« 舌小帯切除手術無事終了 | トップページ | 保険審査員からの電話 »

冷静に

先週のフライデーに1919年に尖閣諸島で遭難した中国漁民31人が石垣島島民に救助されて当時の中国領事から感謝状をいただいたそうです。

「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と記載されている。

同じ事故でも、明治時代に和歌山県沖でトルコ船「エルトールル号」難破事件があった際に多くの人々が精一杯の人命救助をしたこと。

それでイラク・イラン戦争勃発に際し、イランからの脱出にあたり日本政府がモタモタしたために、テヘラン上空に来た飛行機はミサイルで落とすと言われ、危険を覚悟で、トルコが日本人救援機を飛ばしてテヘラン空港に待機していた。

“恩”ということばがいかに大切なことか。

8月には日本政府はチベット災害に1億円の資金協力もしている。

毒入り餃子も犯人をでっち上げて有耶無耶。

円借款も中国国民には知らせていない。

そしてそもそも尖閣諸島の所有者は埼玉県大宮の栗原さんと財務省に記載されているそうです。

« 舌小帯切除手術無事終了 | トップページ | 保険審査員からの電話 »

「ニュース」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ