやブラッシングやインプラントのクーポンが出ているかも。

ガイアの夜明け

ガイアの夜明けの再放送がありました。

私が見た内容はJALの松本空港の撤退とフジドリームエアラインの就航でした。

フジドリームエアラインは昨年富士山静岡空港開港時に小松と熊本と鹿児島を就航していました。

しかし、松本空港に日航に代わって就航するために小松空港行きはなくなりました。

元々、小松空港の乗客は少なかったみたいです。

ガイアの夜明けで紹介する内容は殆ど成功しません。

現に富士宮市にオープンしたイタリアンレストランは半年で潰れました。

ミスターYENがプロデュースしたのにです。

なるべくアフターフォローして欲しいですね。

GCに相談

歯科のメーカーのGCにタングスプリントの改良をお願いしようと思っています。

発音訓練と人工口蓋ができればいいと思っています。

これがうまくいけばいいかな。

そり舌音

「そりじたおん」という言葉を初めて知りました。

岐阜県から来られた舌小帯切除された方に、私が舌先を上顎につけて前に動かすと簡単に音が出るんですが、この方はできませんでした。

これって何て言ったっけ?

分からなくなったのでググルとまず「舌づつみをうつ」を思い出したので検索すると、美味しいものを食べた時に使う言葉で本当は「舌つづみをうつ」なんだそうです。

勉強になりました。

それで次に「舌 音」で調べたら「そり舌音」というのが出てきてこれだと思いました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9D%E3%82%8A%E8%88%8C%E9%9F%B3

睡眠時無呼吸症とアルコール

睡眠時無呼吸症の方の治療を行っているんですが、アルコールを飲まれるとやはり舌が沈下して気道を塞いでしまうようです。

治療中はアルコールを控えめにしないとマズイかもしれません。

それかアルコールにも大丈夫なように治療法の変更も考えて見ます。

タングスプリントの改良など。

富士山

Dsc00339c_2   土曜日の午後、天気がよく雲ひとつなかったので高原山に上って富士山を撮影してきました。

左には潤井川が流れていて、右真ん中に第2東名高速道路が途中から右にカーブしていくのが分かります。

後1年ぐらいで第2東名高速道路も開通予定です。

このすぐ下が高原トンネルなのでトンネルを出てきた上り車線の車は富士山が見えるとブレーキを踏んでしまい、渋滞の原因や追突事故にならなければいいのですが。

富士山の右の山は愛鷹山です。

三歳児検診

今日も午後は三歳児検診に行ってきました。

相変わらず舌小帯が短い子供さんが多かったですが、ウチで舌小帯切除をやっていますから来なさいとは言えないので、「口腔外科かインターネットで調べてください。」とお母さん方には言っておきました。

明らかに舌小帯が短くて発音がラ行が言えないのにいつも一緒にいるので分からない場合があります。

「ありがとうございました。」とせっかく言ってくれても「り」がうまく言えていませんでした。

もっと舌小帯の事を知らせてあげたいですね。

無理ですね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101203-00000000-maip-spo

ワールドカップが日本に来る可能性はゼロです。

政府が後押しするわけでもないし、2002年に韓国と共同開催したばかりです。

誰が考えても無理な話。

次は中国かタイかインドでしょう。

そのくらい分かりそうなもんでしょう。

舌小帯の分類

舌小帯の分類を独自でしてみました。

これを論文にして提出してみます。

今まで簡単なものはあったようですが、私の分類はちょっと違います。

詳しくは来年になると思います。

楽しみですね。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ