« 就学前児童の歯科検診 | トップページ | 揉み返し »

以前お会いした時に「娘さんもお母さんも舌小帯が短いので切られた方がいいですよ。」とアドバイスさせていただいた関西方面の親子さんが今日ウチに来られました。

娘さんの顎関節症はまだ左が悪いということでアレルギーもあるのでタングスプリントを技工士に頼んですぐ作製。

お母さんの方は私が「いつも舌で前歯を押している。」という言葉が引っかかったのか下の前歯が出てきている感じがするそうです。

早速拝見するとかなり舌で押されて本当に下顎前歯が出ていました。

そして舌には圧痕がついていました。

間違いなく下顎の前歯は舌で押され、唇で元に戻されていません。

同じくタングスプリントとパタカラでこの1週間トレーニングしていただき、来週舌小帯切除の予約を入れていただきました。

ちょっとした縁の方でした。

« 就学前児童の歯科検診 | トップページ | 揉み返し »

「歯科」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ