« 滑舌棒(かつぜつぼう) | トップページ | 子供の歯ぎしり »

楔状欠損と知覚過敏

楔状欠損は歯磨き粉をたくさんつけて歯ブラシを横磨きするとでき、知覚過敏になると大学時代教えられましたが、どうも咬合性外傷みたいです。

パタカラの秋広先生のセミナーで初めて聞き、今日来た患者さんの上顎第一大臼歯の口蓋側に楔状欠損を発見しました。

確かに歯ブラシではあの鋭利な欠損はできません。

人間は頬筋が強く、口輪筋が口呼吸で口を開けていると弱くなり、上顎側切歯から大臼歯にかけて内側に歯が入ってしまい、歯列がU字形からV字形になってしまうそうです。

そうすると咬合が高くなり、歯軋りが起こり始めて歯頚部が側方運動破壊されるようです。

シュミテクトだけではどうもダメなようです。

原因の口輪筋をパタカラで鍛えないと。

« 滑舌棒(かつぜつぼう) | トップページ | 子供の歯ぎしり »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ