« 人見知り芸人 | トップページ | 福井県から舌小帯相談 »

明細書

4月1日から領収書と明細書を患者さんに渡さなければならなくなりました。

これには例外がありまして、レセプトオンラインといって今まで各医療機関で印刷して社会保険なら支払基金、国民健康保険なら国民保険連合会に送っていた明細書を今度は厚生労働省とパソコンでデータを送り、ペーパーレスにした医療機関のみ発行します。

オンライン請求の申請をこれから出すウチは6月を目途に頑張ります。

でもこれだけ患者さんに診療内容を説明しているので、今度は厚生労働省の番ですよね。

窓口会計の残りは本来は保険料を払っている保険組合が全部払っているはずですから国が税金で払っていませんよね。

医療費が37兆円も国が払っていることがおかしいですよね。

ここをガラス張りににしてもらわないと不公平です。

今度は国の番で、37兆円の明細書を発行して欲しいですね。

« 人見知り芸人 | トップページ | 福井県から舌小帯相談 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ