« カシオペア | トップページ | 4月の診療報酬改正 »

流れ

以前罹っていた内科はいつも流れがとてもいい。

そんなに流行っていないけれど、受付は先生の奥さんと若い女の子。

診察券と保険証を出すと前に患者さんがいないとすぐ診察室に呼ばれる。

そこで先月の血液検査の結果を知らされ、手帳に結果を書き、血液採取に奥の部屋に行く。

いつもの看護師が「歯医者の方は忙しい?」と結構馴れ馴れしく聞いてきます。

私が「ぼちぼちでんなあ。」と言うとお互い笑います。

もうそれまでにパソコンにインプットされてすぐにお会計になり、処方箋と領収書をもらえるので、すぐに帰れます。

その内科は木曜日12時半で診療が終わるので、いつもは12時15分ぐらいに病院に入り、家に帰るのが12時50分ぐらいです。

とても流れがいいです。

病院に行っても私のことを知らない人はいません。

受付の奥さん、受付の女の子、看護師もみんな知っています。

じゃあ何故そんないい病院をやめたかといいますと、糖尿病の専門医でなかったのでインスリンを打つのに富士中央病院に紹介されたからです。

患者さんの顔と名前が一致しないと医療機関はマズイです。

ウチでは朝、今日の患者さんの治療内容をスタッフに全て告げます。

70人ぐらいのカルテを一切見ないでです。

本当はそのことがどんなにスゴイことかみんな分かっていません。

でもそのくらい歯医者としては当たり前です。

以前治療内容を言った言わなかったという患者さんのお母さんが、「先生は患者さんがたくさん来るから忘れていると思いますが・・・」と言われましたが、全て覚えていますよ。

代診の先生も入れて、たくさんスタッフのいる歯医者では全ての患者さんを院長が覚えていることは不可能です。

同姓同名がいたら事故が起きますよ。

だから1度は患者さんの口を院長が診なくちゃマズイです。

その院長先生を信頼して来ているから。

だから病院全体でどうしたら患者さんの顔を覚えて待たせないで早くできるのか話し合いを良くした方がいいかな?

« カシオペア | トップページ | 4月の診療報酬改正 »

「歯科」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ